≫ スタッドレスタイヤ 2021-2022 メーカー別性能比較!

ヨコハマ GEOLANDAR M/T G003 の特徴

概要

世界各国で発売するグローバル製品

世界各国で発売するグローバル製品。過酷なオフロードレースで培った技術をフィードバックし、トレッドパターン、サイドデザイン、構造、コンパウンド、プロファイルまで全面的見直しを図る。

製品情報

 ヨコハマ「GEOLANDAR M/T G003(ジオランダー エムティー ジー003)」は、世界各国で発売するグローバル製品の位置付けです。過酷なオフロードレースで培った技術をフィードバックし、トレッドパターン、サイドデザイン、構造、コンパウンド、プロファイルまで全面的な見直しを図っています。

 ヨコハマのM/Tタイヤとしては、2004年発売の「GEOLANDAR M/T+」から実に13年ぶりとなるフルチェンジ。開発はオフロード性能の向上を目指すなかで、オンロードでの快適性や静粛性をも確保。更に耐摩耗性、耐久性の向上も実現しているという。また、カスタム嗜好のユーザーに向けた、アグレッシブなトレッドデザインとサイドデザインは主張ポイントとして大きいのでは。

 「GEOLANDAR M/T G003」の発売で「GEOLANDAR」シリーズ全てが一新しました。オンロードの中・大型向け「GEOLANDAR H/T G056」は2015年7月、中・小型向け「GEOLANDAR SUV」は2012年2月、そしてオン・オフ対応のオールテレーン「GEOLANDAR A/T G015」は2016年8月、と全てが進化しました。

 SUV/4×4カテゴリーのモデルサイクルは、10年以上など珍しいことではありません。従って一新は大きなアドバンテージになりそう。注目を得られる、ということですね。そこから最新は更なる活性化、そう新たな製品連投によりラインアップは激変しています。

軽トラ用サイズを設定

 軽トラには4×4オフロードタイヤが似合う! そして農業用など含め使い勝手がいい。田舎ではこれ1台で全ての用途に使用する爺さんなども。また日常使いだからこそタイヤやホイールに拘る人も。その選択肢のひとつに実はトーヨーの「OPEN COUNTRY R/T」を指名、しかし更なるワイルドを求めるなら「GEOLANDAR M/T G003」が上回ります。

 軽トラの一般サイズは 145R12 6PR LT です。近年はタイヤサイズ表記が変わりつつあり 145/80R12 80/78N などへ。80/78Nは今までの6PR相当になるよう。

 ということで、少しだけ詳しく書いた記事があるので下にリンク貼っておきます。参考までにどうぞ。

軽トラ用の装着タイヤ、更なる候補は ヨコハマ GEOLANDAR
 未だウダウダ考える軽トラ用のタイヤ、そうトーヨー「OPEN COUNTRY R/T」を装着しようか否か? です。決められない事情…

技術展開

 オフロード走行の要となるのはトレッドパターンとサイドブロック。トレッドに施したラージメッシュ・ラググルーブ や シーケンシャル・サイプ などが多彩で厳しいオフロード路面で優れたトラクションを発揮します。

 またサイドを厚く設計するとともに、上部に アグレッシブサイドブロック を配置し耐カット性や耐摩耗性を向上。更に一段とオフロード感を強調したデザイン性に拘り、オフロード走行やドレスアップを楽しむユーザーニーズを満たす工夫が施されています。

 構造にも専用設計を採用し耐久性を徹底的に追及、高耐久なリアルオフローダー構造を備えます。オンロード性能にも配慮、従来品と同等レベルの静粛性や快適性の確保を謳います。

サイズ・購入

YAHOO!ショッピング楽天市場

インプレッション

ヨコハマ GEOLANDAR M/T G003 のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
タイトルとURLをコピーしました