≫ FEDERALの国内展開が最新化!

FINALIST(ファイナリスト)性能比較

 FINALIST(ファイナリスト)は2021年9月からオートウェイの独占販売。FINALISTとは何処かで聞いたことがるような‥ 実は2013年ごろ最小レベルでFINALISTブランドを投入した実績がある。「RADIAL F109」がそれ。

スポンサーリンク

2022年 FINALIST(ファイナリスト)ラインアップ

 当時の製品情報を引っ張り出すとこう記載しています。センターリブ構造を持つパターンデザインを採用。両サイドのブロックは比較的大き目の面積を確保し、グリップ効果を期待。ショルダーには繊細な溝の刻みが実行され、ウェットでの走りが印象付けらます。

 全体としてはラウンド形状が強く、柔軟さを感じさせるデザイン構造。よって静粛性や快適性への実現が見出されそうですが、先進性という点では距離があり、性能への貢献は厳しい。

 スタンダードとして標準性能を達成するもそれなりに、と言うレベルでは。但しそれを受け入れ価格追求を求めるなら有り、というように価格追求型のスタンダードレベル、と評しています。

 しかし今回、これとは全くの別物。グルーブ・イン・グルーブで抜群の排水性能を実現。コンパウンドはストリート性能を最大限発揮。絶妙なコーナーリング性能とグリップ性能を備え、高速域でもコントロール性能に優れる。FINALISTブランドとして「595EVO」が蘇る。

 名称こそFINALIST「595EVO」となっているけれど、実はFEDERAL「595EVO」との関連性が深い。但し、国内においてFEDERAL「595EVO」銘柄は既にフェードアウト。FINALISTへと引き継がれている、と考えます。

スポンサーリンク

FINALIST(ファイナリスト)タイヤ性能比較

 FINALISTブランドとして「595EVO」が蘇ります。実はFEDERAL「595EVO」との関連性が深い。FINALISTへと引き継がれている、と考えます。

スポーツ

新たなFINALISTの牽引役として異なるイメージを完全定着。その結果、スポーツパフォーマンスに優れる「595RS-R」「595RS-RR」にも迫る斬新で高位の位置付けを確立。「595」シリーズの特性であるファイヤーパターンも健在。

595EVO 詳細

タイトルとURLをコピーしました