既存詳細ページ更新一応完了。新製品の構築開始!

スタンダードタイヤ性能比較

 スタンダードは基本性能をバランスよく搭載する標準モデルです。サイズバリエーションも豊富、軽カーからコンパクトカー、ミドルセダンやミニバンまでターゲット層は拡大しています。コストパフォーマンスにも優れ、購入しやすいカテゴリーとして評価されています。

 ただ飽くまでも基本性能が主張点であり、際立った方向性の高さを求めることは難しい、と考えます。タイヤが持つ発進・停止・曲がる、にプラスして快適性の基本性能を標準レベルで発揮する、と理解したい。

 起点としての役割が特徴とも言い換えられるかと。従って製品自体の差が少ない、要はメーカー間による性能差が拮抗していまう。それでもメーカー主張は独自性に拘り、様々なアピール展開が見られます。

 標準性能重視ながらも運動性能の高さを主張する、また快適性の良さを最大アピールにしている製品も見られます。共通するのは低燃費、普及の性能要件となりこれだけは外せない。

 車種フォローの大きさを謳うからこそ基本性能は大変重要です。この実現でタイヤとクルマのバランス均衡が取れ快適な走行が可能になります。

スタンダードへのメーカー施策

 スタンダードの対象は上述の通りながら、ミニバンやそれを超える車種も対象にする、と謳われるケースが見られます。よりフォロー範囲の広さを訴え製品特徴に繋げるのが狙いでしょう。

 しかしながら、特性から得られる満足は軽カーやコンパクトカー、ミドルセダンあたりまでかな。これを超える装着はタイヤ個々の性能に対して満足が上がらないケースが多いと感じます。

 スタンダードは、ラベリング制度のグレーディング追求でコンフォートには及ばず、そこそこに抑えられているのが現状。基本性能の訴えに終始、その分サイズ設定の豊富さを誇ることで選びやすさをアピールします。またコスト的に安価なのが実は最大の特徴にもなるかと。

 これによりボリューム展開が可能となり、ホイールとのセット販売など訴求品として露出が高まります。

 ラインアップは比較的充実している、と言えるのでは。ただ従来のスタンダード専用ブランドから、コンフォートに沿うケースが主となる新たな展開を感じています。

 ブリヂストンは専用ブランド「NEXTRY」がメインです。しかし、ヨコハマは「BluEarth」、ダンロップは「エナセーブ」、トーヨーは「NANOENERGY」など、カテゴリーを越えた低燃費タイヤブランドの認知に組み込む施策が目立ちます。

消極的な海外メーカー

 国内メーカーと海外メーカーでは捉え方に違いが生じています。グッドイヤーこそ「E-Grip」シリーズが投入されるも、ミシュラン、ピレリ、そしてコンチネンタルはこのカテゴリーへの意欲が低迷しているのは何とも寂しい。

 結果として国内メーカーの圧倒的優位性が目立つばかりです。海外メーカーの積極性を大いに望んでいます。軽/コンパクトカーへの装着は相当格好いい、と思うのですが。

2020年のラインアップはどうよ?

 新製品はグッドイヤーが地味に投入しましたね。「EfficientGrip ECO EG01」が「EG02」へ進化。2015年の投入から6年目でフルチェンジです。まぁ既定通りと言っていいかと。

 それ以外は2019年シーズンを踏襲します。一応確認を。まずはダンロップ「エナセーブ EC204」は3シーズン目になります。従来品「エナセーブ EC203」から従来の長持ちを更に強調、トータルライフを謳います。

 トーヨー「SD-7」も3シーズン目。低燃費性能と耐摩耗性能を高次元で両立した新スタンダードを謳います。これには軽/コンパクトカー専用「SD-k7」も同時展開されています。また2016年登場の「NANOENERGY 3 PLUS」はサイズに20インチを設定し全体数も70近い数を実現。初期の2倍近くまで強化されたことになります。従来品「NANOENERGY 3」も併売です。

 ブリヂストンからは「NEXRY」、2013年2月の発売で7シーズン目を迎えました。それでもこのカテゴリーでは最大興味を維持。ラベリング制度は「A/c」を実現、高性能タイヤにも採用される ナノプロ テック により低燃費性能の実現を図ります。スタンダード専用ブランドとして君臨し今シーズンもカテゴリーの牽引を果たすのでは。

 対するヨコハマは「BluEarth AE-01F」を筆頭に4銘柄を投入します。サイズ設定もキッチリ確保し、見かけの豊富さではない実売への可能性を高めています。ただ差別化にいまひとつ明確さが足りないかな。ここがやや混乱するところです。

スタンダードタイヤ性能比較

ブリヂストン

NEXTRY

同社独自の基幹技術である ナノプロ・テック を採用。発熱でのエネルギーロスを抑制し、基本性能を犠牲にすることなく転がり抵抗を低減する。サイズ設定範囲に拡大性を持たせ、多くの車種フォローを可能としている。

製品詳細

ヨコハマ

BluEarth AE-01F

「BluEarth AE-01」をリニューアル、最高グレーディング「AAA」へ進化、ウェットグリップ性能は「c」を維持。従来品比較データからはその他性能も向上している。トータル性能は見た目以上に進化を遂げる。

製品詳細

BluEarth AE-01

低燃費タイヤとして転がり抵抗係数が「AA」、ウェットグリップ性能が「c」を実現。「AA」の低燃費タイヤをもっと身近に をテーマにしている。BluEarth は使う人の視点から考えたタイヤづくりを進めるグローバルコンセプト。

製品詳細

ECOS ES31

低燃費性能は BluEarthテクノロジー を踏襲したもの。その証としてタイヤサイドには BluEarthテクノロジーマーク を刻印。「DNA ECOS」との比較では、転がり抵抗は11.5%低減、ウェット制動性能は14.1%向上している。

製品詳細

DNA ECOS

新車装着タイヤからの交換では静粛性に最も不満が多く、次に乗り心地と続く。「DNA ECOS」はそれらを満たすレベル。基本性能樹重視のスタンダードを忠実に実現し満足を高める。コストパフォーマンスは最上レベルかと‥

製品詳細

ダンロップ

エナセーブ EC204

耐偏摩耗性能16%と耐摩耗性能4%の向上を謳い従来の長持ちから更に発展性を持たせたトータルライフへ進化。ラベリング制度は全サイズで転がり抵抗係数「AA」、ウェットグリップ性能「c」を実現。エナセーブ「EC」シリーズの熟成を極める。

製品詳細

トーヨー

NANOENERGY 3 PLUS

トーヨーもプラス(PLUS)進化を果たす。コンパウンド系の新採用により、転がり抵抗係数「A」を維持しながらも、ウェットグリップ性能を従来の「c」から「b」にグレードアップ。従来品を越える性能進化を訴える。

製品詳細

NANOENERGY 3

「NENOENERGY」はトレッドコンパウンドにナノレベルでゴムの材料開発を制御する技術 Nano Balance Technology を駆使したタイヤ。「NANOENERGY 3」においてもこの継承が特徴となる。シリーズのエントリーモデルとして登場。

製品詳細

SD-7(SD-k7)

従来品「TEO plus」の後継。低燃費性能と耐摩耗性能を高次元で両立、ラベリング制度の転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「c」を実現した新スタンダード低燃費タイヤ。軽・コンパクトカー向けに「SD-k7」を同時発表。

製品詳細

ファルケン

SINCERA SN832i

転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「b」もしくは「c」のグレーディング。これにより従来よりも転がり抵抗を14%低減し、ウェットブレーキング性能も13%の向上を果たす。ハイドロプレーニングも7%の向上だ。

製品詳細

グッドイヤー

EfficientGrip ECO EG02 〔NEW〕

新開発のコンパウンドを採用、高次元の低燃費性能とロングライフ性能を強調。従来品比較では残溝1.6mmまでの推定走行距離が8%の向上。転がり抵抗テストも3%の低減うを実現する。転がり抵抗係数が全42サイズ中32サイズで「AA」を実現する。

製品詳細

タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました