2020-2021年スタッドレスタイヤ新製品の動き活発化!

ヨコハマ GEOLANDAR X-AT の特徴

概要

SUV・ピックアップトラック用。X-・・シリーズ第3弾

「X-MT」と新たな「X-AT」は共にSUV、ピックアップトラック人気に反応した結果でザックリならターゲットは同じ。しかし既存「A/T G015」と「M/T G003」の中間とし新カテゴリーを謳う。

製品情報

 ヨコハマから、SUV・ピックアップトラック用として「GEOLANDAR X-AT(ジオランダー エックスエーティー)」が発売されました。オンロード「GEOLANDAR X-CV」、4×4「GEOLANDAR X-MT」に続く「GEOLANDAR X-・・」シリーズ第3弾です。(「X」はエクストラ、エクストリームを表すというのでよりプレミアム志向を高めた製品とも受け取れます)

 「GEOLANDAR X-AT」は、既存「GEOLANDAR A/T G015」と「GEOLANDAR M/T G003」の中間に位置する新カテゴリーを謳い、SUV・ピックアップトラック向けを強調します。発売は2019年9月、サイズは 35×12.50R20 LT 121Q ~ LT265/75R16 123/120Q の10サイズで開始されました。そして2020年シーズンに入り18サイズまで拡大。実質ここからが本格開始かと。

 それにしてもヨコハマのSUV/4×4シリーズ「GEOLANDAR」が凄いことになっています。確認しておくとオンロードは中・大型SUV向け「GEOLANDAR H/T G056」、中・小型SUV向け「GEOLANDAR SUV」。これにハイパフォーマンスクロスオーバーSUV車向けコンフォート「GEOLANDAR X-CV」がラインアップされます。またクロスオーバーSUV向けグランドツーリングを謳う「GEOLANDAR CV G058」も投入。

 更にはクロスオーバーSUV向けオンロード用サマータイヤを謳う「BluEarth-XT AE61」が、「BluEarth」シリーズながら「GEOLANDAR」シリーズへ共存を果たします。

 一方4×4としてのオフロードは「GEOLANDAR A/T G015」、「GEOLANDAR M/T G003」が既に一定認知を得ています。そして「G003」よりも更に趣味性を高め、オフロード走行、ロックトレイルを楽しむユーザー向けに「GEOLANDAR X-MT」が2018年秋から国内にも投入されました。ここに「X-AT」が投入された訳です。

 「X-MT」と新たな「X-AT」は、共にSUV、ピックアップトラック人気に反応した結果でザックリならターゲットは同じ。しかし既存「A/T G015」と「M/T G003」の中間であることを明確化した「X-AT」に対し、「X-MT」は更なるヘビーユーザーになるのでは。一応差別化も果たします。

 ヨコハマでは世界的な車種人気に対応、国内でも同様の動きを実現します。それにしても「GEOLANDAR」シリーズにプラスαの製品展開はかなり強烈です。いい感じ。

製品特性

 「GEOLANDAR X-AT」はオンロードでの快適性を要求しながら、オフロードやドレスアップも楽しむユーザーに向けられています。オフロード感溢れるアグレッシブな外観と性能に加え、オンロードでの快適性や環境性能を両立しているという。

 トレッドデザインは特徴的なブロック(ショルダーは2つの異なる形状、センターは4つの異なる形状をそれぞれ配置)を組み合わせた アグレッシブブロックパターン を採用。またトレッドデザインをサイドウォール上部まで伸長させ、タイヤ両側のサイド部でそれぞれ異なるデザインを実現し好きなデザインを車両外側に装着できるという デュアルサイドブロックデザイン が取り入れられました。

 またトレッドに施したサイプと細溝のコンビネーションが、ウェット路面や滑りやすいオフロード路面で高いトラクション性を発揮。ショルダー部の横溝とセンター側の縦溝に配した ストーンイジェクター が泥や石噛みによるダメージを緩和します。

 コンパウンドはトリプルポリマーを採用、耐摩耗性能と耐カットチッピング性能(ゴム剥離やゴム欠けなど)を確保。接地性の高いワイドトレッドデザインや高剛性3プライ構造など、操縦安定性や耐サイドカット性能を高めています。

サイズ・購入

YAHOO!ショッピング楽天市場

ヨコハマ GEOLANDAR X-AT のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました