スタッドレスタイヤ性能比較 注目の製品展開!

スタッドレスタイヤ性能比較

 2020-2021年シーズンのスタッドレスタイヤ製品動向はどうよ? ここ数年は世代進化が各メーカーで加速しラインアップは常に最新化。この流れを維持し同様の盛り上がりを期待させる展開になるかと。いやそれ以上かな! SUV/4×4専用スタッドレスタイヤも乗用車並みに高性能を実現しています。など考慮すると活性化に対する期待が最大になるのは間違いないでしょう。

 過去2017-2018年シーズンはスタッドレスタイヤ新製品が過去最大級の投入になりました。5製品にプラスして乗用車用にSUV向けサイズを追加するなど、実質6つの新製品が投入されるという前例の無い凄さ。これほど多くの新製品が一挙に発売されたのは記憶にありません。従ってスタッドレスタイヤ市場の賑わい相当なものであったかな。

 これを受け 新製品 vs.従来品 の構図がキッチリ区分けされるようになりました。新製品は最新技術のアドバンテージを、一方従来品は熟成から得た信頼性、更にサイズ展開の豊富さに有利さを得ています。ここが焦点。ただブリヂストンやヨコハマは投入初年度で100サイズも展開、これは別格。というようにメーカーや製品でも特性は様々です。

 そして最新2020-2021年は3メーカーから4製品が投入されました。想定外の積極性にやや戸惑いも。しかしながらその分スタッドレスタイヤの盛り上がり大いに期待させるものです。

2020-2021年のスタッドレスタイヤ市場特性

新製品はこう!

 2020-2021年冬シーズンへ向けたスタッドレスタイヤの新製品、3メーカーから4製品が発売されました。想定外の積極性にやや戸惑いも。しかしながらその分盛り上がり大いに期待させるものです。概要としてザックリ触れ、詳細は以下の各メーカー別スタッドレスタイヤ性能比較で確認して欲しい。

 ということでまずダンロップは「WINTER MAXX 03」を投入。アイス性能の更なる向上を強調した氷上性能特化型プレミアム製品です。「WINTER MAXX 02」同様にSUVサイズもフォロー、初期サイズからシッカリ設定されています。

 トーヨーは「OBSERVE GIZ2」として乗用車用「OBSERVE GARIT GIZ」の後継を発売。NEWスタッドレスを謳い、コンパウンド、パターンも最新化し新たな次元で開発された製品です。

 ミシュランは「X-ICE SNOW」シリーズ。シリーズとしたのは乗用車用「X-ICE SNOW」とSUV用「X-ICE SNOW SUV」を同時展開する為です。SUV専用の従来品「LATITUDE X-ICE XI2」は10シーズンを超え、ようやく進化が実現しました。

 実はタイヤのモデルチェンジは4年前後が既定。その点から捉えると2020-2021年に向けては、2017年発売製品が4シーズン目になる。決して素早い対応という訳じゃないんです。

 また近年はプラス進化、そうパターンはそのままにコンパウンド系の変更を実施する施策が一般化。しかも2年進化もあるほど。当初はマイナーチェンジの延命措置にも思えたけれど、いまやパターンを超える効きの重要技術として定着しているほどですので、フルチェンジとする意向も十分理解できます。

 例えばヨコハマは以下のような進化を実現しています。

2017年「iceGUARD 6」
2015年「iceGUARD 5 PLUS」
2012年「iceGUARD 5」
2010年「iceGUARDトリプル プラス」
2008年「iceGUARDトリプル」

 近年のスタッドレスタイヤにおける最新化、それによる技術進化は相当なレベルに到達しています。それでも登場する毎にこれまでの最高技術を謳い続け、1世代の違いで向上効果は大きい。

 また10月発売が多数であったものから8月へ早期化。これによりメインシーズン前に構築サイズの完全露出が概ね実現します。このあり方も製品評価に影響しつつあります。

メーカーの概要

 スタッドレスタイヤは1991年3月にスパイクが販売中止になってからが本格化。ただ既に1980年代には国内市場に登場、メーカーによるけれど35~36年以上の歴史を誇ります。そこから世代は進み、最新は第6世代に集約されます。

 スタッドレスタイヤの世代進化によって性能追求、主張点は微妙に変化して来ました。理由は強化技術のアピールがその世代によって異なるから。ただ最新は搭載する9つの性能完全化により集大成を謳います。しかしながら、その後も更なる進化を遂げればまた集大成を繰り返すことに‥ このあたりは施策だしショウガナイ?

 スタッドレスタイヤ最新第6世代は2017年前後から最新まで。メジャーにおける全メーカーで到達しています。コンパウンドの進化はアイス性能へ最も効果を発揮するレベルへ。ナノレベルによる研究開発の結果です。それはアイス性能ばかりではなく全てにおいて貢献度合いを高めます。ただ製品による性能差が大きいのも事実かな。

 2020-2021年シーズンは新製品にプラスして、ブリヂストン「BLIZZAK VRX2」とヨコハマ「iceGUARD 6」に注目。ブランド認知は別格、特に人生の先輩方程拘りは大きい。絶対的な国内メーカーへの信頼性かと。スタッドレスタイヤはブリヂストンかヨコハマを履いておけば間違いないよ! というものです。

 それを受けても実は当サイトの動きはピレリへの注目が上回ります。APAC(アジアパシフィック)向けを強調する「ICE ASIMMETRICO」とその進化系「ICE ASIMMETRICO PLUS」は他と異なる視点で強化を果たします。その結果、想像以上の人気を獲得。所以はズバリコストパフォーマンスの良さかと。

 もうひとつ地味(失礼)ながら安定的な興味を獲得するのがグッドイヤーです。最新は「ICE NAVI 7」ながら従来品「ICE NAVI 6」の全て(コストパフォーマンス含む)におけるバランスの良さがユーザー評価に繋がっているかと。正直意外と言ってもいい。

 というようなスタッドレスタイヤの展開が繰り広げられるかと。新製品vs.従来品の様相はあるけれど、それぞれに特性を持つことで選択は非常に悩ましい。従って更なる詳細を示した以下のメーカー別性能比較で真髄を掴んで欲しい。

スタッドレスタイヤメーカー別性能比較

ブリヂストン(BLIZZAK の熟成)

 ブリヂストンは既に4シーズン目(2017年投入)になる「BLIZZAK VRX2」が中心の展開です。プラスして2013年投入の「BLIZZAK VRX」が従来品として「VRX2」を支える役割を担います。今シーズンもこの体制に変化はありません。

 「VRX2」は4シーズン目で熟成され最強スタッドレスタイヤの本領発揮へ向かいます。「BLIZZAK」シリーズの認知によって主張は勢いが感じられます。一方「VRX」はサイズ整理が進み役割の軽減が顕著かと。ただ完全移行にはならないけれど、双方で役割の強弱には変化を感じるものありますね。

 SUV/4×4専用スタッドレスタイヤは市場で過去最大に盛り上がるはず。世界的車種人気の影響は一向に収まらず、というか国内では更なる盛り上がりが感じられるほど。そこに投入される「DM-V2」は専用への拘りが強化されています。CUV対応が謳われる中でも一貫した初期コンセプトを踏襲、乗用車用「VRX」の技術流用で大きな性能進化を実現します。

 そして「VRX2」の新技術を搭載した「DM-V3」が新たに投入され2シーズン目。こっちがメインになります。アクティブ発泡ゴム2 を搭載したことでアイス性能に更なる信頼性が増したのは間違いないでしょう。‥ 更なる詳細は以下のリンクから確認を!

ブリヂストンスタッドレスタイヤ性能比較
 ブリヂストンのスタッドレスタイヤは2017年に投入した「BLIZZAK VRX2」が中心になる展開です。これに加え「BLIZ…

ヨコハマ(iceGUARD は第6世代)

  ヨコハマの「iceGUARD(アイスガード)」シリーズは基本コンセプトを踏襲。乗用車用スタッドレスタイヤのメインは4シーズン目になる「iceGUARD 6」です。継承するコンセプトにウェット性能(ウェットに効く)を新たに追加。氷上性能は従来品「iceGUARD 5 PLUS」よりも15%の向上、進化レベルを飛躍的に上げました。

 これにより「iceGUARD 5 PLUS」は従来品へ移行。サイズ設定は整理が進むも相応の展開は維持します。しかしながら評価著しい製品でしたので、フォローに後退するも軽/コンパクトカー、セダン、ミニバン、プレミアムカーまでその範囲は維持します。

 SUV/4×4専用スタッドレスタイヤは、2016年に投入された「iceGUARD SUV G075」が上位へ。2009年発売の「GEOLANDAR I/T-S」は勢い新たにその一角を担います。大口径サイズを強化、特に20 ~ 19インチの充実は「iceGUARD SUV G075」をフォローする位置付けに‥

 ところが今シーズンは「iceGUARD SUV G075」に更なるサイズ追加を実行、特に22 ~ 19インチの大口径の充実が進みます。双方でフォローの確立が果たされるのでは。但し、正直性能差は大きいと思います。‥ 更なる詳細は以下のリンクから確認を!

ヨコハマスタッドレスタイヤ性能比較
 ヨコハマのスタッドレスタイヤブランドは「iceGUARD(アイスガード)」。基本コンセプトの 氷に効く、永く効く、燃費に効く…

ダンロップ(WINTER MAXX03 投入)

 ダンロップは「WINTER MAXX」シリーズの完全認知を狙う重要なシーズンです。当初の「WINTER MAXX 01」をシリーズ化、進化系「WINTER MAXX 02」(WM02)を投入し同社史上最高傑作だというハイスペックモデルに位置付けました。これにより従来品「01」はベーシックモデルの役割に徹します。

 そして2020-2021年シーズン、「WINTER MAXX」シリーズ最新作として「03」が投入されました。ダンロップ史上最高の氷上性能を更に強調。そう氷上性能特化型プレミアムスタッドレスタイヤを謳います。

 「02」はプレミアムを「03」へ譲るも元来から評価を得ていた、冬路面に対するオールラウンド対応の高さを強調。バランス型の特性を新たな主張点に据えています。なお「02」と「03」ともにSUVサイズもフォロー。従って軽カーからミニバン、プレミアム、そしてSUVまで幅広い展開を実現します。

 元来SUV/4×4専用スタッドレスタイヤを謳って来た「WINTER MAXX SJ8」は取り合えず現状維持とし‥「02」と「03」との協調になるかと。‥ 更なる詳細は以下のリンクから確認を!

ダンロップスタッドレスタイヤ性能比較
「WINTER MAXX」シリーズの最新作として「03」が投入。氷に超速で効くダンロップ史上最高の氷上性能 というのが主張点。そう…

トーヨー(OBSERVE GIZ2 へ注目)

 トーヨーは「Winter TRANPATH TX」をまずメインに据えましょう。「Winter TRANPATH MK4α」の実質後継ながらミニバン専用とは謳わず、SUVやミニバンなどのハイト系を強調します。

 そこに2020-2021年シーズンは乗用車用「OBSERVE GARIT GIZ」の後継となる「OBSERVE GIZ2」を投入。進化を遂げたNEWスタッドレスタイヤを謳い新たな次元で開発された製品をアピールします。

 乗用車用、ミニバン(SUVやミニバンなどのハイト系)用、SUV/4×4用のスタッドレスタイヤ3カテゴリーを展開するのはトーヨーが唯一。細分化による専用タイプによって持つアドバンテージを強固に主張します。

 それまでミニバン専用を謳った「Winter TRANPATH」シリーズがSUV用も兼ね「Winter TRANPATH TX」として筆頭の位置をキープ。続くのが乗用車用「OBSERVE GIZ2」となる変則を採用。これ昨今の車種事情には的確なスタッドレスタイヤ施策になるのでは。展開としては面白い。‥ 更なる詳細は以下のリンクから確認を!

トーヨースタッドレスタイヤ性能比較
トーヨーのラインアップ、「Winter TRANPATH TX」がまずは話題の中心ながら、乗用車用「OBSERVE GARIT G…

ファルケン(ESPIA の強化)

 ファルケンは「ESPIA EPZ」からコンパウンドの変更(Fコンパウンド)により「ESPIA EPZ F」へ進化したのが2015年、そこから3シーズン目で新たな製品「ESPIA W-ACE」へフルチェンジに。触れるべきはスピードレンジかな。設定サイズ全て「S」「H」を採用します‥ 更なる詳細は以下のリンクから確認を!

ファルケンスタッドレスタイヤ性能比較
 ファルケンのスタッドレスタイヤ国内展開唯一が「ESPIA EPZ」でした。卵から誕生した新素材 マイクロエッグシェル を配合…

グッドイヤー(ICE NAVI で独自進化)

 日本市場に導入された「ICE NAVI」シリーズから20年となる節目、そして新生「ICE NAVIシリーズ」の完成を訴え投入されたのが「ICE NAVI 7」です。これによるスタッドレスタイヤ完全フォローを目指したい。ただそこは一角を担う「ICE NAVI 6」にも従来品としての役割を委ねます。

 SUV/4×4専用スタッドレスタイヤは「ICE NAVI SUV」が控えます。カテゴリーの注目が上昇中のなか、新たなCUVに対する動きについていけるのか、ここが興味。7シーズン目だし真価が問われる年になるでしょう。

 グッドイヤーは近年はオールシーズンタイヤの露出強化に積極的です。それでも異なる製品カテゴリーとしてスタッドレスタイヤの強化は別物。当サイトにおいてはこれに反応、グッドイヤーへの興味は非常に高い傾向にあります。‥ 更なる詳細は以下のリンクから確認を!

グッドイヤースタッドレスタイヤ性能比較
 2013年乗用車用スタッドレスタイヤ「ICE NAVI 6」、2014年SUV/4×4専用スタッドレスタイヤ「ICE NAV…

ミシュラン(X-ICE SNOW に注力)

 ミシュランは2017年「X-ICE3+」を投入。そして2020-2021年シーズン、実質3シーズンでメインを「X-ICE SNOW」に譲ります。コンパウンドとパターンを一新、「X-ICE3+」から更にアイスブレーキ性能を9%、雪路ブレーキ性能を4%それぞれ向上した自信作。近年飛躍的に向上したアイス性能の強調姿勢を示します。

 ラインアップは一気に拡大、「X-ICE SNOW」をフラッグシップに「X-ICE3+」、そして「X-ICE XI3」もフォローアップに貢献します

 SUV/4×4専用スタッドレスタイヤは「LATITUDE X-ICE XI2」が10シーズンを超え、ようやく新たな「X-ICE SNOW SUV」へ移行になりました。

 今回、同時投入の乗用車用「X-ICE SNOW」とSUV用「X-ICE SNOW SUV」、トレッドパターンは共通でそれぞれに性能の違いはない。いずれも北海道 士別にある開発センターで開発が進められ、日本の冬に対応出来るスタッドレスタイヤであることを強調。‥ 更なる詳細は以下のリンクから確認を!

ミシュランスタッドレスタイヤ性能比較
2020-2021年シーズン最大注目は最新「X-ICE SNOW」シリーズへ。コンパウンドとパターンを一新、ベース自体が高剛性化、…

ピレリ(日本専用からAPAC向けへ)

 ピレリへは何といってもAPAC(アジアパシフィック)向けを強調する製品展開に興味が最大化しています。2014年発売の「ICE ASIMMETRICO」を進化させた「ICE ASIMMETRICO PLUS」を投入し3シーズン目。PLUS 進化はコンパウンドとサイプ等繊細部分に及びます。コンセプトは踏襲され日本、中国などAPAC向けを強調、その意味はコストパフォーマンスの良さです。

 しかしながら従来品「ICE ASIMMETRICO」も一向に衰えず。2013-2014年シーズンに日本のスタッドレスタイヤ市場で205/55R16をテスト販売しいい感触を得た。これを受け翌シーズン正式発売、そこからずっと人気が継続しています‥ 更なる詳細は以下のリンクから確認を!

ピレリスタッドレスタイヤ性能比較
 APAC(アジアパシフィック)向け製品を強調するピレリ、スタッドレスタイヤも2014年発売の「ICE ASIMMETRICO…

コンチネンタル(世代進化が勢い進む)

 ドイツのタイヤメーカーであるコンチネンタル、グローバルでのラインアップは充実が際立っています。そして国内市場でも2018年「VikingContact 7」が投入。従来拘ったコンセプトの柱となるESC対応を一新、名称も夏タイヤの最新同様 Conti が省かれ世代進化をアピールします。

 更に翌2019年「NorthContact NC6」を発売、2年続けて新製品投入です。ニュースタンダードを謳いアイス路面でも搭載するパフォーマンスを最大限に発揮するのが主張点です。

 差別化は、プレミアムが「VikingContact 7」に委ねトータルパフォーマンスに拘ります。対して「NorthContact NC6」はスタンダードとして日本専用、ではないだろうけれど日本のドライバーニーズにあわせた新たなスタッドレスタイヤの選択肢を提供する、というのがコンセプト。

 国内市場へ攻める姿勢を示したコンチネンタル、但し近年のSUV人気に対する対応性は乏しい。現状2014年発売の「ContiVikingContact6 SUV」が僅かにフォロー体制をつくるのみ。他に比較するとこの点に課題を感じます。‥ 更なる詳細は以下のリンクから確認を!

コンチネンタルスタッドレスタイヤ性能比較
 ドイツのタイヤメーカーであるコンチネンタル、2014年8月コンチネンタルタイヤ・ジャパン設立により独自展開が開始されました。…
運営者

タイヤに特化した専門サイト! 単身オリジナル情報の発信に励む、2006年開設です。

タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました