≫ FEDERALの国内展開が最新化!

アジアンオールシーズンタイヤ比較

 日本国内において、オールシーズンタイヤが徐々にだけれど評価を得るようになって来ました。夏・冬用の性能を兼ね備えた全天候型、特殊コンパウンドとトレッドパターンは季節を問わず多彩な路面コンディションに対応します。

 アジアンタイヤにおいてもよりグローバル化を目指す上でこの存在は見逃せません。アジアンオールシーズンタイヤの現状を含め、今後の展開へ期待を膨らませます。ということで注目製品など探っていこうかと思います。

スポンサーリンク

アジアンオールシーズンタイヤの現状

 アジアンオールシーズンタイヤの現状はどうよ? MINERVA(ミネルバ)タイヤ1製品‥ だったけれどDAVATI「ALLTOURA」が加わり2製品。これで今後拡大への可能性が出てきました。それでもラインアップ数においてはまだまだ不満。将来的な期待を寄せています。他メーカー(ブランド)も前向きに様子見の段階かと。

 様子見とは、アジアンオールシーズン云々よりもメジャー製品の動き。既に国内外の乗用車用、SUV用、更には4×4用も併せ12にも及ぶラインアップを実現します。僅か数年前には想像でも出来なかった躍進ぶり。

 その筆頭はグッドイヤーです。1977年世界初のオールシーズンタイヤ「TIEMPO(ティエンポ)」を発売。四季がより明確な日本特有の気候環境こそ向いている、と地道に訴えて来ました。風向きが変わってきたのは2019年シーズンから、国内メーカーも一気に参入を果たします。

 この状況にアジアンタイヤメーカーも国内導入へ向け前向きに。2021年シーズンにミネルバが「ALL SEASON MASTER」を導入開始。当初こそ14~17インチまで13の設定から、現在は13~18インチまで25に拡大しています。そしてDAVATI「ALLTOURA」が2022年6月に追加されました。

 重要な「スリーピークマウンテン・スノーフレークマーク(3PMSF)」を搭載、オールシーズンタイヤとしての性能要件を満たします。

 メジャー製品が冬場を過ぎても相応の注目を浴びていることを考えると、オールシーズンの可能性は拡大中、と捉えます。ただ現状だけでメジャー同様の導きは難しい。他メーカー(ブランド)も積極導入を是非実現して欲しい、と期待します。

アジアンオールシーズンタイヤ性能比較

DAVANTI

DAVANTIからまたひとつ国内導入が実現、オールシーズンタイヤ「ALLTOURA」がそれ。「M+S」は勿論のこと「スノーフレークマーク」を搭載し性能要件を満たす。サイズ展開は今後本格化するのでは。

ALLTOURA 詳細

MINERVA

「スノーフレークマーク」を刻印しオールシーズンタイヤとしての性能要件を満たす。トレッドデザインはその多くが採用すV字スタイルを踏襲。サイプは夏冬路面で効果的なグリップを実現する高密度3Dサイプを採用。

ALL SEASON MASTER 詳細

タイトルとURLをコピーしました