7月も怒涛のキャンペーン! お得を是非見出したい

DAVANTI(ダヴァンティ)タイヤ性能比較

 DAVANTI(ダヴァンティ)は英国メーカー。(製造は中国) コンパクトからミドルサイズ、そしてSUVまで対応する4製品が一気にラインアップされました。

 まずは「DX240」、ウェット・ドライともに優れたグリップ力を備えたコンパクトカー用で静粛性に優れた製品だという。「DX390」は低燃費と快適性を実現するオールラウンド。「DX640」はハイグリップかつ高性能を持ち合わせたパッセンジャーカーとSUV向け。「DX740」はミニバン、SUVに向けられ専用性を高めます。

 米国メーカーARMSTRONG(アームストロング)もそうだけれど、DAVANTIも正直よくわからなかった‥ まだまだ修行不足です。そこは今後がんばるとして、肝心なのは英国メーカーとしての得意性なによ? 現時点で伝えられるのはこんなところかな。

 全てが専門的な技術や高度な製造工程をもとに革新的に開発されているよう。あらゆる厳格なテストを経て完成していることを強調! 英国の自動車試験機関「TREAD」やドイツに拠点を置く「IFV」などでのテストを経て実証、ハイパフォーマンス製品であることを伝えます。

 その結果注目すべきはそのパフォーマンスの高さ。原材料からデザイン、実際の製造に至るまで、ロングライフの実現とあらゆる環境条件下でも卓越したパフォーマンスを提供すること、ここ最大主張です。

 なお今回もアジアという枠を超えながらも、アジアンタイヤで括るのはこれまで伝えてきた考え方から。それを敢えて踏襲、DAVANTI(ダヴァンティ)の製品展開を伝えます。

DAVANTIタイヤ性能比較

 DAVANTIのラインアップはほぼ全域に、というイメージ。「DX390」はオールラウンドに主張を展開。「DX640」はハイグリップかつ高性能を持ち合わせたパッセンジャーカーとSUV向け。「DX740」はミニバン、SUVへの専用性を謳います。

スポーツコンフォート

DX640

ターゲットはパッセンジャーカーとSUVだという。既存サイズは16 ~ 22インチ、30 ~ 60%扁平まで構築するし、なるほど! これならパッセンジャーカー、いわゆるUHPへの主張も頷けそう。従ってこれメインにスポーツコンフォートへポジショニング!

製品詳細

コンフォート

DX390

コンフォートにポジショニング。スタンダード寄りでは? というイメージがあるもそこはメーカー主張を尊重。低燃費と快適性を実現するオールラウンド。コンパクトからミドルカーに対応する左右非対称パターンを採用。機能性を重視した専用設計。

製品詳細

スタンダード

DX240

13 ~ 14インチのみを設定するスタンダード。ターゲットは軽カーなど絞り込まれそう。ただ街中での小回りや車庫入れ時などの据え切りによって偏摩耗しやすい車種特性を持つ軽カーには偏摩耗を大幅に抑制、ライフ性能への貢献が期待される。

製品詳細

SUV

DX740(H/T)

「DX740」の主張は燃費の効率化、そして静かで快適なドライブを提供すること。また専用設計となる非対称トレッドパターンを採用。SUV特有の車種特性を最大化しつつも、ウェット&ドライグリップをバランスし、滑らかで快適なドライブを提供。

製品詳細

アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました