≫ ヨコハマ ミニバン専用 BluEarth-RV RV03!

グッドイヤー EfficientGrip Performance 2 の特徴

概要【新製品】

コンフォートブランドのフラッグシップモデル

  • カテゴリー:プレミアムコンフォート(低燃費)
  • サイズ:15~18インチ
  • 扁平率:65~45%
  • 発売:2022年2月
  • インプレッション募集中

耐摩耗性能向上によるロングライフ化、ドライ路面での優れた操縦安定性、ウエット路面での制動距離短縮を強調。従来品に対してレベルアップの次元が異なる。対象車種拡大。

製品情報

 グッドイヤーでは、ハイパフォーマンスコンフォートタイヤ「EfficientGrip Performance 2(エフィシェントグリップ パフォーマンス ツー)」を発売。欧州グッドイヤー(グッドイヤー ルクセンブルグ テクニカルセンター)で開発されたコンフォートブランドのフラッグシップモデルを謳います。

 初期サイズは 225/50R18 99W XL ~ 195/65R15 91V の全21サイズ。(13サイズが「AA/a」、7サイズが「A/a」、1サイズが「A/b」) 発売は2022年2月1日から。今回も略称として「E-Grip Performance 2」が添えられます。

 従来品はプレミアムコンフォート「EfficientGrip Performance」(E-Grip Performance)です。輸入車ユーザーそしてハイブリッド車ユーザーもターゲットに、ハイブリッドテクノロジー第4世代G4が、転がり抵抗低減とウェット性能を両立。バランス性能が最大主張点となりました。

 対して「EfficientGrip Performance 2」(E-Grip Performance 2)は、耐摩耗性能向上によるロングライフ化、ドライ路面での優れた操縦安定性、ウエット路面での制動距離短縮を強調します。まぁ基本的に性能向上文言は同じ。しかしながらレベルアップの次元が異なるということ。

 なお装着対象は、セダン、ワゴン、ミニバン、軽/コンパクトカーと広範囲。最新化したプレミアムコンフォートの優位性、ここで発揮します。しかしながら初期サイズでこれら全てをフォローするのは無理。従い徐々に、という意味合いかと‥

搭載技術

 トレッド部に弾力性と柔軟性が高いコンパウンドを使用。ブロックの柔軟性が高まることで路面への追従性とエッジ効果を発揮し排水性が向上。また、エッジ数を増やすことで、ウェット路での制動距離短縮にも貢献しています。従来品比較で9%の向上を実現。

 トレッド部に弾力性と柔軟性が高いコンパウンドは、様々な温度域でも破損を防止することでロングライフをも実現。従来品比較で50%の大幅な向上を果たします。

 優れたロングライフ性能により高い運動性能と安全性が長期間維持。特にパターンノイズ、ライフ性能で飛躍的向上。

サイズ・購入

YAHOO!ショッピング楽天市場

インプレッション

グッドイヤー EfficientGrip Performance 2 のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
タイトルとURLをコピーしました