アジアンタイヤ 2024年シーズン最新化を果たす!!
プロモーションが含まれています

NANKANG NS-25 の特徴

概要

快適性へ傾倒するスポーツコンフォート

  • カテゴリー:スポーツコンフォート / ミニバン
  • サイズ:14~22インチ
  • 扁平率:65~25%
  • 発売:2017年
  • 5件のインプレッション

2017年グローバルに登場、僅かに遅れるも待望論に応え国内導入を果たす。NANKANGにおける国内市場重視を強く感じさせる製品。ミニバンへの可能性も見出す。

製品情報

 NANKANG注目の「NS-25(エヌエスニジュウゴ)」、2017年グローバルに登場後僅かに遅れるも待望論に応え国内導入が実現しました。この動はNANKANGにおける国内市場重視を強く感じさせるものです。

 まずは「NS-25」にとって重要な、アジンタイヤとしてのカテゴリー配置を確認しておきたい。グローバルでの位置付けはスポーツです。しかも推奨車種は完全なスポーツカーを示します。同様には「NS-2」、「NS-20」、そして「AS-2+」がラインアップされます。(「AR-1」と「NS-2R」、そして「CR-S」はレーシング)

 一方導入するオートウェイでは、プレミアムとしてコンパクト、セダン、ミニバンへの装着を推奨します。ただプレミアムとしながらも、ここはコンフォートレベルのニュアンスと受け止めたい。

 スポーツとコンフォート、双方で相反の位置付けでは? 従って整理が必要。「NS-25」は全く新しいパターンを採用します。明らかにスポーツ系のそれとは異なり、繊細な左右非対称パターンが狙うのは快適性、そう静粛性の実現です。ここを重視。

 但しメーカーNANKANGが指定するスポーツも無視する訳にはいかず。ならサイズ設定に着目。グローバルでは13 ~ 24インチまで設定、一方国内では14 ~ 22インチまで、そう14インチから相応数が揃います。

 大口径サイズの展開が凄い。すると既説のターゲットとして挙げたコンパクト、更にはセダンでもミドルクラスはやや難しいのでは。ということを踏まえながら双方を両立しフィットするのはスポーツコンフォートです。

 両立の優位性を示すのがスポーツコンフォートながら、ベースとなる基本性能で得意性が示されます。「NS-25」においてはコンフォートに傾倒しているイメージ。既にラインアップされる「NS-20」、「AS-2+」とはこう差別される。飽くまでも目安です。

・スポーツ性能
「NS-20」>「AS-2+」>「NS-25」
・コンフォート性能
「NS-25」>「AS-2+」>「NS-20」

 「NS-25」のパターンは全くの新デザインを採用します。4本のストレートグルーブが特徴となり、リブにも繊細な溝が刻まれます。ショルダー側の溝には ノイズカットバー を配置しノイズを軽減、静粛性を高めます。

 コンパウンドにはシリカを特殊配合しグリップを向上、ハンドリングの安定性を謳います。排水効果を強調、そして静粛性やハンドリングの安定性にも触れています。

 国内のサイズ展開はグローバル同等と言ってもいい。特に17、18、19インチの充実が凄い。主張レベルが最大に到達していることを意味します。なおALL SEASON UHPと表示されていますが冬タイヤとしての性能は無いでしょ。夏タイヤとしてご使用ください、という注意が添えられています。念為。

サイズ・購入

オートウェイ公式サイト

インプレッション

  • 投稿数 【5】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 平均評価値(5満点)
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4.2
  • 4.2
  • 3.4
  • 3.1
  • 3.9

ブラックコーヒー さん
【購入年月】
2023年7月
【装着車種】
プレマシー
【装着サイズ】
205/55/R16
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 5
  • 5
  • 5
  • 3
  • 3
【インプレッション】
今月の頭辺りに組み換えたばかりなのでまだよく分かってませんが、組み換え前のダンロップEC202との比較です。ウェットはまだ走ってないので分かりませんが、全体的にEC202によく似てて乗り心地やノイズも同じ位です。まだ新しい分、今の所しっとり感があるかな?ナーバスにならなければ、自分的にはアリだと思います。寿命はまだ分かりません。
(2023/7/11)
ランタナ さん
【購入年月】
2021年11月
【装着車種】
グレイス
【装着サイズ】
195/45R17
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
【インプレッション】
スポーツコンフォートの中でもコンフォート寄りというのは当たっているかも。とはいえ、国産のコンフォートタイヤには及ばず、スタンダードくらい。
ル・マンVと比較して、静粛性・乗り心地は少し劣ります。NS-25も頑張ってはいるので、比べなければ、まず十分なレベルです。価格を考えたらコスパは素晴らしく良いです。
EXTRA LOADの場合、空気圧はこまめにチェックすべき。甘くなったら乗り心地はよくなりますが、ゴムの減りが早くなる感じです。
(2022/12/12)
ユウ さん
【購入年月】
2018年4月
【装着車種】
レガシィツーリングワゴン 2.0 GT DIT
【装着サイズ】
225/45r18
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 5
【インプレッション】
コスパ最強のスポーツコンフォートタイヤでした。

グリップは十分以上に効きます。本格的スポーツタイヤには敵いませんがカーブもしっかり曲がり、路面の感覚も掴めます。
乗り心地は悪くはないです、ギャップは多少拾いますがスポーツ寄りのタイヤだと思えば良いほうだと感じました。
静粛性は低くロードノイズが聞こえますが、煩いというほどでもないため許容範囲です。
寿命は4年間5万キロ走って、残り溝4mmだったので耐久性も十分です。

MICHELIN Primary 4+ に履き替えましたが、MICHELINのほうが高性能でバランスそのままに全性能が向上したような感覚でした。しかし値段が倍以上であることを考えるとNANKANGのコスパの良さに逆に感心してしまいました。

(2022/7/4)

ギン さん
【購入年月】
2021年7月
【装着車種】
クラウンアスリート
【装着サイズ】
215/55/R17
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 5
  • 5
  • 4
【インプレッション】
変える前のタイヤミシュランプライマシーLC2017年製溝3ミリとの比較です。
乗り心地はNS25の方がよいです。ギャップをいなすタイヤの柔らかさがある上に、横揺れもかなり軽減しました。
ただし、プライマシーLCのバリ溝の時の乗り味をあまり覚えていないので、あくまで変える直前との比較になります。
また、知り合いのマークXのレグノより若干ロードノイズはあるように感じました。
しかし、値段を考えると乗り心地、静粛性はかなりのレベルにあります。国産のエコタイヤを履くぐらいなら、断然こちらをお勧めします。
(2021/7/29)
ダラ さん
【購入年月】
2021年4月
【装着車種】
mazda6
【装着サイズ】
225/50/18
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 1
  • 2
  • 4
【インプレッション】
プレミアムタイヤと聞き先日履き替えましたが、乗り心地が醜いです。段差では凄い衝撃が来ます。常に上下に跳ねる様な感じです。ロードノイズもとても騒がしい感じです。1ヶ月たっていませんが、履き替えたいです。
(2021/4/30)

NANKANG NS-25 のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。直接的な体感は何事も及びません。説得力に長け、本質の訴えが響きます。これをもって購入の是非を判断される人も多いかと。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。
タイトルとURLをコピーしました