2021年シーズン アジアンタイヤの特徴を示す!

アジアンタイヤのポジショニング

 アジアンタイヤの持つ性能をメーカーによりカテゴリー別(スポーツ/スポーツコンフォート、コンフォート/スタンダード、ミニバン、SUV/4×4からなる4つ)のポジショニングで把握出来るようにしました。

 スポーツ/スポーツコンフォートは、サーキットとストリート、更にはプレミアムの3方向に位置付けます。コンフォート/スタンダードは、コンフォートを起点にプレミアムのニュアンスとスタンダードを対極とします。ミニバンも考え方は同様。そしてSUV/4×4はオンロードとオフロード、その中間にオールラウンドが配置されます。

 いずれも配置はイメージなので厳密ではないけれど、それぞれの特性を示す位置関係が理解出来ます。なお配置は各メーカーの指針を参考に当サイト独自の構成になっています。

スポンサーリンク

メーカー別ポジショニング

NANKANG(ナンカン)

NANKANG(ナンカン)タイヤ性能比較

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)タイヤ性能比較

HIFLY(ハイフライ)

HIFLY(ハイフライ)タイヤ性能比較

ZEETEX(ジーテックス)

ZEETEX(ジーテックス)タイヤ性能比較

DAVANTI(ダヴァンティ)

DAVANTI(ダヴァンティ)タイヤ性能比較

MOMO(モモ)

MOMO(モモ)タイヤ性能比較

RADAR(レーダー)

RADAR(レーダー)タイヤ性能比較

ARMSTRONG(アームストロング)

ARMSTRONG(アームストロング)タイヤ性能比較

ROADSTONE(ロードストーン)

ROADSTONE(ロードストーン)タイヤ性能比較

NEUTON(ニュートン)

NEUTON(ニュートン)タイヤ性能比較

MINERVA(ミネルバ)

MINERVA(ミネルバ)タイヤ性能比較

MAXTREK(マックストレック)

MAXTREK(マックストレック)タイヤ性能比較

NITTO(ニットー)

NITTO(ニットー)タイヤ性能比較

スポンサーリンク
運営者

タイヤに特化した専門サイト! 単身オリジナル情報の発信に励む、2006年開設です。

スポンサーリンク

タイヤメーカー(人気ピックアップ)

NANKANG(ナンカン)タイヤ性能比較

NANKANGタイヤ、1959年創業の台湾メーカーです。何と読めばいい? ナンカングかな・・ ナンカンです。現在は認知され正しい読み方は定着した、と思います。英‥

NITTO(ニットー)タイヤ性能比較

NITTO(ニットー)はトーヨータイヤの輸出用ブランド、特に北米を中心とした展開が顕著です。一定層に人気がある、一定層とはまぁコアなファンとでも言えばい‥

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)タイヤ性能比較

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)は国内でのブランド名。メーカーはインドネシアの PT Multistrada Arah Sarana Tbk.=通称 MASA です。1991年に‥

ZEETEX(ジーテックス)タイヤ性能比較

ZEETEX(ジーテックス)は、ドバイを拠点にしている大手タイヤディーラーであるZAFCOのPBであり、ブランド誕生は2005年です。ZAFCOは1993年に設立され‥

HIFLY(ハイフライ)タイヤ性能比較

HIFLY(ハイフライ)タイヤはやや異なる手法で国内導入を果たしました。最初の投入製品はスタッドレスタイヤ「Win-turi 212」から。正直どうよ? の見方が強か‥

スポンサーリンク
アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました