7月も怒涛のキャンペーン! お得を是非見出したい

アジアンタイヤのポジショニング

 アジアンタイヤの持つ性能をメーカーによりカテゴリー別(スポーツ/スポーツコンフォート、コンフォート/スタンダード、ミニバン、SUV/4×4からなる4つ)のポジショニングで把握出来るようにしました。

 スポーツ/スポーツコンフォートは、サーキットとストリート、更にはプレミアムの3方向に位置付けます。コンフォート/スタンダードは、コンフォートを起点にプレミアムのニュアンスとスタンダードを対極とします。ミニバンも考え方は同様。そしてSUV/4×4はオンロードとオフロード、その中間にオールラウンドが配置されます。

 いずれも配置はイメージなので厳密ではないけれど、それぞれの特性を示す位置関係が理解出来ます。なお配置は各メーカーの指針を参考に当サイト独自の構成になっています。

メーカー別ポジショニング

NANKANG

NANKANG(ナンカン)タイヤ性能比較

ATR RADIAL

ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)タイヤ性能比較

HIFLY

HIFLY(ハイフライ)タイヤ性能比較

ZEETEX

ZEETEX(ジーテックス)タイヤ性能比較

DAVANTI

DAVANTI(ダヴァンティ)タイヤ性能比較

MOMO

MOMO(モモ)タイヤ性能比較

RADAR

RADAR(レーダー)タイヤ性能比較

ARMSTRONG

ARMSTRONG(アームストロング)タイヤ性能比較

ROADSTONE

ROADSTONE(ロードストーン)タイヤ性能比較

NEUTON

NEUTON(ニュートン)タイヤ性能比較

MINERVA

MINERVA(ミネルバ)タイヤ性能比較

MAXTREK

MAXTREK(マックストレック)タイヤ性能比較

NITTO

NITTO(ニットー)タイヤ性能比較

FEDERAL

FEDERAL(フェデラル)タイヤ性能比較

NEXEN

NEXEN(ネクセン)タイヤ性能比較

アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました