≫2022-2023 スタッドレスタイヤ等冬製品の最新化!

コンチネンタル ExtremeContact DWS06 PLUS の特徴

概要

ドレスアップスポーツを兼ねるオールシーズンが最上の進化

オールシーズンとしては物足りない‥けれど従来からスノーとウェットブレーキ性能を大きく向上しているし一応ここに括る。ただ主張は従来同様ドレスアップスポーツだしスポーツへも同時掲載。

製品情報

 コンチネンタルでは「ExtremeContact DWS06 PLUS(エクストリームコンタクト ディーダブリューエス06 プラス)」を国内でも投入。2021年3月から発売を開始。サイズ展開は一部入れ替え等みられるものの90以上はキープする勢いを保ちます。

 90にも及ぶサイズラインアップは、パフォーマンス重視のスポーツカー、プレミアムセダン、SUV、CUVからミニバンまで適合し、インチアップ、ドレスアップにも最適であることを強調しています。

 従来品は「ExtremeContact DWS06」です。非常に微妙だけれど諸々考慮し一応オールシーズンタイヤに括りました。と言うのもメーカーではオールシーズンタイヤではありません、と!「M+S」に留まり、「スリーピークマウンテン・スノーフレークマーク(3PMSF)」がありません。大々的なオールシーズン強調を敢えて抑えているような。

 2012年9月から国内でも投入された夏タイヤが「ExtremeContact DW」。これをベースに2014年6月、姉妹品として「ExtremeContact DWS」が発売されました。そして2016年2月に今回の従来品となる「ExtremeContact DWS06」へ。

 「DWS」の「D」はドライ性能、「W」はウェット性能、これに加えた「S」はスノー性能になる。「ExtremeContact DW」に「S」を追加しスノー性能、そうオールシーズン対応を実現した、と受け止めます。その訳は北米市場の特性から。オールシーズンが圧倒的な存在感を示しますので。

 「ExtremeContact DWS06 PLUS」も同様の対応です。しかもプラス(PLUS)進化した製品主張は、「ExtremeContact DWS06」が更に高性能へアップグレード。スノーとウェットブレーキング性能を大きく向上、天候急変でもより安全で安心を謳います。

 オールシーズンじゃないので路面適合表を見て欲しい、とあります。どれどれと確認したのが下の表です。(出典コンチネンタル公式サイト)

 冬路面においてシャーベットや雪路で△マーク、因みに夏タイヤは×、スタッドレスタイヤは◎です。確かにオールシーズンとしては物足りないけれど、これでも「ExtremeContact DWS06」からスノーとウェットブレーキング性能を大きく向上。天候急変にも安全でより安心と主張。

 御意。でも当サイトでは一応オールシーズンに括り、その旨を表記します。「ExtremeContact DWS06 PLUS」も同様の対応になるかと。またメーカー主張を鑑みるとスポーツへの拘りも是非、と受け取れます。悩むけれど尊重しストリートスポーツへも一応掲載しておきますか‥

搭載技術

 特徴は従来品から主要な性能全般で更なる向上を目指したという。SPORTPLUS+テクノロジーで、より正確なハンドリング、滑りやすい路面での力強いグリップ力、静粛性の改善を実現。

 注目するのは3つ。3Dサイプはウェットや雪路でのトラクションが向上。トラクショングルーブは底に配された梯子状の突起がキャタピラーのように雪をかむことで積雪路のトラクションが向上。Xサイプは全方向に対して有効なエッジを持つ。雪道や滑りやすい路面でトラクションを発揮する。

 などスノーとウェットブレーキング性能を大きく進化したことで、天候急変にもより安全で安心に走行を継続出来る。更に求めやすい価格と優れたロングライフ性能がコストパフォーマンスの良さを実感出来る、としています。

 トレッド面に設置した「D」「W」「S」のパフォーマンスインジケーターが面白い。タイヤの摩耗によってインジケータードライの「D」、ウェットの「W」、スノーの「S」が都度消えることで性能限界が来たことを伝えます。

サイズ・購入

YAHOO!ショッピング楽天市場

インプレッション

  • 投稿数 【2】
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • 平均評価値(5満点)
  • 1
  • 1
  • 4
  • 4
  • 4
  • 1.0
  • 1.0
  • 4.0
  • 4.0
  • 4.0
まあ さん
【購入年月】
2021年10月
【装着車種】
レヴォーグ
【装着サイズ】
225/45R18
【評   価】
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • 1
  • 1
  • 4
  • 4
  • 3
【インプレッション】
レヴォーグの標準タイヤがひび割れてきたため、交換。評価について、氷上と雪上は、未走行のため、評価出来なかったと考えてください。約1000kmでの投稿です。高速での走行が多いですが、安定しています。レーンチェンジもスムーズに出来ます。良く走るのが名阪国道の通称オメガカーブの下りですが、流れにのって走っていても、天気に左右される事無くしっかりとグリップしている事が感じます。もちろん高速での120km走行も問題ありません。純正タイヤより静かだけどちゃんと路面情報も伝わるし良いタイヤです。
(2021/12/16)
as@ さん
【購入年月】
2021年8月
【装着車種】
HARRIER
【装着サイズ】
245/45R/20
【評   価】
  • 氷 上 性 能
  • 雪 上 性 能
  • ド ラ イ性能
  • ウェット性能
  • 寿     命
  • 1
  • 1
  • 4
  • 4
  • 5
【インプレッション】
ExtremeContact DWS06からPLUSへの履き替えです。
組み替え前、3万キロ走って、スリップサインはまだまだでしたが
2度目の車検でコンパウンドの経年劣化が気になり
PLUSが出るのを待って同じサイズで履き替えました。
PLUSの違いは大きくありませんが、若干静かになり
ステアリングの切れも、コーナーでの沈み込みも
全体的にすべてがマイルド、柔らかさを感じます。
計算した空気圧では、ポンポン跳ねたりします。
ねっとりした吸い付き感は少なく、だからといって
空気圧を下げると、若干ヨレたり、たわみを多く感じます。
0.2キロ単位の空気圧の調整がキモです。
どの圧でも相変わらずゴツゴツ感は拾い上げますので
たわみとポンポンの間で調整すると良いでしょう。
この車のサイズの、選択肢が狭いことを考えると
メーカー、信頼性、性能、価格、ライフ、すべて丁度いいです。
(2021/8/7)

コンチネンタル ExtremeContact DWS06 PLUS のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
タイトルとURLをコピーしました