アジアンタイヤリアルレポートも再構築でお届け!

アジアンコンフォートタイヤ性能比較

 カテゴリー配置でコンフォートはスポーツと相反する位置付けです。路面からの衝撃吸収や静粛性などトータルでの快適性能を特徴とします。一方スポーツはグリップ性能を最大の特徴としています。

 アジアンコンフォートの訴求は静粛性や乗り心地にポイントが置かれ、方向性として曖昧さは感じません。しかし、高度な快適性を発揮する製品から更なる性能向上が強く望まれるものまで性能差が最も大きい、と感じられるカテゴリーでもあります。

 グリップ性能の追求を得意として来たアジアンタイヤ、しかしながら近年はコンフォートに対する拘りが強化されています。その結果、豊富なラインアップを形成しこの点は理想的な展開を果たしています。

2020年ラインアップは充実

 2020年シーズンは認知向上を果たしたHIFLY、ZEETEX、MOMO、RADAR、MINERVA、MAXTREKなどを強調。そしてROADSTONE、NEUTONを本格掲載、これに従来からのNANKANGとATR RADIALなどが加わり充実展開を実現します。

 いずれも中国を中心にインドネシア、タイなど製造国は多彩、低価格を求めるユーザーへの訴えが響きます。

 製品レベルに着目すると、スポーツコンフォートへの可能性も謳うHIFLY「HF805」は評価向上が著しい。Value for Money として価格に対し最大の価値を提供するZEETEX「HP2000 vfm」もいい感じ。また高速安定性に優れたハイパフォーマンスとしてMOMO「OUTRUN M-3」も見逃せない。

 ROADSTONE、そしてNEUTONからは「N’blue Eco SH01」と「NT8000」です。双方とも環境性能に優れたエコ対応製品を謳います。更にATR RADIALには「PLATINUM HP」が加わりました。従来よりもコンフォートへの注力を高めより洗練されたことがアピールポイントです。などラインアップはスポーツ同様の充実度を誇ります。

プレミアムコンフォートの位置付け

 アジアンタイヤには、極上の快適性を追求するプレミアムコンフォートカテゴリーを設定していません。プレミアムコンフォートは快適性への追求が最上級と捉えられ、その他の性能も標準以上の高レベルが要求されます。正直アジアンタイヤでは厳しい、と判断しました。

 しかし、コンフォートとしての進化は年々向上しており、将来的にはこのレベルでは飽き足らないプレミアムコンフォートの配置が検討されることを望みます。

 また低燃費への意識も高まり、以前のようなエコを唱えるだけ? から実性能として確実な進歩が見られます。国内低燃費タイヤの既定を満たす製品はそれを実証します。

 ただこれ以上の実現はハードルが高く、価格との兼ね合いを検討しなければなりません。価格上昇でも追及レベルを高く求めることはアジアンタイヤとして魅力が半減する、と考えるケースがあるでしょう。

 この中で唯一として挙げられるのがNITTO「NT830」では。ウルトラ ハイ パフォーマンス コンフォートを謳い、高速スタビリティに優れ、静粛性と快適な乗り心地の実現が最大アピールポイントになります。これだけは別格かな。

アジアンコンフォートタイヤ性能比較

NANKANG

RX615

静粛性の高さが謳われる。アジアンタイヤレベルとしてコンピュータを駆使した先進的デザイン採用。複雑に刻まれた溝の効果が性能を大きく左右する。

NANKANG RX615 詳細

ECO-2+(Plus)

「ECO-2」の後継。独自配合のシリカをコンパウンドに採用しポリマーの連結を果たすことで転がり抵抗低減に加えウェットグリップの向上も実現する。

NANKANG ECO-2+ 詳細

N-605

ウェット性能と静粛性、偏摩耗の抑制に優れたコンフォート。カテゴリーを横断する汎用性は感じられるものの車種の絞込み強く車種フォローが懸念?

NANKANG N-605 詳細

XR611

ノイズを抑えた高い静粛性、安定したグリップ力と排水性、更にウェットの安定性を発揮。軽カーからセダン、ミニバンまで対象にし使い勝手の良さ。

NANKANG XR611 詳細

ATR RADIAL

PLATINUM HP

従来品をハイパフォーマンス化、名称の「HP」はハイパフォーマンス。コンフォートへの注力を高めより洗練されたことがアピールポイント。

PLATINUM HP 詳細

CORSA 2233

ブランドとの差別化で快適性へ独自の進化を遂げる。OUT側でハンドリング性能とウェット性能を高め、IN側で静粛性と乗り心地の良さを狙う。

CORSA 2233 詳細

HIFLY

HIFLY HF805

快適性にプラスした運動性能を特徴としスポーツコンフォートへの可能性も謳う。しかしコンフォートとしての静粛性と快適性が評価へ期待。

HIFLY HF805 詳細

ZEETEX

HP2000 vfm

左右非対称パターンは静粛性に優れ快適ドライブを演出。名称の vfm とは Value for Money のこと。価格に対し最大の価値を提供。

ZEETEX HP2000 vfm 詳細

DAVANTI

DX390

スタンダード寄りでは? というイメージがあるもそこはメーカー主張を尊重。低燃費と快適性を実現するオールラウンドだという。

DAVANTI DX390 詳細

MOMO

OUTRUN M-3

高い静粛性と快適性を保持し、スポーツ性能も誇るMOMO最高級グレード。トレッド剛性を高めあらゆる路面環境で確かなグリップ性能発揮。

MOMO OUTRUN M-3 詳細

RADAR

Dimax R8+(ミニバン/SUV)

コンフォートに加えレスポンス性能の高さが主張点。従来品は「Dimax R8」、プラス進化で得たのは静粛性に耐摩耗性、そして低燃費。

RADAR Dimax R8+ 詳細

VERENTI R6

迅速なステアリングレスポンス、静かな乗り心地、そして快適性を実現する革新的な非対称パターン採用。中国製多数の中インドネシア製。

RADAR VERENTI R6 詳細

RZ500

コンフォートスタンダードレベルのフォローに長ける。非対称パターンを採用し快適性を最大特徴とすることで軽快なドライビングを謳う。

RADAR RZ500 詳細

ROADSTONE

N’blue Eco SH01

環境性能に優れたエコ対応商品を謳う。転がり抵抗の低減はシリカベースのコンパウンド、そしてグリーンテクノロジーによる効果を強調。

N’blue Eco SH01 詳細

N5000 Plus

コンパウンド等の変更がその本質のプラス(Plus)進化、今回はパターンに対する大幅な変更にも及んでおりそのレベルは相当なものと判断。

N5000 Plus 詳細

CP672

繊細な溝によるブロック構成、その効果による先進的な印象に期待。スタンダードに不満がある人はベーシックコンフォートを是非試して。

ROADSTONE CP672 詳細

NEUTON

NT8000

採用するのは左右で異なる革新的な非対称パターン、これによりトラクションを発揮しつつも静粛性と乗り心地の良さを訴える。

NEUTON NT8000 詳細

MINERVA

EMI ZERO UHP

多彩な路面状況下でも高い接地性と十分なブレーキング性能を発揮。ウェットでは幅広の溝展開で有利となる排水性向上が謳われる。

EMI ZERO UHP 詳細

MAXTREK

MAXIMUS M1

4本の縦溝構成でグリップ性能や高い排水性を強調。カーカスにダブルレイヤのスチールベルトとナイロンコードを採用し剛性強化。

MAXIMUS M1 詳細

FORTIS T5

より実用域での使用には「MAXIMUS M1」をまず検討。それを超えカスタムやより大型の装着を求めるなら「FORTIS T5」になるかと。

FORTIS T5 詳細

NITTO

NT830

UHPコンフォートを謳い、高速スタビリティに優れ、静粛性と快適な乗り心地を実現しているのが最大のアピールポイント。

NITTO NT830 詳細

FEDERAL

FORMOZA AZ01

ウェットグリップと静かな走りを実現するエコタイヤ。従来品は「FORMOZA FD2」。ミニバンもフォローする特徴を維持、低燃費も注目。

FORMOZA AZ01 詳細

FORMOZA FD2

「FORMOZA FD1」の進化。ミニバン装着も推奨。ドライバーの目線が高くなっても振動と視線のブレを軽減させる効果を狙う。

FORMOZA FD2 詳細

NEXEN

N7000 Plus

Plusの本質はコンパウンドの変更。従来「N7000」の特性は「N5000」の性能を踏襲し快適性が更に高性能化したこと。そこが更にプラス。

NEXEN N7000 Plus 詳細

N’blue HD Plus

従来品「N´Blue HD」を低燃費タイヤ化したものが「N´Blue HD Plus」。ラベリング制度は「A/a(一部「b」「c」)」。

N’blue HD Plus 詳細

アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました