NANKANG スポーツコンフォート AS-3【新掲載】

アジアンタイヤをポジショニングし配置の理解を具現化

 アジアンタイヤの持つ性能を、メーカーによりカテゴリー別(スポーツ/スポーツコンフォート、コンフォート/スタンダード、ミニバン、SUV/4×4からなる4つ)のポジショニングで把握出来るようにしました。

 スポーツ/スポーツコンフォートは、サーキットとストリート、更にはプレミアムの3方向に位置付けます。コンフォート/スタンダードは、コンフォートを起点にプレミアムのニュアンスとスタンダードを対極とします。ミニバンも考え方は同様。そしてSUV/4×4はオンロードとオフロード、その中間にオールラウンドが配置されます。

 いずれも配置はイメージなので厳密ではないけれど、それぞれの特性を示す位置関係が理解出来ます。なお配置は各メーカーの指針を参考に当サイト独自の構成になっています。

スポンサーリンク

アジアンタイヤメーカー別ポジショニング

NANKANG(ナンカン)

NANKANG(ナンカン)タイヤ性能比較

CEAT(シアット)

CEAT(シアット)タイヤ性能比較

HIFLY(ハイフライ)

HIFLY(ハイフライ)タイヤ性能比較

ZEETEX(ジーテックス)

ZEETEX(ジーテックス)タイヤ性能比較

DAVANTI(ダヴァンティ)

DAVANTI(ダヴァンティ)タイヤ性能比較

MOMO(モモ)

MOMO(モモ)タイヤ性能比較

RADAR(レーダー)

RADAR(レーダー)タイヤ性能比較

ARMSTRONG(アームストロング)

ARMSTRONG(アームストロング)タイヤ性能比較

MINERVA(ミネルバ)

MINERVA(ミネルバ)タイヤ性能比較

MAXTREK(マックストレック)

MAXTREK(マックストレック)タイヤ性能比較

NITTO(ニットー)

NITTO(ニットー)タイヤ性能比較

FINALIST(ファイナリスト)

FINALIST(ファイナリスト)タイヤ性能比較

FEDERAL(フェデラル)

FEDERAL(フェデラル)タイヤ性能比較

タイトルとURLをコピーしました