2021年シーズン アジアンタイヤの特徴を示す!

アジアンタイヤカテゴリー別性能比較

 アジアンタイヤはコストパフォーマンスに優れ、見出されたのはドリフトユーザーから、というのは「アジアンタイヤとは? 基本理解を深める」のモータスポーツドリフトで火が付く! で伝えている通りです。

 利用価値の高さを示したことは間違いないでしょ。しかし、現在の普及状況を鑑みるとそればかりではないはずです。

 車種特性を踏まえタイヤカテゴリーへ最適な製品投入を図ることで、ドリフトユーザーに留まらず一般ユーザーへも主張を高めたと考えます。ここが重要。タイヤはいずれかのカテゴリーに括られます。愛車に最適な製品として選択支に加えられた、これで十分という発想が見出された結果かと。

 カテゴリーでフラッグシップを誇って来たのはスポーツです。グリップ性能の高さが特徴となりハイレベルなタイヤをラインアップします。しかし、現在車種構成の多様化によりカテゴリー展開もそれに沿い複雑化。当然ながら投入される製品はカテゴリー特性に見合うことが望まれます。

 しかしながら、正直なところアジアンタイヤはカテゴリー間での線引きに曖昧さが見られ、専用性への拘りが必ずしも統一されたものではありません。かつてのエコタイヤ黎明期がそうであったように、主張さえすればそれが受け入れ対象に括られます。

 ただその後の低燃費タイヤへの進化では性能の具体性がラベル表示によって公正に見出すことが可能になりました。製品特性はやはり根拠があって主張を高めたいところです。この点の実現レベル、アジアンタイヤはいまだ発展途上なのが課題かと。

 それでもプラス発想で受け入れるとすれば、カテゴリー横断の可能性を見出します。特に剛性面で優れるスポーツは、汎用性に対して最も大きな可能性を示します。メージャー製品に比較して大雑把な点は否めない。それでも特徴を好意的に捉えるユーザーは少なくない。個人的には醍醐味、と受け止めます。

アジアンタイヤは7つのカテゴリーに集約

 既述の通りアジアンタイヤにおいてカテゴリーの中心はスポーツです。メジャー製品がスポーツの細分化を図る中、一貫した姿勢でスパルタンな雰囲気を漂わせています。特にSタイヤを思わせるドライグリップへの傾倒した製品が人気。これがアジアンスポーツタイヤの特徴です。

 対極するコンフォートは残念ながらプレミアムへの流れは難しい。それでもラインアップ数の多さはメーカーの強調した施策であり、重要度はスポーツに次ぐ位置付けになるかと。

 また近年大人気のSUVに対してはアジアンタイヤも強化が進みます。オンロードのH/T対応が圧倒的なボリュームを誇ります。更にオールラウンドのA/TやオフロードのM/Tの露出も増えています。サイズは大口径化が際立ち、大型SUVへ向けられたものからドレスアップまで対応可能では。

 厳しいのはミニバンかな。専用を主張する製品は最小。既存はスポーツやスポーツコンフォート、そしてコンフォートなどの一部が代用として選択肢へ。求められるふらつきや偏摩耗などの抑制には対応性を示します。

 スタンダードはコストパフォーマンスに優れる代表格。サイズによるけれど驚くような価格設定を実現しています。ただ性能面では飽くまでも標準重視であることを理解すべきです。これらにスポーツコンフォートとエコを加え、カテゴリーの構築を実現します。

スポンサーリンク

カテゴリー別性能比較

スポーツ

 アジアンタイヤで絶対的なグリップ性能に優れているスポーツ系、その追求に変化は見当たらず。トレッド面は幅広の溝が刻まれ、面積を確保したブロックがスパルタンな雰囲気を漂わせています。いかにも! と思わせるのがアジアンスポーツタイヤの特徴です。

アジアンスポーツタイヤ性能比較
 アジアンタイヤで絶対的なグリップ性能に優れているスポーツ系、その追求に変化は見当たらず。トレッド面は幅広の溝が刻まれ、一定面…

スポーツコンフォート

 スポーツコンフォートカテゴリーは、スポーツの絶対的なグリップ性能には及ばないまでも、程よい快適性を備えることで性能両立を果たします。その中でスポーツをベースにコンフォート性能を持つタイプと、コンフォートをベースにグリップ性能を持つタイプに区分けされます。

アジアンスポーツコンフォートタイヤ性能比較
 一般にスポーツコンフォートカテゴリーは、スポーツの絶対的なグリップ性能には及ばないまでも、程よい快適性を備えることで性能両立…

コンフォート

 コンフォートはスポーツと相反する位置付け。アジアンコンフォートの訴求は静粛性や乗り心地にポイントが置かれ、方向性として曖昧さは感じません。しかし、高度な快適性を発揮する製品から更なる性能向上が強く望まれるものまで性能差が最も大きい、と感じられるカテゴリーでもあります。

アジアンコンフォートタイヤ性能比較
 カテゴリー配置でコンフォートはスポーツと相反する位置付けです。路面からの衝撃吸収や静粛性などトータルでの快適性能を特徴としま…

ミニバン

 ミニバンカテゴリーは後発です。これまでは剛性の高いスポーツやコンフォートなどによってフォーローがなされていました。最新のアジアンミニバンはどうよ? 専用性を欠く現状に最新ラインアップも正直苦しい展開が見えています。

アジアンミニバンタイヤ性能比較
 ミニバンは車重があり重心が高い為に、コーナーリング時にタイヤの外側へ荷重が移りやすくふらつく傾向にあります。安定性を保つには…

スタンダード

 スタンダードカテゴリーは、基本性能と経済性をバランスよく併せ持つタイヤの標準モデル。サイズバリエーションが豊富で、軽/コンパクトカー、ミニバンやセダンまで幅広い車種フォローを可能にするのが特徴です。しかし、コストパフォーマンスに優れるも飽くまでも標準性能重視。

アジアンスタンダードタイヤ性能比較
 スタンダードカテゴリーは、基本性能と経済性をバランスよく併せ持つタイヤの標準モデルをラインアップします。  サイズバリエー…

SUV

 SUVカテゴリーの全体的な傾向は、より高性能さがイメージされるオンロードのH/T対応が圧倒的なボリュームを誇ります。対してオールラウンドのA/TやオフロードのM/Tは数で劣ります。またサイズは大口径化が際立ち、大型SUVへ向けられたものからドレスアップまで対応します。

アジアンSUVタイヤ性能比較
 一般にSUVタイヤと言えば主にオンロードを謳う傾向です。オン・オフ対応のオールラウンドやオフロードは、4×4タイヤに括られる…

エコ

  国内市場が低燃費タイヤ普及に進む中、アジアンタイヤも基本はその流れに沿ったものです。ブランド展開が区別される1st.グループはは、既に国内低燃費タイヤのラベリング制度で規定を満たす製品を発売し更なる熟成を進めます。一方NANKANGなどの2ndグループも拘りが増しジワリ実現への可能性を高めるも正直まだ物足りない。

アジアンエコタイヤ性能比較
 エコタイヤは環境性能に優れた製品とも言われます。転がり抵抗を低減させることで燃費向上を図ります。  但し、低燃費のみは飽く…
スポンサーリンク
運営者

タイヤに特化した専門サイト! 単身オリジナル情報の発信に励む、2006年開設です。

スポンサーリンク

タイヤメーカー(人気ピックアップ)

NANKANG(ナンカン)タイヤ性能比較

NANKANGタイヤ、1959年創業の台湾メーカーです。何と読めばいい? ナンカングかな・・ ナンカンです。現在は認知され正しい読み方は定着した、と思います。英‥

NITTO(ニットー)タイヤ性能比較

NITTO(ニットー)はトーヨータイヤの輸出用ブランド、特に北米を中心とした展開が顕著です。一定層に人気がある、一定層とはまぁコアなファンとでも言えばい‥

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)タイヤ性能比較

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)は国内でのブランド名。メーカーはインドネシアの PT Multistrada Arah Sarana Tbk.=通称 MASA です。1991年に‥

ZEETEX(ジーテックス)タイヤ性能比較

ZEETEX(ジーテックス)は、ドバイを拠点にしている大手タイヤディーラーであるZAFCOのPBであり、ブランド誕生は2005年です。ZAFCOは1993年に設立され‥

HIFLY(ハイフライ)タイヤ性能比較

HIFLY(ハイフライ)タイヤはやや異なる手法で国内導入を果たしました。最初の投入製品はスタッドレスタイヤ「Win-turi 212」から。正直どうよ? の見方が強か‥

スポンサーリンク
アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました