サイトの全面改良は厳しい修行に‥

アジアンタイヤ性能比較(カテゴリー展開)

 アジアンタイヤはコストパフォーマンスに優れ、見出されたのはドリフトユーザーからかな。利用価値の高さを示したことは間違いないでしょ。しかし、現在の普及状況を考えるとそれだけではない。

 車種特性を踏まえカテゴリーへ最適な製品投入を図ることで、ドリフトユーザーに留まらず一般ユーザーへも主張を高めたのでは。ここが重要。タイヤはいずれかのカテゴリーに括られます。これにより愛車に最適な製品としての選択が可能となります。

 カテゴリーでフラッグシップを誇ってきたのはスポーツです。グリップ性能の高さが特徴となりハイレベルなタイヤをラインアップします。しかし、現在車種構成の多様化によりカテゴリー展開もそれに沿い複雑化し、当然ながら投入される製品はカテゴリー特性に見合うことが望まれます。

 正直アジアンタイヤはカテゴリー間での線引きに曖昧さが見られ、専用性への拘りが必ずしも統一されたものではありません。かつてのエコタイヤ黎明期がそうであったように、主張さえすればそれが受け入れ対象に括られます。

 しかしながら、その後の低燃費タイヤへの進化では性能の具体性がラベル表示によって公正に見出すことが可能になりました。製品特性はやはり根拠があって主張を高めたいところです。この点の実現レベル、アジアンタイヤはいまだ発展途上なのが正直なところです。

 それでもプラス発想で展開すれば、カテゴリー横断の可能性を見出します。特に剛性面で優れるスポーツは、汎用性に対して最も大きな可能性を示します。メージャーに比較して大雑把な点は否めない。それでもこの特徴を好意的に捉えるユーザーは少なくないかと。個人的には醍醐味、と受け止めますが‥

カテゴリー別性能比較

アジアンスポーツタイヤ性能比較
 アジアンタイヤで絶対的なグリップ性能に優れているスポーツ系、その追求に変化は見当たらず。トレッド面は幅広の溝が刻まれ、面積を確保したブロックがスパルタンな雰囲気を漂わせています。いかにも! ‥
アジアンスポーツコンフォートタイヤ性能比較
 一般にスポーツコンフォートカテゴリーは、スポーツの絶対的なグリップ性能には及ばないまでも、程よい快適性を備えることで性能両立を果たします。  その中でスポーツをベースにコンフォート性能‥
アジアンコンフォートタイヤ性能比較
 カテゴリー配置でコンフォートはスポーツと相反する位置付けです。路面からの衝撃吸収や静粛性などトータルでの快適性能を特徴とします。一方スポーツはグリップ性能を最大の特徴としています。  ‥
アジアンミニバンタイヤ性能比較
 ミニバンは車重があり重心が高い為に、コーナーリング時にタイヤの外側へ荷重が移りやすくふらつく傾向にあります。安定性を保つには大きな荷重に耐えられるものでなくてはなりません。これを第一に、更に‥
アジアンスタンダードタイヤ性能比較
 スタンダードカテゴリーは、基本性能と経済性をバランスよく併せ持つタイヤの標準モデルをラインアップします。  サイズバリエーションが豊富で、軽/コンパクトカー、ミニバンやセダンまで幅広い‥
アジアンSUVタイヤ性能比較
 一般にSUVタイヤと言えば主にオンロードを謳う傾向です。オン・オフ対応のオールラウンドやオフロードは、4×4タイヤに括られるケースが多いのでは。  双方含めその種類は次のように大別され‥
アジアンエコタイヤ性能比較
 エコタイヤは環境性能に優れた製品とも言われます。転がり抵抗を低減させることで燃費向上を図ります。  但し、低燃費のみは飽くまでもエコの一面でしかないのです。素材改良などにより廃棄等で発‥
アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました