7月も怒涛のキャンペーン! お得を是非見出したい

アジアンスタッドレスタイヤ比較

 アジアンタイヤ、その価格の安さは性能以外で特性にもなります。アジアンスタッドレスも同様の捉え方が可能かと。既存の走行環境ならこの性能レベルで十分、という判断にプラスして価格の安さが購入の決め手、というケースが見られます。

 国内市場はアジアンメーカーにとって非常に魅力的。これに反応すればスタッドレスも夏タイヤ同様のニーズを期待したい。その結果、近年はスタンダードからプレミアムまでを謳うなどラインアップの充実が進みます。ただ性能に対する評価はピンキリ、期待を抱くケースがある一方で残念、と捉える人も居るかと。

 一部メーカーでは、日本の雪質を理解すべく北海道を拠点に開発テストを敢行。雪国での日常的使用を想定したヘビーユーザーから都会派ユーザーまで幅広く対応し、日本専用設計を謳うなど製品レベルの向上を強く印象付けています。

 国内導入に際しては、懸案となることが多いサイズ設定もフォロー範囲が拡大しています。装着したくてもサイズが無い、というこれまでの残念さは解消されつつありそうです。これがピンかな。

 対してキリは、特にアイス路での対応性に厳しい見方があるかと。国内の冬環境にそぐわないケースです。なら非降雪地域の使用で価値を見出すことはどうだろう?

アジアンスタッドレスタイヤの特性を理解

 上述したようにアジアンスタッドレスの性能差は大きい。特にアイス性能は製品によりもっとも到達レベルに差があります。更にメジャーメーカーと比較したら、もうこれ厳しい評価が見られるのは当然かと。トーンダウンはショウガナイ。

 例えば、ブリヂストンなら先進素材として発砲ゴムの採用が有名。ゴムの中に極小の泡を取り込み水を吸い取ることから、スポンジに例えられることが多い素材です。滑りの原因となるタイヤと氷の間に発生する僅かな水膜を吸水し大きな威力を発揮します。

 アイス性能の高度化にコンパウンドの進化は欠かせません。この実現なくして高度なレベルに到達するのは難しい。但しこれだけでもダメ。そうトレッドデザインも大きな役割を果たします。

 ブロック構成、そこに刻まれるサイプ、そして主溝のあり方など。特に細溝となるサイプはエッジを張ることでアイス路への引っ掻きが期待されます。本数や刻みデザイン、方向性、壁面剛性など最適化によって性能向上へ繋がります。

 アジアンスタッドレスにとってコンパウンド追求のハードルは高い。従ってトレッドデザインに委ねる割合が目立ちます。それだけなら相応の進化を謳うのは可能。雪柱せん断力の基本技術を忠実に実現、これにより一定レベルの技術向上を果たします。

 現状メジャーメーカーの製品が6世代に進化、対して最新アジアンスタッドレスの最上位製品は2世代前あたりまで(2005年前後。ブリヂストン「BLIZZAK REVO」シリーズやヨコハマ「iceGUARD」シリーズの初期、ダンロップ「DSX」、ピレリ「ICESTORM」など)到達しているのでは、と言われる製品も出現し可能性の期待値は年々向上しています。

非降雪地域に向けて!

 非降雪地域でもスタッドレスタイヤが推奨される近年、それでも冬シーズンに1回あるかどうかの降雪でメジャー製品を購入するのはもったいない、と考える人は居るでしょう。そこでアジアンスタッドレスの可能性を探ってみます。

 夏タイヤは冬場気温低下時にゴムの硬化が進み、たとえドライ路面でも柔らかいゴムを持つスタッドレスより路面の密着が低下しグリップ不足が懸念されます。その境目は気温7℃です。これを意識、雪への対応が最大としながらも気温低下によるグリップ低下対策として選択を検討してもいいかと。

 素材技術に先進性が削がれると言ってもそこはスタッドレス、その専用性に託しても‥ ということです。

PBスタッドレスタイヤの躍進!

 PBはプライベートブランド、アジアンタイヤでも更に価格の安さと、そこそこの性能で受け入れが進み珍しいものではなくなりました。近年はスタッドレスへも波及、価格追求の目玉とされるケースが見られます。

 これら世界各国のPBタイヤの導入には当初こそ大丈夫? の扱いであったものが、安さを打ち出すことで普及に繋がり、今では認知を示すまでに成長している製品が見られます。アジアンメーカーのそれよりも2割ほど安く示されケースが見られるなど 安さ=魅力 を打ち出します。

 但し性能は価格プラスαレベルかと。未知数も多く詳細が見出せない為に曖昧な点がクリアになりません。などマイナス面も当然あります。そこを乗り越え相応の経過で実績と認知が進むZEETEXなどは注目ブランドです。

新シーズン各メーカーの施策!

 2019-2020年シーズンも従来に近い展開でスタート、しかしながら中盤で少しばかり変革を遂げました。ザックリながら話題のメーカーをピックアップし概要に触れようかと。区分けは2つ、アジアンタイヤ2nd.と1st.で見てみましょう。

アジアンタイヤ2nd.

 NANKANGの強調は今シーズンも普遍。更なる特性に触れ向上を強烈にアピールします。「ESSN-1」には、NANKANGに留まらずアジアンスタッドレスタイヤ全体をも牽引する役割が期待されています。ラインアップ数の多さからもそれが伺えます。またグローバルで既に展開される「WS-1」の国内導入はどうなる?

 興味深いのはMOMO。「NORTH POLE」シリーズとして、乗用車用上位モデルを謳う「NORTH POLE W-2」と下位の「NORTH POLE W-1」、そしてSUV/4×4専用「SUV POLE W-4」から構成されます。ブランド認知から興味の高さを誇ります。

 昨シーズン一新したのがZEETEX、それまでのシリーズ全てがフェードアウトし、新たな「WH」シリーズ、「WP」シリーズ、そして「WQ」シリーズがラインアップを構築、向上効果への期待を抱かせます。

 RADARは2つの括り(WINTER ALPINE / WINTER NORDIC)を構築。ALPINEは厳しい環境に対する適応性を持たせ、一方のNORDICは冬場のドライ・ウェットでの得意性を主張するウインタータイヤにも近い捉え方が出来そう。

 実際、WINTER ALPINEには「Dimax ALPINE」を、またWINTER NORDICには「Dimax ICE」を配置します。

アジアンタイヤ1st.

 アジアンタイヤ1st.を謳い独自性を打ち出すのがHankook、KUMHO、KENDA、FEDERALです。最も注目するのはKENDA、国内へ投入されるのは「ICETEC NEO KR36」の1つだけながら、トップレベルの人気は今シーズンも続くはず。全体でも「ESSN-1」と同等、いやそれ以上の興味を得るのでは。

 Hankookは「Winter i*cept iZ2A」が4シーズン目、メインの役割を担うけれどその為にも充実したサイズ展開が必要。現状18 ~ 13インチ、30の展開ですからまぁまぁかな。

 KUMHOは「WINTERCRAFT ice Wi61」と、SUV/4×4専用「WINTERCRAFT SUV WS61」の2製品。冬用タイヤは「WINTERCRAFT」で統一、グローバルブランドとして世界共通です。その為に永らく謳った日本専用の強調はトーンダウンしました。

 NEXENジャパンの稼動によってその扱いに躊躇、一時掲載を見送っていましたが今回改編をきっかけに再構築。展開は「WINGUARD」シリーズがその中心。最新はドライ・ウェットでの価値を見出す「WINGUARD SPORT」が「2」へ進化、「WINGUARD ICE」も新たな進化系「2」を投入、双方とも明らかな向上レベルが期待出来るはず。

メーカー別性能比較

NANKANG(ナンカン)

 NANKANGは、それまでの「SN-1」からアシメトリック(左右非対象)デザインを採用した「ESSN-1」へ移行、これにより全体を牽引する役割を担います。

 また「SV」シリーズは比較的容易な環境での走行に方向付け。都市型タイプ、と言い換えることも出来そう。「SV-2」は従来を維持するも新たに「SV-3」を投入、徐々に移行が進むのでは。更には「ICE-1」も投入され活性化が再燃します。

 グローバルで既に展開される「WS-1」の国内導入が進むのか、実はこれが最大興味。オートウェイではまだ導入ならず、従って異なる扱いで掲載します。

 SUV/4×4専用の「SV-55」も注目でしょう。都市型SUV、いやCUVをターゲットに展開の拡大を図っています。そうサイズ数の更なるアップが実現。これ非常に重要なこと、サイズ数拡大=強化 ですから。

ESSN-1

アシメトリック(左右非対称)デザイン採用により、冬のあらゆる路面環境において安定、信頼性能を謳う。従来品に比べより先進技術を強調し高性能を訴え、国内におけるNANKANGスタッドレスの更なる拡大を狙う。

製品詳細

WS-1

1959年創業から60年を経てあなたと共に歩み始める、がコンセプト。のこぎり状の3Dサイプ、コンパウンドは硬質な天然殻粉を配合、というのは踏襲。たた全体的な様相は明らかに異なるものでパターンの革新的変化は向上効果大きいはず。

製品詳細

ICE-1

方向性のある左右対称パターンを採用し、アイストラクションを強化し対象をセダンやスポーツへ向けている。既存の「ESSN-1」や進化した「SV-3」との違いを明確化し新たな役割を貫徹する。2017-2018年シーズンに国内へ投入。

製品詳細

SV-3

従来品「SV-2」の後継となるスタッドレス。V字パターンの特性を継承しながらもサイプの刻みが洗練化、全体的なレベルアップを強く感じる仕上がりになっている。目指すのはグローバルでの有効性。2017-2018年シーズンに国内導入実現。

製品詳細

SV-2

従来品「SV-1」の基本形状を踏襲しつつより繊細さを得た。円周V字四溝設計 による進化で、氷雪性能そしてドライへの拘りが謳われる。その効果によるアップグレード感は相当大きい。氷雪性能そしてドライでの快適という性能両立を目指す。

製品詳細

SV-55(SUV/4×4)

縦溝は4本で溝面積比36%を誇り排雪性への効率化を図る。ショルダーにはパターンブロック同士をリンク、刻まれるペレット型サイプは雪路、そしてアイス路面でグリップ力を高める。メーカーが示す性能指針は乗用車用「SV-2」と同等レベル。

製品詳細

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)

 「Winter 101」はACブランドを経て、ATR SPORTブランドへ移行。そして近年はATR RADIALと更なる変更がなされました。なので最新の国内正式名称は、ATR RADIAL ATR SPORT「Winter 101」になるのかな? 何か変だ!

 「Winter 101」は黎明期から登場している製品として熟成が進みます。スポーツタイヤの名作「ATR SPORT」の影響を大いに感じることで、好意的な印象を得ています。インドネシア製のスタッドレスタイヤなんて・・ という当初の戸惑いは大分払拭されたのでは。

 但し、これに続く展開が欲しい。グローバルでは「Winter 101X」など見られます。国内へのラインアップとして拡充が果たせれば絶対的な注目が得られると思います。

Winter 101

インドネシア製スタッドレス。スポーツタイヤの「ATR SPORT」の流れを汲む為に性能に対する期待は大きい。国内や海外メジャーメーカーのスタッドレスを思わせるような雰囲気がある、但し実性能は気になるところ。

製品詳細

HIFLY(ハイフライ)

 HIFLYが国内導入を果たしたのは、まずスタッドレス「Win-turi 212」から。中国工場で生産し、北米、欧州など世界各国で販売されるグローバル製品です。日本へはアメリカに拠点を置くユニコーンタイヤ社によって供給され、日本輸入販売店となるのがオートウェイ。

 製品特性はトレッドパターンに国産タイヤにも通じるような洗練さが感じられるも、当初は詳細がいまひとつ見えて来ませんでした。しかしながら、夏タイヤで注目ブランドにも挙がるとスタッドレスにもその動き見られるようになりました。但し、その評価は様々だし実証については詳細ページから探って欲しい。

Win-turi 212

「Win-turi 212」への期待は雪路性能では。トレッドデザインに頼る特性でも一定レベルまで期待したい。比較的アジアンスタッドレスでもこの点は評価を得ているところ。あとは価格の安さに対する妥協か。

製品詳細

ZEETEX(ジーテックス)

 ZEETEXの国内初期導入製品はスタッドレスタイヤ「S100」からだったのでは。PBを主張し更に安価な設定が話題になりました。

 そして昨シーズンからラインアップは一新しそれまでのシリーズ全てがフェードアウト。新たな「WH」シリーズ、「WP」シリーズ、そして「WQ」シリーズがラインアップを構築、向上効果への期待を抱かせます。

 実は一昨年シーズン、「WP」シリーズの「WP1000」が既に導入されました。ただ展開は最小サイズに留まり次年度へ向けての手探りだったかと。それが本格展開へ、そして更なるシリーズ拡大となりました。認知、熟成を経て今シーズンは注目です。

WH1000

トレッドデザインは左右非対称パターンを採用。IN側にはセンターからジグザグに構成される溝を配し、雪上での制動性能向上を図る。OUT側ではショルダーブロックに セルフロック式3Dサイプ を刻み剛性強化を実現する。

製品詳細

WP1000

上位製品となる「WH1000」は主にコンパクトからミドル、ミニバンまで対応。その直下に位置付けられるのが「WP1000」、こちらは軽、コンパクトをメインにフォロー、左右対称パターンによる得意性を追求する。

製品詳細

MOMO(モモ)

 MOMOはイタリアのアフターパーツメーカーながら、ブリヂストン・ピレリ・ミシュラン・コンチネンタル等のOEM供給をしている、イタリアのタイヤ製造会社UNIVERGOMMA社の傘下になったのが転機。これによりタイヤへ目を向ける施策が取り入れられ、タイヤブランドとしてMOMが誕生。

 スタッドレスラインアップは、乗用車用上位モデルを謳う「NORTH POLE W-2」、軽カーやコンパクトカーをフォローする「NORTH POLE W-1」、そしてSUV/4×4専用の「SUV POLE W-4」から構成されます。

NORTH POLE W-2

「NORTH POLE W-1」がスタンダードにポジショニングされるのに対して、「NORTH POLE W-2」は左右非対称パターンによる効果を謳い上位モデルとしてターゲット層をよりプレミアム車種へ向ける。

製品詳細

NORTH POLE W-1

13 ~ 15インチまでを設定、特に14、15インチを強化。軽カーやコンパクトカー、ミドルサイズまでをターゲットにする。センターを中心とした対象デザイン。センターリブとV字ブロック型のトレッドパターンを採用。

製品詳細

SUV POLE W-4(SUV/4×4)

MOMOのSUV/4×4専用スタッドレスが「SUV POLE W-4」。左右非対称パターンを採用、IN・OUTで異なる性能への対処を目指し最適化、ブロックの倒れ込みを抑制し剛性向上を果たす。ブロックサイズは最適化でアイス路にもしっかり接地。

製品詳細

RADAR(レーダー)

 RADARのスタッドレスラインアップは2つの括り(WINTER ALPINE / WINTER NORDIC)を構築しています。ALPINEやNORDICはいずれも壮大な欧州の冬環境を想定するも、そこは違いを見出さないと。

 これスキーからイメージしてみましょう。ALPINEはアルペン競技とし滑降や大回転など激しいスピード競技になるかな。対してNORDICはノルディック競技としてクロスカントリーなど、険しい山が少なく平坦な北欧で発達したスキーです。

 飽くまでも個人的主観だけれどALPINEは厳しい環境に対する適応性を持たせ、一方のNORDICは冬場のドライ・ウェットでの得意性を主張するウインタータイヤにも近い捉え方が出来そう。

 実際ラインアップでWINTER ALPINEには「Dimax ALPINE」を、また時を同じく導入された「Dimax ICE」はWINTER NORDICに配置されています。

Dimax ALPINE

RADARが満を持して? かどうかは不明だけれど、国内投入を実現したスタッドレスタイヤが「Dimax ALPINE」。厳しい環境に対する適応性を持たせ欧州アルプスの冬でも、ドライバーニーズを満たすよう設計・開発されたという。

製品詳細

Dimax ICE

「Dimax ICE」はグローバルでも2019-2020年シーズン用として冬タイヤ市場投入。括りが異なる「Dimax ICE」と「Dimax ALPINE」ながらトレッドパターンは共通性が。違いはセンターリブに対して後者には深い斜めカットあり。

製品詳細

MAXTREK(マックストレック)

 MAXTREKは中国メーカーです。HPタイヤ、ダートタイヤ、そして冬タイヤに至るまでのラインアップを形成。国内へは2012年設立のSonny Rubberが日本支社として配置されています。で、現在のスタッドレスラインアップは「TREK M7」が唯一。オーソドックスなパターンデザインながら乗用車用とSUV用を兼ね備えた展開です。

TREK M7

「TREK M7」は天然ゴムとシリカの混合比を調整した専用ゴムを採用し、細密なラグパターンは雪道での安定性を図るように設計され、横滑りの防止や高いグリップを発揮するという。乗用車用とSUV用を兼ね備える。

製品詳細

KENDA(ケンダ)

 台湾メーカーは日本国内で活発な展開が見られます。世界ランキング規模で確認すると、MAXXISはトップ10にも入る、KENDAは25位前後、NANKANGは55位前後、FEDERALは60位前後だったかと。(タイヤビジネス誌による2016年のデータから)

 KENDAのラインアップはプレミアム、コンフォート、ミニバン、SUV、そしてスタッドレスなどから構成されます。相応の種類が存在しタイヤ選択の期待感は高まります。スタッドレスタイヤへ注目すると「ICETEC NEO KR36」となる。これが一定評価を得ています。

 当サイトのコンテンツランキングではトップを獲得、これほどの注目は予想外で正直驚くばかり。それも一瞬のことじゃない、シーズンを通しての動きです。興味を得る所以は性能認知、と言ってもいいのでは。

ICETEC NEO KR36

KENDAが日本の雪路とアイス路での安定性能を謳い投入した最新スタッドレス。従来からの進化レベルは見た目からも強く感じられる。INとOUTの得性能を使い分ける器用さはアジアンタイヤレベルを超えるか。

製品詳細

FEDERAL(フェデラル)

 FEDERALが本格的に国内スタッドレス市場に製品投入を図ったのが「HIMALAYA」シリーズ。これまで地味に展開していたものの、決して注目されるレベルには到達していない。そこに登場した乗用車用「ICEO」は、日本専用設計を謳い日本の冬環境と雪質を徹底的に研究し開発したものだというから期待が高まります。

 日本マーケットのために特別開発された新コンパウンド、アイス路での水膜除去など最新にも通ずる高性能さをこれでもか、と強調します。夏タイヤのような注目を得ることが可能なのか興味深い。

HIMALAYA ICEO

日本の冬環境と雪質を徹底的に研究し開発した最新技術。範囲はNordicと呼ばれるシリカを高配合した日本向け新コンパウンドから構造・パターンデザインなど多岐に渡る。その結果、日本専用設計を謳い「HIMALAYA」シリーズ最新高性能を強調。

製品詳細

Hankook(ハンコック)

 Hankookはアジアンタイヤとして最も高性能、と捉えるべきでしょう。しかしながら、性能レベルの飛躍的向上でも国内メーカーとの比較ではいまひとつ物足りなさがあるんです。特にスタッドレスタイヤは、先進技術追求レベルの差が未だ大きいのでは。アイス性能と低燃費、更には寿命という相反性能の高度な両立、ここが難しい。

 スタッドレスラインアップは日本で開発した日本専用設計を謳います。「Winter i*cept iZ2A」のコンセプトは、日本の厳しい冬の雪道でも、より安全にドライビングの楽しさを提供するです。またSUVからミニバンまでをフォローする「Dynapro i*cept」も投入されています。

 Hankookのスタッドレスタイヤ展開は相応の歴史を誇ります。「Winter i*cept」から「Winter i*cept iZ」へ、その前が「ICEBEAR W604」、更には「Winter Radial W400」もありました。今日まで3世代程の進化を果たしています。

Winter i*cept IZ 2A

日本の冬を極限まで研究し、日本の為に開発されたのが「Winter i*cept IZ 2A」。Hankookスタッドレスとして初の左右非対称パターンを採用、IN、OUTそれぞれに役割を持たせ効きへの可能性を最大限向上させた。

製品詳細

Dynapro i*cept(SUV/4×4)

「Dynapro i*cept」はSUVからミニバンまでをフォローする専用スタッドレスを謳う。独自の SCCT理論 と、ニューシリカコンパウンドの配合により、氷雪路面でのトラックション性能とブレーキ性能を訴える。

製品詳細

KUMHO(クムホ)

 アジアンタイヤとしてHankookに続くのがKUMUHOです。2014年に登場した注目の冬用タイヤ新ブランド「WINTERCRAFT(ウインタークラフト)」には驚いた。その製品である「WINTERCRAFT ice Wi61」は、それまでの日本専用設計からグローバル製品での意向を打ち出します。

 KUMUHOは冬用ブランドとしていくつかの変遷を辿ります。国内で注目が増したのはMARSHAL(マーシャル)を冠した「ICE KING」でした。KUMHO MARSHAL「ICE KING KW21」がその製品。次いで日本進出30年相当の実績から培われた技術の集積を謳う「I’ZEN(アイゼン)」を冠した「I’ZEN KW31」が続きます。SUV用として「I’ZEN RV KC15」も投入されました。

 そして「WINTERCRAFT」に到達。冬用タイヤは「WINTERCRAFT」で統一され、グローバルブランドとして世界共通です。更にSUV/4×4専用にもブランドが波及。登場したのは「WINTERCRAFT SUV WS61」です。SUV専用パターンを採用し車種特性に対応します。

WINTERCRAFT ice Wi61

「WINTERCRAFT」はグローバルブランドとして世界共通。氷路走行を意のままにを訴えるスタッドレス。左右非対称パターン採用、アイス性能への強化点は3Dサイプ、アラミドファインファイバー、スポイト型サイプ。

製品詳細

WINTERCRAFT SUV WS61(SUV/4×4)

グローバルスタッドレスブランドWINTERCRAFTのSUV専用。3Dサイプ、アラミドファインファイバーをトレッドゴムに配合した特殊繊維配合ゴムを採用。コンパウンドを最適化、氷雪路と摩耗に強いゴムへ進化。

製品詳細

NEXEN(ネクセン)

 NEXENジャパンの稼動によってラインアップの変更が果たされています。「WINGUARD」シリーズがその中心としてドライ・ウェットでの価値を見出す「WINGUARD SPORT」が「2」へ進化、「WINGUARD ICE」も新たな進化系「2」を投入し新旧でラインアップの拡充に努めます。

 乗用車用において「ICE」の役割は正にアイスパフォーマンスの向上に重きを置いているかと。対して「SPORT」はアイスパフォーマンスは半減しているも、スノーパフォーマンスとドライ・ウェットでの得意性を強調します。

WINGUARD ice2

2018年に国内で投入されたNEXENの最新スタッドレスタイヤが「WINGUARD ice2」。3つの新技術を採用し 効く、止まる、曲がる をコンセプトに開発。先進性はコンセプトにも含んでいるところ。従来品の繊細さを更に超えているのは間違いない。

製品詳細

WINGUARD SPORT2

冬の路面で最適な走行を実現する乗用車向けプレミアム ハイパフォーマンス アルパイン スタッドレスタイヤを謳う。独創的なパターンデザインとこれが果たす機能性、更には新素材の適用まで考慮したトータルデザインを誇る。

製品詳細

冬用タイヤ装着状況調査

 NEXCO東日本東北支社では例年11月ごろになると「冬用タイヤの装着状況調査」を行っています。1998年から実施され2019年で22回目だという。降雪期を迎えるにあたり早期の冬用タイヤ交換を喚起し、雪道運転の安全走行を啓発すること目的に実施、公表されています。

 調査は、東北地方の主な高速道路料金所入口の一般レーンで一時停止する車両のタイヤ種別を調査員が目視で確認、1回当たり3時間程度行います。調査日は全6回ぐらい。当サイトはこの情報を受け入れいち早くお伝えしています。進捗状況を参考に装着タイミングの判断材料としてお役立て下さい。

アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました