アジアンタイヤリアルレポートも再構築でお届け!

MAXTREK(マックストレック)タイヤ性能比較

 MAXTREKは マックストレック と読む。なんか格好いいんですけど中国メーカーです。2006年に設立されたというので歴史は浅い。広東肇慶駿鴻実業有限公司 が企業名、そのブランドがMAXTREK(マックストレック)です。

 正式にタイヤ生産をスタートさせたのが2007年10月から、年間生産量は700万本を達成するレベルまで成長。開発したタイヤパターンは20種以上、サイズは500種以上です。

 ラインアップは、UHP、ダート、そして冬タイヤまで至ります。国内へは2012年にSonny Rubberが日本支社として設立されました。導入シリーズは次の通りです。

 スポーツ「INGENS(インゲンス)」、コンフォート「MAXIMUS(マキシマス)」、コンフォート「FORTIS(フォルティス)」、スタンダード「SIERRA(シエラ)」、SUV「SU(エスユー)」、そして冬タイヤ「TREAK(トレック)」です。グローバルでは更なるシリーズ展開を確認する事が可能です。

 中国メーカーは、台湾や韓国とはワンランク性能差があるような。飽くまでもイメージですが・・ それでも導入サイズの多彩さには好感を得ることが多い。利用価値を見出せればこれでもいい、という選択に対応しやすい。

 そうそう、「FORTIS T5」の展開はかなり異質。サイズは19 ~ 22インチを設定、驚くサイズばかりです。カスタムや大型の装着へ向けられているのでしょう。

MAXTREKタイヤ性能比較

 ブランド配置は、スポーツ「INGENS(インゲンス)」、コンフォート「MAXIMUS(マキシマス)」、コンフォート「FORTIS(フォルティス)」、スタンダード「SIERRA(シエラ)」、SUV「SU(エスユー)」など。

コンフォート

MAXIMUS M1

4本の縦溝構成でグリップ性能や高い排水性を強調。カーカスにダブルレイヤのスチールベルトとナイロンコードを採用し剛性強化。

MAXIMUS M1 詳細

FORTIS T5

より実用域での使用には「MAXIMUS M1」をまず検討。それを超えカスタムやより大型の装着を求めるなら「FORTIS T5」になるかと。

FORTIS T5 詳細

アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました