アジアンタイヤ 2024年シーズン最新化を果たす!!
プロモーションが含まれています

CEAT(シアット)タイヤ性能比較

 CEAT(シアット)タイヤはインドのタイヤメーカー。設立は1958年、ムンバイに本社を構えます。1982年からインドの複合企業(コングロマリット)RPGグループの傘下になる。同グループではフラッグシップ企業だという。

 1993年にヨコハマと提携。2021年の世界タイヤメーカーランキングでは27位に躍進。インドではビッグ4の一角を占める規模を誇ります。インド国内に7つの工場を有し、ディーラー数は約3,500店、年間約700万本のタイヤを販売。これによりインド国内でのシェアは13%、世界110ヶ国に製品を展開するグローバル企業です。

 日本国内のインドメーカー受け入れは記憶が正しければ無かったかと‥ そんなで正直未知数な部分が多いのも事実。

 しかしながら、当初はいずれも同様の考え方。インドネシアのATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)、 PT Multistrada Arah Sarana Tbk.=通称 MASAがフェードアウトの現状から、その後継としても期待されているはずです。

 アジアンタイヤとして日本展開はスポーツ、コンフォート、スタンダード、そしてSUVがラインアップされます。特にスポーツ、その実力がいかほどのものか興味大ありです。それを経て他カテゴリーへの可能性を広めます。

スポンサーリンク

CEAT(シアット)タイヤ性能比較

 スポーツ、コンフォート、スタンダード、そしてSUVをラインアップ。インド製の定着を図る「SportDrive」の性能は非常に興味が高まります。これで評価を得ることが可能なら、その他のカテゴリーへも波及すること間違いないかと。

スポーツ

国内初投入になるCEATのスポーツタイヤ。ショルダー剛性を高め安定性を向上、負荷のかかる高速域でもエネルギーのロスは最小限。コーナリングのコントロール性が高く、安定感のある走りを実現するという。

SportDrive 詳細

コンフォート

走りと快適性を搭載したコンフォート。左右非対称パターンは、ウェットで安心感のある走りを実現。またワイドな縦溝とOUT側のブロック剛性を高め、高速域においても正確で安定したハンドリング性能を発揮。快適な乗り心地も提供。

SecuraDrive 詳細

スタンダード

優れた低燃費性能、そしてCO2排出量の削減により環境にも優しいECOを謳う製品。転がり抵抗を低減するためトレッド部の剛性力を高め、摩耗ライフ性能を向上させるコンパウンドを採用し低燃費とロングライフを両立。

EcoDrive 詳細

SUV

左右非対称トレッドパターンを採用しツインショルダーブロックを構築。コーナリング時の安定感、そして重量のあるSUV特有のふらつきを低減するという、UHP(ウルトラ ハイ パフォーマンス)SUVタイヤ。

SportDrive SUV 詳細

タイトルとURLをコピーしました