既存詳細ページ更新一応完了。新製品の構築開始!

4×4タイヤ性能比較(オフロード)

 4×4タイヤ(オフロード)の括りでまず主となるのはM/T(Mud Terrain)でしょう。ダートでもマッドでもしっかり路面を掴む本格的な4WDオフロード専用です。

 通常よりトレッド面の溝が深く、また剛性に優れたブロックが強力に路面に食い付きグリップします。岩や石へのヒットにも強さが発揮され、通常程度ならオンロード路面での移動もストレスなく快適にこなす特性です。

 また条件によるけれど、トラクション性能を向上させ冬場の浅雪での走行も可能としています。

 一方、M/Tまではいかないまでもオン・オフ対応を示すオールラウンド、A/T(All Terrain)が存在します。街中での走行も快適性が発揮でき、そこそこワイルドな雰囲気を感じさせ評価の高さを誇ります。

 敢えてオフロードに傾倒する以外、道路の舗装が一般的な近年は長時間に渡るオフロード走行を強いられるケースは少ないでしょう。その為にワイルドな4WDであってもA/Tの装着が見られます。

 より実用性を尊重するのならA/Tが使い勝手いい。ところが近年、M/Tへの注目が高まっています。見過ごすことはできないレベルだし最新はこっちにも興味を高めます。

4×4タイヤ性能比較

・A/T(All Terrain)= オン・オフ対応のオールラウンド
・M/T(Mud Terrain)= 4×4(オフロード)対応
( ※Terrain(テレーン)=地形を意味 )

A/Tタイヤ

 まずはA/Tから。ブリヂストンは「DUELER」をSUV/4×4の専用ブランドとして位置付けて来ました。しかし、新たな「ALENZA」の投入で「DUELER」はA/TやM/T専用のブランドへ。ここに投入されたのが「DUELER A/T 001」です。

 ヨコハマは2016年に投入した「GEOLANDAR A/T G015」が奮闘します。既にラインアップで認知を高め、強化を果たす「GEOLANDAR」シリーズで一貫した主張を展開します。そして2019年、SUV・ピックアップトラック用として「GEOLANDAR X-AT」が発売されました。

 トーヨーは北米で開花した「OPEN COUNTRY」シリーズを国内へも投入。第一弾がSUV/CUVタイプの軽カーへ向けた「OPEN COUNTRY R/T」でした。しかも、この製品は新たな括りR/T(Rugged Terrain)を提案。M/TとA/Tの中間になる全く新しいジャンルを強調します。(ここではM/Tへ)

 更にA/Tの「OPEN COUNTRY A/T plus」も続きます。オフロード走行に優れたトラクション性能を発揮しつつ、オンロード走行にも高位の静粛性を果たすSUV用オールテレーンタイヤを謳います。

 ファルケンは北米で注目される「WILDPEAK」シリーズのA/Tとして「WILDPEAK A/T3W」を投入、当初は最小サイズで様子見でしたが2020年はやや拡大しています。

 最も充実度が高いのはグッドイヤーです。「WRANGLER」シリーズは当初の「WRANGLER AT/S」に2019年「WRANGLER DURATRAC」が追加、そして2020年は「WRANGLER AT SILENTTRAC」も発売。

 こうなると違いはどうなる? 「DURATRAC」はアクティブさ、ワイルドさを強調。一見ではA/Tに留まらないM/Tの印象が強いかと。一方「AT SILENTTRAC」はやや大人し目かな。ショルダーの構造にオンロードでの対応性がより強く感じられるデザインです。

 など一新した様相に活性化を強く感じさせるところです。ただこれら以外が従来を重ねる状況で残念なところかと。メーカーにより最新と、最古とは言い過ぎだけれど発売から10年にも及ぶ製品の混在が見られます。かなり極端で課題と感じるところです。(新製品等の新たな掲載は詳細ページが完了次第随時行います)

ブリヂストン DUELER A/T 001

最大主張は耐摩耗性能と低燃費性能の向上。センターとショルダーのブロック幅を見直し、専用最適配置ブロック でトレッド部の剛性を最適化し耐摩耗性能を向上、オン・オフに求められる性能を高次元で両立。

製品詳細

ヨコハマ GEOLANDAR A/T G015

ターゲットはアクティブなライフスタイルを楽しむドライバー。オフロードの走破性と耐久性を向上、しかもオンロードの快適性や静粛性も高めるなど、実現の為にトレッドパターンからコンパウンドまで全てを一新。

製品詳細

ダンロップ GRANDTREK AT3

オンロードでの操縦安定性、オフロードでのトラクション性能とも高性能化を謳う。先進的なパターンデザインは双方での高性能化を実現。偏磨耗抑制によるロングライフも強力に訴え、よりハイレベルな車種への装着は評価高い。

製品詳細

トーヨー OPEN COUNTRY A/T plus

「OPEN COUNTRY」シリーズは、1986年に発売を開始して以来北米で高い認知を誇る。「OPEN COUNTRY A/T plus」はオフロード走行に優れたトラクション性能を発揮しつつ、オンロード走行にも高位の静粛性を果たす。

製品詳細

グッドイヤー WRANGLER DURATRAC

グッドイヤーの主張はオン・オフを問わず、アクティブに活動するユーザーに向けた4X4に最適なタイヤだという。見た目かなりワイルド、でも実際の括りはA/T(All Terrain)= オン・オフ対応のオールラウンドになる。

製品詳細

グッドイヤー WRANGLER AT/S

幅広の2本の縦溝が特徴。排水性をより向上させる効果、オフロードでの排泥性、トラクション効果も大いに期待できそう。オンロード用の「WRANGLER HP」に準ずる快適性と高度なハンドリングも謳われている。

製品詳細

ミシュラン LATITUDE cross

基本デザインはオフロードでもオンロードでの静粛性やウェット性能をも訴える。左右非対称パターンを採用、主にIN側ではオンロードでの性能を発揮し、OUT側ではオフロードでの性能を発揮するイメージ。

製品詳細

M/Tタイヤ

 2018年1月の東京オートサロンでは、ちょっとした変化が見られました。A/Tを超えるワイルドなルックスのオフロード、そうM/Tタイヤの出展がメインと見間違えるほど際立っていたんです。

 この動き2019年は更に強化され、各メーカーはメイン、一角いずれにしてもM/Tへの出展を果たしていました。2020年もこの流れを継承、やはりショーアップにはワイルドなM/Tの演出が似合います。

 ブリヂストンは「DUELER M/T 674」、2013年の投入なのでやや経年が気になります。それでもハードなマッドステージをも走破する本格的M/Tタイヤを謳います。

 ヨコハマは2017年に13年ぶりとなるフルチェンジを果たした「GEOLANDAR M/T G003」を投入。過酷なオフロードレースで培った技術をフィードバックし、全面的な見直しを図っています。また2018年には北米地域で既に先行販売されていた「GEOLANDAR X-MT」も国内導入を実現します。

 トーヨーは北米で認知を得た「OPEN COUNTRY」シリーズの第一弾とした「OPEN COUNTRY R/T」が国内導入から5シーズン目、2018年には「OPEN COUNTRY M/T」をラインアップに加え一応の完成となるのでは。

 ファルケンからは「WILDPEAK」シリーズ、M/T「WILDPEAK M/T01」をA/T「WILDPEAK A/T3W」と同時投入しました。ただこちらも最小サイズで様子見でしたが2020年はやや拡大しています。

 これらいずれも意識するのは北米市場、そこから国内へも波及させたい。市場のSUV人気は継続し、その流れでより過激な4×4タイヤ、そうオフロードも。しかもA/Tでは飽き足らずワイルドなルックスのM/Tへ意向を強めています。(新製品等の新たな掲載は詳細ページが完了次第随時行います)

ブリヂストン DUELER M/T 674

「DUELER M/T 673」の後継として2013年に投入、3D形状の新パタンでマッド上のトラクション性能、ハンドリング性能の向上を強調する本格M/Tタイヤを謳う。同時にオンロードでの乗り心地や静粛性への配慮も訴える。

製品詳細

ヨコハマ GEOLANDAR X-MT

北米地域での先行販売を経る。SUV・ピックアップトラック向けを謳い2017年8月に登場した「GEOLANDAR M/T G003」よりも更に趣味性を高め、オフロード走行は勿論のことロックトレイルを楽しむユーザー向けを強調する。

製品詳細

ヨコハマ GEOLANDAR M/T G003

世界各国で発売するグローバル製品の位置付け。過酷なオフロードレースで培った技術をフィードバックし、トレッドパターン、サイドデザイン、構造、コンパウンド、プロファイルまで全面的な見直しを図っている。

製品詳細

トーヨー OPEN COUNTRY M/T

本格的オフロード向けSUV/CCV用タイヤを強調。トレッドデザインは悪路走破性のみならず、トラクション性能やブレーキ性能の向上に寄与。オフロードレースでのノウハウを生かした、耐外傷性の高いタフネス構造になっているという。

製品詳細

トーヨー OPEN COUNTRY R/T

いわゆるクロスカントリー・ビークル(SUV/CUV)タイプ。オフロードでのトラクション性能と、オンロードでの耐摩耗性能や走行安定性を高次元で両立した新カテゴリータイヤ。当初は軽カーへ向けたサイズ展開ながら最新はそれ以外も対象に。

製品詳細

タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました