スタッドレスタイヤ性能比較 2016-2017 - 新シーズンの製品特徴はこう!

スタッドレスタイヤ性能比較表 2016-2017

stud

 2016-2017年に向けた最新スタッドレスタイヤに関する製品情報!

 オリジナル企画で新製品を先取り、そして従来品だって新たな特徴を見出します。過去最大レベルのラインアップへ進化し情報量拡大でお届けします。

 タイヤの詳細は メーカー別スタッドレスタイヤ性能比較 として専用ページで掘り下げ詳しく触れています。その前に、以下 ラインアップ全体の特徴 と ブランド展開 を読んでいただくと全体把握がスムーズです。今シーズンはかなりの充実で魅力に溢れています。

(2016.10更新)

■ メーカー別スタッドレスタイヤ性能比較 ■

 性能比較表は各メーカー別に専用ページを構築しましたので、以下のリンクから確認をお願いします。(SUV/4×4スタッドレスタイヤも同一ページで展開しています)

*性能評価バーは各カテゴリー内での評価を対象としています。他のカテゴリーとの評価を比較するものではありません。
*性能評価バーはタイヤメーカー等の指針を参考にしたものであり、タイヤの絶対的な性能を示すものではありません。

【2016-2017 ラインアップ全体の特徴】

tokutyou

 昨シーズンの新製品はヨコハマ「iceGUARD 5 PLUS」のみでした。そして今シーズンはダンロップ「WINTER MAXX 02」だけになりそうです。(SUV/4×4専用は除く) 2012年発売のミシュラン「X-ICE XI3」、そして2011年のミニバン専用トーヨー「Winter TRANPATH Mk4α」は新製品へ移行する気配ないですね。

 それでもラインアップの充実はより拡大しています。牽引するのはブリヂストン「BLIZZAK VRX」と2シーズン目となるヨコハマ「iceGUARD 5 PLUS」かと。そこにダンロップの新製品「WINTER MAXX 02」が迫るでしょう。三つ巴の展開はこれまで通りながら、製品レベルは格段に向上しています。近年稀に見るレベルアップした製品の競演となるのでは。

 続くのが従来品です。実は今シーズン最大の魅力と捉えています。ブリヂストン「BLIZZAK REVO GZ」は「GZ」シリーズとして、「GZハイブリッド向けスペック」、「GZ LV」を組み入れた展開を維持します。昨シーズンは一時最新「VRX」をも凌ぐ興味を示した「GZ」です。

 またベーシックモデルに徹したダンロップ「WINTER MAXX 01」は、新たな役割が与えられました。それを示すようにサイズ設定はこれまでの数を維持、相変わらず高い魅力を伝えます。そしてヨコハマ「iceGUARDトリプル プラス」、こちらも「iceGUARD 5 PLUS」を補完する重要なポジションを形成します。

 トーヨーは「OBSERVE GARIT GIZ」に傾倒する施策に向います。ミニバン専用の TRANPATH がトーヨーの拘りでした。ところが最近スタッドレスに関してはやや趣が異なります。ミシュランは満足度が必ずしもボリューム展開に繋がっていないような。「X-ICE XI3」の話題性は正直少ない。

 そして絶対ここ触れておかないといけないでしょう。当サイトの特徴にもなっているのかな。ピレリ「ICE ASIMMERICO」の異常な人気です。アジア・パシフィック市場向けとして日本市場のニーズに基づいた、特別に開発された日本向けスタッドレスを強調します。プラスして価格の安さが魅力となっているんでしょうね。

SUV/4×4の特徴

 SUV/4×4スタッドレスタイヤの新製品は、ヨコハマから「iceGUARD SUV G075」が投入されました。SUVとして初めて乗用車用スタッドレスブランド iceGUARD を採用しました。この傾向は他でも積極的に採用されている最近の施策です。乗用車用の技術を採用しSUV用に最適化する上で、ブランドの統一は主張性に納得感が高まります。

 また一部ながら乗用車用との共存を図っているタイヤも出現しています。乗用車用にSUVサイズも設定し技術共用を訴えます。具体的に示せば、ピレリ「ICE ASIMMETRICO」、トーヨー「Winter TRANPATH MK4α」、コンチネンタル「ContiVikingContact6」の3つ。当初からSUV/4×4サイズを設定、最適化による対応を謳います。但し、そこは完全専用商品とは異なり一部サイズに限定されます。

オールシーズンの特徴

all

 スタッドレスタイヤではないけれど夏冬用タイヤの性能を兼ね備えた、全天候型のオールシーズンタイヤを今シーズンから掲載します。専用の特殊コンパウンドは季節を問わず多彩な路面コンディションに対応、冬の低温時でも硬くなり難い特性から冬タイヤの性能も実現します。

 その証は M+S に加え、欧州で冬用タイヤとして認証された スノーフレークマーク が刻印されます。その結果、高速道路の冬用タイヤ規制でも通行可能だというから性能レベルには興味が高まります。ラインアップしたのはこの2つ。グッドイヤー「Vector 4Seasons」、ファルケン「EUROWINTER HS449」です。いずれも欧州での認知を受けた期待の製品です。

【ブランド展開から見るとこうなる】

 ブランドって大切だと思う。先入観のイメージが優先され築かれた信頼性はその後の優位生を保ちます。その点からタイヤにおけるブランド構築はいろんな意味で重要性が増しています。

 特にスタッドレスは各メーカーとも絞り込まれた唯一が多い。軽カーからコンパクト、ミドルサイズにミニバン、更にはスポーツ、そしてプレミアムまで対象にします。近年はそれまで別展開していたSUV/4×4専用も同様のブランドに統一された施策が進みます。

 英語で大吹雪を意味する Blizzard(ブリザード) と、独語でのこぎりなどのギザギザの歯を意味する Zacke(ツァッケ) とを組み合わせ BLIZZAK と名付けたという。1988年に発泡ゴムを採用した乗用車用スタッドレスタイヤの発売がきっかけです。2016年シーズンで28年を迎えました。
ブリヂストン性能比較表へ

 1985年に投入された GUARDEX(ガーデックス)の後継ブランドとして2002年に誕生しました。TVCMはブレのないアイス路面での効きを強調します。印象深いのはイメージキャラクターとして登場した織田裕二かな。2016年からSUV/4×4専用も iceGUARD に統一されました。
ヨコハマ性能比較表へ

 それまでの GRASPIC(グラスピック)そして DSX に代わり2012年に投入されました。ダンロップ史上、断トツNo.1の氷上性能実現 を開発コンセプトとしています。2013年には GRANDTREK(グラントレック) で展開していたSUV/4×4専用も WINTER MAXX として登場しています。今シーズンは「02」進化で同社史上最高傑作を謳います。
ダンロップ性能比較表へ

 乗用車用の GARIT(ガリット)から2014年にかつてのブランドであった OBSERVE(オブザーブ) 回帰を果たしました。その前年、既にSUV/4×4専用がそれまでの Winter TRANPATH(ウインター トランパス)から転化を図っています。これにより乗用車用も統一した、という結果になるか。Winter TRANPATH はミニバン用として残ります。
トーヨー性能比較表へ

 名前の由来はドイツ語の Eis(氷) と Utopia(理想郷)から。元々は 旧オーツタイヤ のスタッドレスブランドであったものを住友ゴムとの合併後も維持しています。オーツ「ESPiA E3」などだったかな? なお、ファルケン(FALKEN)はドイツ語で(鷹)を意味し、やはり オーツ のブランドでした。
ファルケン性能比較表へ

 2015年に住友ゴムとの提携解除で新たなグッドイヤーの姿勢を示すも、市場の混乱を回避する為にスムーズな切れ目のない移行を目指す、として現在も従来の ICE NAVI を継続します。いずれは GOODYEARブランドへスイッチし独自性を強調するのでは。
グッドイヤー性能比較表へ

 ミシュラン のスタッドレスは日本で30年以上の歴史を誇ります。1982年に「XM+S100」で登場し、現在の X-ICEシリーズ に移行したのは2004年から。2012年「X-ICE XI3」となりシリーズの第三世代を果たします。開発は日本の研究チームが中心となり北海道の士別にある開発センターで行われました。
ミシュラン性能比較表へ

 実は多彩です。 WINTER SOTTOZERO、WINTER SNOWCONTROL、SCORPION、ICE ASIMMERICO などいずれもプレミアムを目指した高性能が強調されます。しかし、国内では ICE ASIMMERICO の注目度が高い。2014年に国内正式販売でありまだシリーズ展開には至らず。
ピレリ性能比較表へ

 その名の通りドイツを強く印象付ける響きでは。それまで 横浜ゴム が取り扱いを行うも2014年 コンチネンタルタイヤ・ジャパン 設立により独自展開が開始されました。但し現在のラインアップは1製品のみに留まります。
コンチネンタル性能比較表へ

関連情報
【東北地方】冬用タイヤ装着状況調査 2016
【北海道】冬用タイヤ装着状況調査 2016

■ スタッドレスタイヤに関する様々な知識

stud
  • スタッドレスタイヤの知識
  • スタッドレスタイヤ、そして冬環境に対する理解も深めること重要では。いろんな危険が潜む厳しい走行条件で安心、安全を心掛けたい!
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る