タイヤメーカー別性能比較とは? コンテンツの特徴を紹介

タイヤメーカー別性能比較

 ダンロップが空気入りタイヤを初めて実用化してから約120年。しかし世界3大メーカー、そのトップはブリヂストン。そしてミシュラン、グッドイヤーと続きます。世界ではグローバルの動きが更に顕著な証かと。

 一方日本では相変わらず国内メーカーへの信頼が根強く、タイヤに限らず国内の工業製品に関する絶対的な信頼性が根付いています。

 そこで海外メーカーは一部に留まるも、日本の事情を考慮し国内で開発するなどボーダーレス化に躍起なところも。また日本法人による国内専用への流れも見られるようになっています。

 結果、国内と海外という比較はブランドイメージや歴史的伝統など、かつて程の意味を持たなくなっているような。メーカーの国籍だけに拘った比較は意味が薄れていると考えます。そこで国内外メジャーメーカーに際し、様々な側面から特性を探ります。

メーカー別性能比較

ブリヂストン(世界最大メーカー)

ブリヂストンタイヤ性能比較
 タイヤビジネス誌が公表した2018年の世界タイヤ市場シェアは、1位ブリヂストン(14.8%)、2位ミシュラン(13.8%)、…

ヨコハマ(創立100年を超え原点へ)

ヨコハマタイヤ性能比較
 2017年10月に創立100周年を迎えた横浜ゴム、これだけの歴史を誇りながらも国内ではブリヂストン、住友ゴムに次ぐ3位のラン…

ダンロップ(国内展開は住友ゴム)

ダンロップタイヤ性能比較
 空気入りタイヤを発明したのはJ.B.ダンロップ、1888年のこと。息子の為に作ったという自転車用タイヤがスタートです。ダンロ…

トーヨー(70年を超える歴史)

トーヨータイヤ性能比較
 2015年に創立70周年を迎えたトーヨー、2017年5月に本社を大阪市西区より兵庫県伊丹市に移転。2019年1月1日付で社名…

ファルケン(強化で新たな役割)

ファルケンタイヤ性能比較
 数年前、ファルケンの国内展開は危機さえ感じるほどでした。ある意味放置プレイが長く続きとっても寂しい状況に、もしかしてブランド…

グッドイヤー(新生展開で独自性)

グッドイヤータイヤ性能比較
 世界ビック3の一角がグッドイヤーです。2015年に住友ゴムとのアライアンス契約および合弁事業を解消。これにより世界でのダンロ…

ミシュラン(ライバルはブリヂストン)

ミシュランタイヤ性能比較
 ミシュランの起源は1863年に設立されたバルビエ&ドーブル株式合資会社です。名称は1889年に採用、アンドレとエドアールのミ…

ピレリ(レースとブランドと価格)

ピレリタイヤ性能比較
 ピレリが2015年に中国化学メーカーの中国化工集団公司に保有株式を売却、中国資本となったのは驚きと複雑感が漂いました。しかし…

コンチネンタル(欧州の勢いを国内へも)

コンチネンタルタイヤ性能比較
 当サイトでコンチネンタルの掲載を実現したのが2013年だったかな? 国内市場は当時ヨコハマコンチネンタルタイヤ株式会社(YC…
タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました