2021年シーズン 夏タイヤ市場の特性はこう!

グッドイヤータイヤ性能比較

 世界ビック3の一角がグッドイヤーです。2015年に住友ゴムとのアライアンス契約および合弁事業を解消。これにより世界でのダンロップブランド使用の線引きが改められ、グッドイヤーは北米の市販及び非日系自動車メーカー向け新車用タイヤ、そして欧州での市販及び新車用タイヤの権利を保持することになりました。

 また日本国内では、市販及び新車用タイヤともにグッドイヤーの権利が回復し、純粋にグッドイヤーの展開となる訳です。但し、市場の混乱を回避する為にスムーズな切れ目のない移行を目指す、としており従来ラインアップからの移行は混乱が無いように行われています。

 現状は未だ複雑化した戦略がいろいろ絡んでいます。これを理解する上でもグッドイヤーの歴史を知ることが必要です。

スポンサーリンク

新生グッドイヤーへの展開

 ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニーは、1898年に米国オハイオ州アクロンでフランク・A・セイバリングによって創立されました。1916年には世界最大のタイヤメーカーとなります。社名のグッドイヤーは1839年ゴムの加硫法を発見したチャールズ・グッドイヤーの名に由来しています。

 1951年ブリヂストンと生産、技術に関する提携を契約。同工場ではグッドイヤーブランドのタイヤ生産を開始。1979年に技術提携契約を解消。

 その間の1952年日本グッドイヤーを設立。1965年F1へ初参戦しメキシコGPで初優勝。1971年ムーンタイヤを開発しアポロ14号の月面車に装着されました。1977年F1で100勝、1994年300勝、1997年360勝を達成。1998年末にF1から撤退し30年以上に渡る活動を終了しています。

 1999年住友ゴムと株式の相互持ち合い、タイヤ事業におけるグローバル・アライアンスを締結。これによりダンロップの経営権を欧州と北米ではグッドイヤーが、日本では住友ゴムが主導権を握ることになりました。

 両社合計で22%という世界最大の市場シェアを確保。これに伴いグッドイヤーの日本法人である日本グッドイヤーは住友ゴムの子会社となり、国内生産品は住友ゴムにより開発から生産まで行われました。

 ところが2015年アライアンス契約および合弁事業を解消し、国内ではグッドイヤー100%出資の日本法人として日本グッドイヤーが復帰します。

 しかし、既に触れた通り市場の混乱回避の為に早急なラインアップの変革は見送られています。徐々にという意向はその通り、最新でも従来の製品構成維持が見られます。それでもグッドイヤーが世界に誇るオールシーズンタイヤ「Vector 4Seasons Hybrid」の強化、プレミアムハイパフォーマンス「EAGLE F1 Asymmetric」シリーズ、「EfficientGrip」シリーズなどの投入など変革は確実に進んでいるのも事実かな。

ウイングフット

 グッドイヤーのロゴマーク、そうGOODとYEARの間にある羽の付いた靴について触れたい。これ「ウイングフット」と呼ばれます。

 古代神話の神マーキュリーが由来、マーキュリーとは英語、ラテン語でメルクリウスと呼ぶそう。商人や旅人の守り神として知られるんだとか。で、この守り神の足元には羽があるんです。足に羽があるのは商売に縁起がいい、と考えたようです。

企業概要

 日本グッドイヤー株式会社は、本社:東京都港区赤坂、連結従業員数189人(2020年5月現在)。ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー(米国グッドイヤー社)は、本社:米国オハイオ州、1898年にフランク・A・セイバリングによって創立。従業員数63,000人。

ブランド展開を紐解く!

EfficientGrip(E-Grip)シリーズが牽引

 最新グッドイヤーを牽引するのは「EfficientGrip」シリーズです。徐々に充足を果たし、現在は「E-Grip」の略称が一般化しつつあります。国内展開はまず2009年にエコ製品として「EfficientGrip」が登場。欧州グッドイヤーで開発され、欧州プレミアムカーへの新車装着を果たすなど北米のイメージを脱し欧州製を強調したものです。

EfficientGripシリーズが新たな牽引役!
 最新グッドイヤーを牽引するのは「EfficientGrip(エフィシエントグリップ)」シリーズです。徐々に充足を果たし、現在…

ミニバン対応は評価に値する?

 グッドイヤーのミニバンカテゴリー、既存ラインアップは「EAGLE RV-F」がそれ。投入自体に好感を持っています。ミシュランやピレリ、そしてコンチネンタルなど海外メジャーメーカーではミニバン専用が見当たらない。そして2021年には進化系「EfficientGrip RVF02」を投入。

ミニバン対応は海外メーカーとして貴重
 グッドイヤーのミニバンカテゴリー、既存ラインアップは「EAGLE RV-F」がそれ。ただ地味かな。ミニバン専用としての主張性…
スポンサーリンク

グッドイヤータイヤ性能比較

 「EAGLE」シリーズ最大主張はスポーツに優れたウルトラ・ハイ・パフォーマンス、その特性を追求し最大限発揮。新たな「EfficientGrip(E-Grip) 」はプレミアムコンフォート、コンフォート、ミニバン、スタンダード、そしてSUVに冠されます。欧州発のパフォーマンスが色濃く示されているのが特徴です。

スポーツ

高いグリップ力、ブレーキング力および優れたハンドリング性能を兼ね備える。ウェットグリップ性能が全サイズ最高グレーディング「a」。また転がり抵抗係数も20サイズで「A」。スポーツ低燃費タイヤを実現する。

EAGLE F1 Asymmetric 5 詳細

注目点は進化したS-SPECコンパウンド。パターンデザインはそのままに従来のグリップ性能と高速走行での操縦安定性を高め、サーキット走行そして街乗りでの安定したハンドリングレスポンスを求めるユーザーをターゲット。

EAGLE RS Sport S-SPEC 詳細

従来品「EAGLE REVSPEC RS-02」の実質後継として、スポーツタイヤのエントリーモデル(ライトスポーツ)を謳うも本質には深く拘る。もっと手軽にスポーツ走行を楽しみたいセダンやミニバンユーザーへも向けられた。

EAGLE F1 SPORT 詳細

スポーツ性能を重視しながらもウェット性能、乗り心地や静粛性能を備える。どちらかといえばギンギンのスポーツタイヤレベルより街乗り重視のユーザーにお勧め。スポーツをベースにコンフォートの性能を加えた。

EAGLE REVSPEC RS-02 詳細

プレミアムコンフォート

先行販売する欧州では輸入車ユーザーそしてハイブリッド車ユーザーもターゲットにする。ハイブリッドテクノロジー第4世代 G4 の搭載は、転がり抵抗低減と高位なウェット性能を両立。バランス性能が最も主張を高める。

EfficientGrip Performance 詳細

「EAGLE LS3000 HYBRID」の後継。方向性トレッドパターンを継続し、ウェット性能、操縦安定性、静粛性の向上、そして環境性能を謳うプレミアムモデル。快適性や運動性能に対する期待はそれなりに大きい。

EAGLE LS PREMIUM 詳細

コンフォート

「EfficientGrip Comfort」、略名として「E-Grip Comfort」。従来品「EAGLE LS EXE」の後継に位置付けるもブランドそのものを「EAGLE」から「E-Grip」へ転化、コンフォートの新たな追及を図るのが狙い。果たしてその結果は‥

EfficientGrip Comfort 詳細

ツーリング エコを謳う低燃費タイヤ。左右非対称パターン、e-Hybridコンパウンド の採用、シャープなハンドリング性能、進化した転がり性能、コンフォート性能、そしてライフ性能(耐磨耗性)を実現し走りへの拘りをも示す。

EAGLE LS EXE 詳細

ミニバン

「EfficientGrip RVF02」はミニバン特有の車高が高いことで発生するふらつきを軽減、静粛性の改善も実現。ブランドは「EAGLE」シリーズと決別し「EfficientGrip」へ転化、ミニバンも取り入れシリーズの更なる強化を図る。

EfficientGrip RVF02 詳細

スタンダード

新開発のコンパウンドを採用、高次元の低燃費性能とロングライフ性能を強調。従来品比較では残溝1.6mmまでの推定走行距離が8%の向上。転がり抵抗テストも3%の低減うを実現する。転がり抵抗係数が全42サイズ中32サイズで「AA」を実現する。

EfficientGrip ECO EG02 詳細

SUV

プレミアムスポーツ「EAGLE F1 ASYMMETRIC 3」をベースにラグジュアリーSUV向けに最適化したウルトラハイパフォーマンス。これにより同社SUVラインアップの最高位に指名。近年のSUV市場の拡大に合わせラインアップを拡充。

F1 ASYMMETRIC 3 SUV 詳細

ラグジュアリーオンロードSUVとして既存の最上位にポジショニング。SUVの括りならH/T、オンロード性能を重視するもハイレベルなプレミアムを強調。オンロードでのあらゆるドライビングコンディションにおいて、優雅で快適な走りを叶える。

E-Grip Performance SUV 詳細

従来品「WRANGLER HP」に比較して転がり抵抗を15%低減。更にはパターンノイズ38.3%、ロードノイズ12.9%、ロングライフ性能42%、ウェットブレーキ性能6%向上など進化レベルは大きい。幅広いSUVユーザーがターゲット。

EfficientGrip SUV HP01 詳細

4×4

グッドイヤーの主張はオン・オフを問わず、アクティブに活動するユーザーに向けた4X4に最適なタイヤだという。見た目かなりワイルド、でも実際の括りはA/T(All Terrain)= オン・オフ対応のオールラウンドになる。

WRANGLER DURATRAC 詳細

近頃流行り?のSUVに緩いオフロードタイヤを装着する、街中で見た目重視の要求にバッチリ応えられる。としつつもオンロードで快適性や静粛性を発揮、オフロードでは走破性を高めるなど性能両立を追求。

AT SILENTTRAC 詳細

幅広の2本の縦溝が特徴。排水性をより向上させる効果、オフロードでの排泥性、トラクション効果も大いに期待できそう。オンロード用の「WRANGLER HP」に準ずる快適性と高度なハンドリングも謳われている。

WRANGLER AT/S 詳細

スポンサーリンク
運営者

タイヤに特化した専門サイト! 単身オリジナル情報の発信に励む、2006年開設です。

スポンサーリンク

タイヤカテゴリー(注目ピックアップ)

プレミアムコンフォートタイヤ性能比較

走りのクオリティを高める高速安定性と極上の静粛性、そして路面からのショックを吸収し最上級の乗り心を実現するのがプレミアムコンフォートの特徴です。

スポーツタイヤ性能比較

スポーツタイヤの特徴は優れたグリップ性能です。スポーツドライビングをメインに、サーキットから街乗りまでをカバーするハイパフォーマンスとして、‥

コンフォートタイヤ性能比較

コンフォートは、スポーツと相反する位置付けです。スポーツがグリップ性能など運動性能を最大の特徴とするのに対して、コンフォートは負荷の大きな運動走行は‥

ミニバンタイヤ性能比較

車種としてのミニバン人気は定着しました。家族みんなで、また友達同士大勢で会話を楽しみながらなどのカーライフは最適の評価を得ています。ミニバンはアメリ‥

SUVタイヤ性能比較(オンロード)

SUVは街中でもその姿にも違和感を覚えることがなくなったクルマのジャンルです。というか、人気ジャンルに変革ですね。最近では高性能スポーツカーにも勝るエ‥

スポンサーリンク
タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました