≫ ミシュラン PRIMACY SUV+ 新掲載!

グッドイヤー EAGLE F1 SUPERSPORT の特徴

概要【新製品】

欧州で開発されたスポーツ系最高峰モデル

高次元のグリップ性能とハンドリング性能による操る悦びのさらなる追求をテーマに欧州で開発。「ASYMMETRIC」シリーズを超えるグリップ性能で、より質の高いスポーツ走行を実現する。

製品情報

 グッドイヤーではスポーツブランド「EAGLE」の最高峰、「EAGLE F1 SUPERSPORT(イーグル エフワン スーパースポーツ)」を発売しました。

 高次元のグリップ性能とハンドリング性能による操る悦びのさらなる追求 をテーマに欧州で開発されたグッドイヤーのスポーツ系タイヤ最高峰モデルを謳います。グッドイヤーのモータースポーツへの情熱と実績に裏付けられた確かな技術力を結集。サーキット走行も見据えた性能を備えたタイヤです。

 サイズ展開は 285/30ZR21 100Y XL ~ 225/45ZR18 95Y XL の全20サイズ。2022年3月1日より発売開始。(なお20サイズ中、18サイズが「B/a」、2サイズが「A/a」です)

 これまでスポーツブランド「EAGLE」の最高峰と言えば「EAGLE F1 ASYMMETRIC 5」です。「EAGLE」シリーズのフラッグシップを強調。高いグリップ力、ブレーキング力および優れたハンドリング性能を兼ね備え、また転がり抵抗係数も「A」を備えるなどスポーツ低燃費タイヤを実現して来ました。

 対して「EAGLE F1 SUPERSPORT」はUHP(ウルトラ ハイ パフォーマンス)を謳い、従来シリーズである「ASYMMETRIC」シリーズを超えるグリップ性能でより質の高いスポーツ走行を実現。ハンドリング性能も高めておりサーキット走行も可能だというから、「ASYMMETRIC 5」を超える、というよりもピュアスポーツに近い、というのがピッタリかと。

搭載技術

 「EAGLE F1 SUPERSPORT」は専用に開発したトレッドコンパウンドを搭載。ドライ走行を支えるアウターセクションと、ウェット走行を支えるセンターセグメントを組み合わせたU字型コンパウンドを採用。

 トレッドパターンは専用化。大型のショルダーブロック構造を採用し、外側に大きな負荷がかかるコーナリング時の接地面積を最大化するために、大型のショルーダブロックを配置。アグレッシブなコーナリングを実現します。

 「EAGLE F1 ASYMMETRIC 5」との比較では、直進安定性、ハンドリング、ラップタイム、ドライブレーキ、ウェットブレーキ等全てにおいてそれを上回ります。

サイズ・購入

YAHOO!ショッピング楽天市場

インプレッション

グッドイヤー EAGLE F1 SUPERSPORT のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
タイトルとURLをコピーしました