2020 新製品 勢い掲載中!!

タイヤコンテンツランキング推移

 当サイトにおけるタイヤ等の週別コンテンツランキングの推移を掲載します。実際の販売数ではありませんが、コンテンツに対する興味を確認できます。期間は金曜日から翌週木曜日までの1週間、金曜日更新です。

2020年ランキング推移表

期 間(3月27日 ~ 4月2日)

性能比較コンテンツ

プレミアムコンフォートタイヤ性能比較

走りのクオリティを高める高速安定性と極上の静粛性、そして路面からのショックを吸収し最上級の乗り心を実現するのがプレミアムコンフォートの特徴です。

タイヤカテゴリー別性能比較

タイヤを知る上でまずはカテゴリーの理解が重要。これを前提として詳細に構築したのが各カテゴリー別性能比較。特徴を分析しメーカー最新ラインアップを掲載‥

スポーツタイヤ性能比較

スポーツタイヤの特徴は優れたグリップ性能です。スポーツドライビングをメインに、サーキットから街乗りまでをカバーするハイパフォーマンスとして、‥

4 タイヤメーカー別製品一覧

タイヤメーカー別に製品を一覧表示。掲載するのは世界3大メーカーの筆頭ブリヂストン、次いでその地位挽回を狙うミシュラン、更に過去の栄光復活? ではない‥

5 コンフォートタイヤ性能比較

コンフォートは、スポーツと相反する位置付けです。スポーツがグリップ性能など運動性能を最大の特徴とするのに対して、コンフォートは負荷の大きな運動‥

6 エコタイヤ性能比較

エコタイヤはエコロジー+エコノミーで括りたい。エコ=低燃費、だけではない。転がり抵抗低減にプラスしてトータル的な拘りがエコの本質。そして現在の主流‥

7 オールシーズンタイヤ性能比較

夏・冬用の性能を兼ね備えた全天候型であるオールウェザー、いやオールシーズンタイヤというのが一般的かな。特殊コンパウンドとトレッドパターンは季節を‥

8 ミニバンタイヤ性能比較

現在ミニバン専用タイヤは、国内4メーカー+グッドイヤーがラインアップ。20年を超える歴史によって、家族みんなが安全にドライブできる信頼性にプラスして‥

9 SUVタイヤ性能比較(オンロード)

SUVは街中でもその姿にも違和感を覚えることがなくなったクルマのジャンルです。というか、人気ジャンルに変革ですね。最近では高性能スポーツカーにも勝る‥

10 スポーツコンフォートタイヤ性能比較

スポーツコンフォートは、基本設計によりスポーツをベースにしたタイプと、コンフォート(快適性)をベースにしたタイプに振り分けられます。スポーツ‥

銘柄別コンテンツ

ミシュラン PRIMACY 4

ミシュランのプレミアムコンフォートが第4世代に進化。静粛性と省燃費性を確保した上で、履き始めから履き替え時までウェットブレーキ性能を向上。プレミアム‥

ダンロップ LE MANS V

ドライとウェット、そして低燃費は従来を維持。乗り心地と静粛性を大幅に高め耐偏摩耗性能向上。サイレントコア(特殊吸音スポンジ)を継承、新たにSHINOBI‥

ピレリ Cinturato P6

このところ強化著しいアジアパシフィック市場へ向けた製品として中国工場で製造。コンパクトからミドルサイズカーへ向けられる。国内の低燃費タイヤ規定にも‥

4 ヨコハマ ADVAN dB V552

従来品「ADVAN dB」の後継。すべてをゼロから見直し緻密に再設計、ヨコハマ史上最高の静粛性を提供するプレミアムコンフォートを実現。コンセプトは車内の‥

5 ピレリ Cinturato P1

安全性、ドライビングの喜び、環境への配慮、汎用性など4つの特性を併せ持つ。コンパウンドにハイブリッド素材を使用、タイヤの歪みを安定化させ15%の軽量‥

6 ブリヂストン REGNO GR-XⅡ

「REGNO GR-XI」が進化、極上性能を更に向上させ新登場。キーメッセージは、REGNO FEELING.手のひら一枚分に込められた技術が、圧倒的なパフォーマンスを生み‥

7 ダンロップ VEURO VE304

主張は高い静粛性能と操縦安定性、最上級の快適な車内空間を実現すること。更に最高レベルのウェット性能維持。ダンロップのプレミアムコンフォートが新たな‥

8 ブリヂストン NEXTRY

基幹技術である ナノプロ・テック を採用。発熱でのエネルギーロスを抑制、基本性能を犠牲にすることなく転がり抵抗を低減。サイズ設定範囲に拡大性を持た‥

9 ヨコハマ ADVAN FLEVA V701

転がり抵抗低減によるスポーツ低燃費タイヤを謳う。素直な操作性、高いウェット性能、そして静粛性に優れる。街中での快適性とスポーツ性能に対する要求を底‥

10 ミシュラン PILOT SPORT 4

フォーミュラEで磨かれたレースタイヤの技術を応用。接地面に対する溝の割合を示すボイドレシオが、フォーミュラEレース用と同じ26.4%を誇り高いグリップ‥

タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました