新生グッドイヤーはその歴史からこう展開される

 世界3大タイヤメーカーの一角がグッドイヤーです。2015年に住友ゴムとのアライアンス契約および合弁事業を解消。これにより世界でのダンロップブランド使用の線引きが改められ、グッドイヤーは北米の市販タイヤ、非日系自動車メーカー向け新車用タイヤ、そして欧州での市販・新車用タイヤの権利を保持することになりました。

 また日本国内では、市販タイヤおよび新車用タイヤともにグッドイヤーの権利が回復し、純粋にグッドイヤーの展開となる訳です。但し、市場の混乱を回避する為にスムーズな切れ目のない移行を目指すとしており、現在でも従来ラインアップの継続が見られます。

 現状は複雑化した戦略がいろいろ絡んでいます。これを受け入れる上でもグッドイヤーの歴史を理解することは必要ですね。

16011903東京オートサロン2016

 1898年にザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニーは、米国オハイオ州にフランク・A・セイバリングによって創立。1916年には世界最大のタイヤメーカーとなる。社名のグッドイヤーは1839年ゴムの加硫法を発見したチャールズ・グッドイヤーの名に由来しています。

 1951年ブリヂストンと生産、技術に関する提携契約。同工場ではグッドイヤーブランドのタイヤ生産を開始。1979年には技術提携契約を解消しています。

 その間の1952年日本グッドイヤーを設立。1965年F1へ初参戦しメキシコGPで初優勝。1971年ムーンタイヤを開発しアポロ14号の月面車に装着されました。1977年F1で100勝を達成、1994年300勝、1997年360勝を達成。1998年末にF1から撤退し30年以上に渡る活動を終了しています。

 1999年住友ゴムと株式の相互持ち合い、タイヤ事業におけるグローバル・アライアンスを締結。これによりダンロップの経営権を欧州と北米ではグッドイヤーが、日本では住友ゴムが主導権を握ることになりました。

 両社合計で22%という世界最大の市場シェアを確保。これに伴いグッドイヤーの日本法人である日本グッドイヤーは住友ゴムの子会社となり、国内生産品は住友ゴムにより開発から生産まで行われます。

 そして2015年アライアンス契約および合弁事業を解消し、国内ではグッドイヤー100%出資の日本法人として日本グッドイヤーが復帰します。

 最後にグッドイヤーのロゴマーク、そうGOODとYEARの間にある羽の付いた靴について触れたい。これ「ウイングフット」と呼ばれます。

 古代神話の神マーキュリーが由来、マーキュリーとは英語、ラテン語でメルクリウスと呼ぶそう。商人や旅人の守り神として知られるんだとか。で、この守り神の足元には羽があるんです。足に羽があるのは商売に縁起がいい、と考えたようです。

タイヤメーカーの歴史

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336