≫ FINALIST 595EVO サイズ絶賛拡大中!

FEDERAL(フェデラル)タイヤ性能比較

 FEDERAL(フェデラル)は台湾のタイヤメーカーです。1954年に設立され、1960 ~ 1979年まではブリヂストン、1981 ~ 2000年までは住友ゴムとの技術提携が行われていました。

 この40年にも及ぶ提携で技術の大幅な強化を実現し、「595」シリーズはグリップ力に優れたスポーツ系のラインアップを構築します。

 台湾におけるタイヤメーカーの争いは熾烈です。日本国内でも徐々に存在感を高めており、世界シェアに照らしてもその勢いは強く感じるところです。ザックリながらFEDERALは62位前後、残念ながらMAXXIS、KENDA、NANKANGには及びません。

 しかしながら、近年はモータースポーツへの参戦や販売戦略の転換など拘りを持った動きにスイッチし、安売りから性能アピールに拘り新たなブランド構築に努めています。

スポンサーリンク

2022年 FEDERAL(フェデラル)ラインアップ

 フラッグシップとなるのは2015年に投入された「595RS-RR」です。「595RS-R」からの進化でハイスピード走行を要求される高性能スポーツカーのために開発され、FEDERAL最強のハイパフォーマンスタイヤとして世界で販売されているグローバル製品です。圧倒的なグリップ性能を有し国産スポーツタイヤと比較されるほど。そして「SS595」がライトスポーツとしてカテゴリーの一角を支えます。

 FEDERALはアジアンタイヤ黎明期にオートウェイの扱いブランドでした。現在はFEDERALジャパンの存在で自主的な販売への道筋が作られています。これによる懸念は価格‥ がしかし今回、「SS595」「595RS-R」そして「595RS-RR」がオートウェイで特別に販売されます。数量限定、特別価格で販売だそうな。なお製造年が2019 ~ 2020年のものとなるのでご留意を。

スポンサーリンク

FEDERAL(フェデラル)タイヤ性能比較

 FEDERALは「595」シリーズにスポーツの特性を最大限注入します。従ってラインアップは最も充実した展開です。固定イメージは強固を誇ります。

スポーツ

「595RS-R」の進化。日本各地のサーキットでテストを繰り返し次世代製品として誕生した。伝統の 炎 を彷彿させるファイヤーパターンは、FEDERALの最新技術を結集した史上最強ハイグリップタイヤであることを意味する。

595RS-RR 詳細

広く角のある溝でブロック強度を確保しトラクション性能を向上。長時間のサーキット走行などを想定し、熱に強い新開発のコンパウンドで最良な走りを実現する。アジアンタイヤとして既にスポーツ性能への評価は十分。

製品詳細

特徴は鋭角な複数のV字型で構成されたトレッドパターン。これにより高い排水性とグリップ性能を実現。またハンドリング性能を向上させレスポンスの良さを主張。これにより高速走行など厳しい環境でもハイパフォーマンスの実現を謳う。

製品詳細

タイトルとURLをコピーしました