アジアンタイヤリアルレポートも再構築でお届け!

NITTO NT555 G2 の特徴

概要

NT555 の後継ながら注目するのは快適性

従来品「NT555」の後継。高出力ハイエンドカーに対応しハイパワーを路面にしっかり伝えながらも、転がり抵抗とウェットグリップを高次元で両立。メイン市場北米で認知。

製品情報

 NITTO「NT555 G2(エヌティ555 ジー2)」は、従来品「NT555」の後継です。高出力ハイエンドカーに対応し、ハイパワーを路面にしっかり伝えながらも、転がり抵抗とウェットグリップを高次元で両立した製品です。

 メイン市場となる北米で先行し、市場認知が小さい日本国内では後れての登場になりました。これってショウガナイ。やはりここまで特化した性能指標は北米を大きく意識したものですから。

 その性能には注目したい。元来からグリップ追求型というよりは、スポーツコンフォート並みの快適性を期待させるもの。従って最新でもその追求は変わらず。またアート オブ タイヤ と呼ばれる斬新さはかなり抑えられたイメージです。

 パターンは従来のコンセプトを継承するもデザイ性の違いは大きい。従来は太く刻まれた3本の縦溝、そして整然と刻まれた細溝のコンビネーションでした。

 対して「G2」の縦溝は4本? いや5本? 新たにツインセンターリブを採用、ブロックにはテーパーを設けることで溝容積を確保しつつ、コーナリング安定性とグリップ力を向上します。ハイパワー車のトラクション性を高めるため275セクション以上には大型ブロックを採用しました。

 コンパウンド技術は Nano Balance Technology を駆使したゴム配合により、従来品比較でウェット制動距離を7%短縮しています。

 発売当初は、275/30R20 97Y XL ~ 215/50R17 95W XL まで。最も小さいのが17インチの50%扁平でした。そして最新は22インチまで拡大されています。ターゲットはプレミアム、当然インチアップやカスタムカーなどにも向けられます。

サイズ・購入

タイヤサイズ・購入

インプレッション

  • 投稿数 【1】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 平均評価値(5満点)
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4.0
  • 4.0
  • 3.0
  • 3.0
  • 4.0

Hieduncan さん
【購入年月】
2012年以前12月
【装着車種】
AE111 カローラレビン
【装着サイズ】
195/50R16
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
【インプレッション】

ハイリップタイヤとは思えない。
スタンダードタイヤじゃないの?
と思うくらい食い付きません。

ドライ、ウエット共に思っていた以下でした。
これ以前に履いていたポテンザ、プレイズと比較しても全然食わない。

ノードノイズはポテンザ以上に煩い。
乗り心地はフツー?

そして減ったらすぐ変えようと思っていたら、意外と長持ち。
でもリピートはないな。

これなら少し高くてもピレリのP1にする。
ちなみにP1は

ドライ3~4
ウエット4
静粛性4
乗り心地4
寿命5
です。

(2020/1/15)

NITTO NT555 G2 のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました