2020-2021年スタッドレスタイヤ性能比較!!

グッドイヤー EfficientGrip Comfort の特徴

概要

ドライブをもっと楽しく をコンセプトにする

「EfficientGrip Comfort」、略名として「E-Grip Comfort」。従来品「EAGLE LS EXE」の後継に位置付けるもブランドそのものをEAGLEからE-Gripへ転化、コンフォートの新たな追及を図る。

製品情報

 グッドイヤー「EfficientGrip Comfort(エフィシエントグリップ コンフォート)」、略名として「E-Grip Comfort(イーグリップ コンフォート)」とも。「E-Grip」の意味は 効率よくグリップ だという。良いグリップ? 既に3製品がラインアップされる中で更なるシリーズ拡大を目指します。

 グッドイヤーと言えば「EAGLE」が長年牽引ブランドの役割を果たして来ました。但し走りのイメージが定着しています。そこでコンフォートには差別化が必要、ということで「E-Grip」に託す、となったのでしょう。同時にラインアップも拡大し更なる強化を図ります

 今回、SUV用コンフォート「EfficientGrip Performance SUV(エフィシエントグリップ パフォーマンス エスユーブイ)」も同時に投入されました。シリーズとしてSUVへも極上のコンフォートを提供する、でしょう。

 「E-Grip Comfort」は従来品「EAGLE LS EXE」の後継に位置付けられるも、ブランドそのものを「EAGLE」から「E-Grip」へ転化、コンフォートの新たな追及を図るのが狙いです。ドライブをもっと楽しく をコンセプトにハイレベルの静粛性を最大主張にしています。

 またラベリング制度は、従来の転がり抵抗係数が「A」から「AA]へ、ウェットグリップ性能は「b」(一部「c」)は同様です。軽量化したEfficientサイドウォールの効果によって低転がり抵抗性能を実現したという。

 ウェットグリップはラベリングでのグレーディングは同様ながら、新たな専用パターンにアクアプレーニングストレートグルーブを採用し、コーナリング時のウエット性能向上を強調します。実性能における向上を謳う訳です。

向上効果

 先進技術の採用で従来品比較に大きなアドバンテージを得ています。以下メーカー主張で主なものを添えておきます。(いずれも「EAGLE LS EXE」との比較)

パターンノイズ(騒音エネルギー)〔指数〕 28%向上
ロードノイズ(騒音エネルギー)〔指数〕 7%向上
通過騒音測定(回転時に発生する気柱共鳴音を低減) 1dB低減
転がり抵抗性能 15%低減
ロングライフ 3%長持ち

 ということで、これまでにないグッドイヤーの静粛性向上に加え長持ち、そしてシャープなハンドリングなど、「EAGLE」とは異なる「E-Grip」の主張を展開します。

サイズ・購入

YAHOO!ショッピング楽天市場

グッドイヤー EfficientGrip Comfort のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
運営者

タイヤに特化した専門サイト! 単身オリジナル情報の発信に励む、2006年開設です。

タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました