7月も怒涛のキャンペーン! お得を是非見出したい

NANKANG ECO-2+(Plus) の特徴

概要

ECO-2 の後継。コンパウンド技術の向上を訴える

「ECO-2」後継。独自配合のシリカをコンパウンドに採用しポリマーの連結を果たすことで転がり抵抗低減に加えウェットグリップ向上も実現。ブロック構造を踏襲しでエネルギーロスの低減維持。

製品情報

 NANKANG「ECO-2+(Plus)」はエコタイヤ「ECO-2」の進化です。コンフォートへの位置付けを踏襲し、快適性と省燃費への期待を背負います。ドライグリップ性能とウェット性能へも拘わるその性能や如何に?

 「ECO-2+」は独自配合によるシリカをコンパウンドに配合しポリマーの連結を果たすことで、転がり抵抗低減に加えウェットグリップ向上も実現しています。発熱抑制効果が強化され、対極にあるウェットでも高度な性能向上が謳われます。

 トレッド面は従来品となる「ECO-2」の踏襲。元々特徴的なデザインを採用しており、これによる効果を最大限受け入れた結果では。その特徴はセンターリブの両サイドに配置されるブロック構造かと。複雑で変則的複数ブロックを組み合わせた形状が、歪みを回避しエネルギーロスの低減へ貢献するという。

 ショルダーへはたわみ抑制の為に剛性強化を施します。発熱抑制の拘りはここでも展開され、省燃費はショルダーからトレッドへ向け連鎖的作用によっての実現を主張しています。

 またショルダーの横溝は偏摩耗を防止し、トラクション性能を期待させるものです。全体構成では周方向の縦溝4本がウェットでの排水効率を向上させ、静粛性の向上にも拘っています。

 正直一見では従来品「ECO-2」との違いが見えてきません。採用されたコンパウンドの配合性能に委ねられた結果では。そしてエコタイヤからの進化なら当然国内低燃費タイヤ化の実現か、と期待しますがそうではない。なら具体的な燃費効果は・・

 欧州規定は別として、飽くまでも「ECO-2」進化のエコタイヤの位置付けとなります。この点では他アジアンメーカーが既に低燃費タイヤ化を数多く実現していることで、やや物足りなさを感じます。それでもエコを主張するその性能は、従来から続く信頼によって期待を持ち続けたい。

 サイズは40以上もの設定を実現します。アジアンタイヤにおけるこの設定数はかなり優秀。その結果、装着車種拡大へ繋がります。引き続き注目の度合いが右肩上がり。要因としてサイズ展開も影響しているはずです。

サイズ・購入

タイヤサイズ・購入

インプレッション

  • 投稿数 【1】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 平均評価値(5満点)
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
  • 5.0
  • 5.0
  • 4.0
  • 3.0
  • 3.0

ネト さん
【購入年月】
2019年9月
【装着車種】
マツダキャロルHB25S
【装着サイズ】
165/50r15
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3
  • 3
【インプレッション】

このタイヤの前は165/55r15,ATR-Kエコノミストを装着していたのですがドライでは想像以上以上のグリップはしますがウェッ?は時速80キロ位で踏ん張りが効かず何回もヒャっとしたこともありまだ山が半分以上ありましたが燃費等を気にしてナンカンにしたところ燃費がATR-Kエコノミストに比べ4km~5km伸びドライ、ウエットもこれエコタイヤかと思う位食らいつきますタイヤの静かさは普通ですね 私は排気系と吸気系は社外品に付け替えてますのでタイヤの静かさは気にしていません(笑い)耐久性がどの位あるかまだわかりません、あとタイヤサイズも55があれば良いのになぁ~

(2020/2/9)

NANKANG ECO-2+(Plus) のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました