2021年シーズン アジアンタイヤの特徴を示す!

アジアンタイヤリアルレポート

 リアルレポートは掲載するタイヤ情報を有効に伝える役割のひとつです。多彩な条件で体感し、その時々の印象を示します。期間も相応に渡りお伝えすることで高い評価を得ています。

 タイヤにとっての興味は性能、走りの本質を知りたいのは当然でしょ。ある意味人柱かな。ただ体感は人それぞれだし、車種や環境によっても随分異なります。従って、こうだ!と断定することは一般的に難しい、と考えます。飽くまでもニュアンス的なレベル、イメージで捉えて欲しいのが本音です。

 採用製品はメーカー等のサポートなどありません。その時の興味や注目度の高さなどから独自に判断し自腹購入が基本です。なので率直な感想が可能。ただそこは私の性格もあって言葉の選択は慎重に行っているつもりです。直接的な否定を好む人が居るだろうけれど、私は好きじゃないんです。駄目な物をいいとは言いません、でも言い回しがあるはずだしそこは丁寧に、が拘るところです。

 当サイトはバイヤーズガイドじゃない、そんな偉い立場にありません。いろんな手段で得た情報を有効に伝えるのが役割です。そのひとつがリアルレポート、最終判断は皆さんにおまかせします。

 意欲満々だし可能な限り伝えていくつもりです。現状はスタッドレスまで及ぶもまだ限られた製品止まりです。絶対数に満足していません。今後更に拡大の予定です。が‥ 実は愛車に問題があってその後に繋がりません。サポートしてくれるのなら是非愛車の方を、嘘です。

 愛車は相当年を取っており足回りギコギコ、シートもへたり気味で正確な体感が難しい状況にあります。この事情を抱え新たに購入を検討するも、いかんせん資金が何とも乏しくいまだ目処立たず。何でもいいから買っちゃえ、というイケイケにはなれなくて。いずれにしてもこのままではねぇ、何とか決着つけて新たなトライを果たしたいと考えています。

 問題解決しないけれど細かいことは気にしない! 2020年8月から再開しました。

スポンサーリンク

製品別リポート

夏タイヤ

第1回 アジアンタイヤの選択-どのタイヤにするか悩む - アジアンタイヤ リアルレポート

スタッドレスタイヤ

スポンサーリンク
運営者

タイヤに特化した専門サイト! 単身オリジナル情報の発信に励む、2006年開設です。

スポンサーリンク

タイヤメーカー(人気ピックアップ)

NANKANG(ナンカン)タイヤ性能比較

NANKANGタイヤ、1959年創業の台湾メーカーです。何と読めばいい? ナンカングかな・・ ナンカンです。現在は認知され正しい読み方は定着した、と思います。英‥

NITTO(ニットー)タイヤ性能比較

NITTO(ニットー)はトーヨータイヤの輸出用ブランド、特に北米を中心とした展開が顕著です。一定層に人気がある、一定層とはまぁコアなファンとでも言えばい‥

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)タイヤ性能比較

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)は国内でのブランド名。メーカーはインドネシアの PT Multistrada Arah Sarana Tbk.=通称 MASA です。1991年に‥

ZEETEX(ジーテックス)タイヤ性能比較

ZEETEX(ジーテックス)は、ドバイを拠点にしている大手タイヤディーラーであるZAFCOのPBであり、ブランド誕生は2005年です。ZAFCOは1993年に設立され‥

HIFLY(ハイフライ)タイヤ性能比較

HIFLY(ハイフライ)タイヤはやや異なる手法で国内導入を果たしました。最初の投入製品はスタッドレスタイヤ「Win-turi 212」から。正直どうよ? の見方が強か‥

スポンサーリンク
アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました