コンフォートタイヤ性能比較表

コンフォートタイヤ性能比較表

com

 コンフォートタイヤのポジショニングは、スポーツタイヤと相反する位置付けです。スポーツタイヤがグリップ性能など、スポーツ性能を最大の特徴とするのに対して、コンフォートタイヤは負荷の大きなスポーツ走行は苦手としながらも、路面からの衝撃吸収や静粛性など、トータルでの快適性能を特徴としています。

 コンフォートカテゴリーは、基本性能重視のスタンダードタイヤとは明らかに異なり、タイヤに求められる乗り心地やハンドリング性能など、ワンランク上のレベルとして感じ取ることができます。加速、曲がる、停止というタイヤに求められる基本性能に甘えることなく、それ以上の性能に拘るのがコンフォートタイヤです。

 本来、快適を意味する コンフォート ですので、この実現なくして現在のカテゴリーは構築出来ません。ただその上を行くプレミアコンフォートカテゴリーが 極上 を実現していることで、コンフォートカテゴリーが持つ快適性はややトーンダウンするのでは、と思うも、その実力は衰えたものではないのです。

 コンフォートカテゴリーへ配置される低燃費性能への主張は、全カテゴリーの中で最も声高に訴えられています。走りと快適性そして低燃費まで、全てをバランスよくワンランク上のレベルで備えているのがコンフォートタイヤと言えます。

 いずれにしても、コンフォートカテゴリーはオールラウンド性に優れたタイヤであり、選択肢の多さからも非常に魅力ある展開が実現しています。その為どのタイヤへ絞り込むべきか迷いが大きいのネックでもありますが・・

(2016.3更新)

現状カテゴリーの理解はこうなる

 カテゴリーの括りコンフォート(comfort)は、快適性を意味し静粛性や乗り心地の良さを提供します。またスムーズで安定したドライビングにも繋がる運転しやすさも快適性に含んでいます。

 一般にはコンパクトからミドルクラスのセダンやミニバンをターゲットにしながらも、プレミアムへの装着も謳われルケースも多い。低燃費タイヤ導入時にはメインカテゴリーとして率先投入され、全体波及へ重要な役割を果たしました。これは、コンフォート=快適性=低燃費 の構図が確実に意識された結果かと。

 タイヤメーカーが伝えるタイヤ性能は7つです。直進安定性、ドライ性能、ウェット性能、低燃費、静粛性、乗り心地、ライフ。これらトータルでタイヤの主張をするのがコンフォートカテゴリーの特徴でもあります。

 タイヤ普及で大きな役割を果たす低燃費タイヤ、そのメインカテゴリーはコンフォートカテゴリーです。以前のエコタイヤも始まりはコンフォートへ向けられたものでした。そして現状、低燃費タイヤは個性化が拡大しています。

 2010年の導入による第1世代は、ラベリング制度のグレーディング追求にタイヤ性能の高さを求めました。一定認知を得た結果、2015年ごろから第2世代に入り、最新は性能主張に多様性を見せています。グレーディング追求はややトーンダウンし、トータル性能を重視した展開が目立つようになりました。タイヤとして実用性能に立ち戻った、要は基本回帰への動き、と捉えています。

 コンフォートカテゴリーでの展開が低燃費タイヤそのものを表しています。基本となる7つの性能をバランスして特徴を発揮、その中で低燃費、静粛性、乗り心地という括り、要は快適性に特に重きを置いたカテゴリーです。

【2016 ラインアップ全体の特徴】

 低燃費タイヤのラインアップは、当初からコンフォートを筆頭カテゴリーとして向けられました。装着対象はHVを中心としたいわゆる低燃費車のオーナー、低燃費への意識が高い、と感じ取れたのでしょう。

 今タイヤへ低燃費を求めることは一般化しています。そこから更なる要求として快適性へ繋がっています。この流れはコンフォートカテゴリーにとっては好機、と捉えます。

 7シーズン目に入った低燃費タイヤは、スポーツ系を除いたカテゴリーへ広く普及しています。それでもこのカテゴリーへの投入は非常に多く、注目の高さを伺い知ることができます。

 ラベリング制度の転がり抵抗係数「AAA」を実現し、ウェットグリップ性能の最高グレーディング「a」も果たし、「AAA/a」という国内低燃費タイヤの最高位となる性能が、惜しげもなく競演されているのです。

 転がり抵抗低減とウェットグリップ性能の相反する性能追求は、最高位の達成で技術進歩の高さを強く感じさせるものです。このことは十分な評価が得られる、と考えます。しかし、課題もある。飽くまでも技術披露に終始してい、と思える点です。設定サイズが最小化(1サイズ)なのは、普及タイヤとしての役割半減かと。

 そして今シーズン、性能主張に多様性を見出した昨シーズンからの熟成を図ります。その意味は地味ながらサイズ拡大、及び微妙なレベルでラベリング制度のグレーディング向上です。ダンロップ「LE MANS4」は、転がり抵抗係数を「A」から「AA」に引き上げ、低燃費性能の更なる向上を果たします。合計90サイズの展開が凄い!。

 またコンパウンドの変更による新製品移行を果たしたファルケン「ZIEX ZE914F」は、ラベリング制度のウェットブレーキ性能「c」を、「a」もしくは「b」へ向上させ、全59サイズの展開となります。

 いずれもラベリング制度のグレーディング向上に拘るも実用域でのレベルに留めています。その結果として快適性との両立が果たされている、これですね。

関連情報

コンフォートタイヤ性能比較

*性能評価バーは各カテゴリー内での評価を対象としています。他のカテゴリーとの評価を比較するものではありません。
*性能評価バーはタイヤメーカー等の指針を参考にしたものであり、タイヤの絶対的な性能を示すものではありません。

ブリヂストン

転がり抵抗係数「AAA」、ウェットグリップ性能「a」を達成
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 5
  • 4
  • 3
  • 4
  • 2

「ECOPIA EP001S」の転がり抵抗係数「AAA」、ウェットグリップ性能「a」は現在ラインアップされているタイヤでは最高グレーディングを誇る。タイヤの転がりにもっとも際長けて、ウェットブレーキに自信を示す事になるかと。

セダン・クーペ専用。低燃費タイヤとして優れたウェット性能とロングライフ性能を誇る
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 5
  • 4
  • 3
  • 4
  • 3

「ECOPIA EX10」の実質後継となり、セダン・クーペ専用、軽・コンパクトカー専用、ミニバン専用の3つに派生。セダン・クーペ専用設計はライフ性能と操縦安定性に配慮。より専用性を尊重する選択が良い。

軽・コンパクトカー専用。ラベリング制度は「A/b」を誇る
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 4
  • 3
  • 5
  • 3

「ECOPIA EX20」シリーズの軽・コンパクトカー専用。軽・コンパクトカー用として街中での小回り・据え切りによる偏摩耗(片減り)に配慮。軽・コンパクトカー向けのタイヤも、より上位のカテゴリーを選択したい。

ヨコハマ

転がり抵抗係数「AAA」、ウェットグリップ性能「a」の最高ランク
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 5
  • 4
  • 4
  • 4
  • 2

BluEarthシリーズのフラッグシップとしてポジショニングされ、転がり抵抗係数「AAA」、ウェットグリップ性能「a」の最高グレードを達成。「AAA」の低燃費性能を損なうことなく、ウェットグリップ性能を大幅に向上。

詳細は ヨコハマ BluEarth-1 EF20 の特徴 で確認を。
「DNA Earth-1」の後継。「A/a」「A/b」実現で圧倒的サイズ拡大
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3

転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「b」から、優れたトータルバランスを損なうことなくウェットグリップ性能「a」を達成。雨の日にもさらにしっかり走れる低燃費タイヤ としてグレードアップしている。

詳細は ヨコハマ BluEarth-A の特徴 で確認を。

ダンロップ

ダンロップ初の「AAA/a」達成。50%転がり抵抗低減タイヤ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 5
  • 3
  • 4
  • 4
  • 3

「AAA/c」である「エナセーブ PREMIUM」から10%の低減、ウェットブレーキ性能は10%の向上。2008年から開発を開始し、2013年の東京モーターショーでプロトタイプとして公開された。4D NANO DESIGN による開発技術を誇る。

「PREMIUM」が冠された エナセーブ 初の「AAA」達成
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 3

「エナセーブ NEXT」の誕生まで低燃費タイヤのフラッグシップを務める。ナノレベルの材料開発技術により誕生した新低燃費ゴムが、低燃費性能とウェット性能を両立。従来品に対し転がり抵抗を約39%低減、燃費は約6%の向上。

特殊吸音スポンジ搭載の低燃費タイヤ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3

「LE MANS LM703」の後継。これに比較して、車内静粛性計測値は13%低減、転がり抵抗28%低減、燃費3.8%向上、ウェットブレーキ性能9%の向上を謳う。その中でも特に静粛性の拘りを強く訴える。

詳細は ダンロップ LE MANS4 の特徴 で確認を。
  

トーヨー

NANOENERGYシリーズフラッグシップ。「AAA/a」達成
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 5
  • 3
  • 3
  • 3
  • 2

「NANOENERGY 0」はラベリング制度での転がり抵抗係数「AAA」、ウェットグリップ性能「a」を達成した低燃費タイヤ。ブランド展開では「NANOENERGY 0」を筆頭に高位の低燃費タイヤのラインアップが実現している。

詳細は トーヨー NANOENERGY 0 の特徴 で確認を。
NANOENERGYシリーズ第二弾。耐磨耗性向上でタイヤ長持ち
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 3
  • 3
  • 3
  • 4
  • 3

第一弾の「NANOENERGY 1」に比べ耐磨耗性能向上を謳う。HVやEVで装着されているサイズを中心にサイズラインアップされ、より幅広い車種に転がり抵抗係数の最高グレード「AAA」を提供できることが強調されている。

詳細は トーヨー NANOENERGY 2 の特徴 で確認を。
欧州先行販売、日本導入により低燃費タイヤラインアップ充実を図る
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3

ラベリング制度で転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「b」を達成した低燃費タイヤ。国内では輸入車向けと添えられるも、コンフォートタイヤへのポジションがフィットする。SUV/4×4用「CF2 SUV/4×4」も同時展開される。

詳細は トーヨー PROXES CF2 の特徴 で確認を。
  

ファルケン

「ZIEX ZE914」の後継。低燃費タイヤの更なる進化
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 5
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3

コンパウンドの進化によってウェットブレーキ性能「c」から、「a」もしくは「b」へ向上。新シリカ用変性ポリマー をトレッド部に採用、不要な発熱を抑え転がり抵抗を低減。ウェット性能を最大限に発揮させる。

詳細は ファルケン ZIEX ZE914F の特徴 で確認を。
スポーツ+コンフォートで幅広い層をターゲットにする
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3

コンパクトカー、セダン、ミニバンそして輸入車などを対象とし、その層ごとに求められるニーズに応えてくれる。快適性と伴に運転する楽しさをも追及するオールラウンド性の高いスポーツ性を期待できるコンフォートタイヤ。

詳細は ファルケン ZIEX ZE912 の特徴 で確認を。

グッドイヤー

ツーリング・エコタイヤを謳う低燃費タイヤ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 3
  • 4
  • 4
  • 3

左右非対称パターン、e-Hybridコンパウンド の採用などにより、シャープなハンドリング性能、進化した転がり性能、コンフォート性能、そしてライフ性能(耐磨耗性)を実現し、低燃費タイヤでありながら走りへの拘りをも示す。

快適性能とロングライフによるタイヤ性能を訴える
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 3
  • 3

独自のハイブリッド構造 HybridⅡ の BioTRED、ValueTRED、G-TAMS などの技術により、快適性、静粛性、経済性などの向上が謳われている。快適性能とロングライフに特徴を示す。

ミシュラン

「ENERGY SAVER」の後継。第5世代の誕生
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
  • 3

「ENERGY SAVER+」は第5世代となり、タイヤの基本性能となる安全性、経済性、居住性を高次元でバランスさせ、更なる低燃費性を実現。「ENERGY SAVER」のパターンは継承し、新たに構造やコンパウンドを見直す。

ヨーロッパで認められた省燃費性能と安全性
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
  • 2

新開発のコンパウンド技術により、省燃費 とともに 安全性、ロングライフ という異なる性能を可能にしている。同社の「ENERGY3」と比べて、転がり抵抗が約7%、ウェットブレーキ性能が約6%それぞれ向上。

詳細は ミシュラン ENERGY SAVER の特徴 で確認を。

コンチネンタル

エコ性能と安全性能を高次元で両立
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
  • 3

転がり抵抗低減により優れたエコ性能を実現、ウェットでのグリップやブレーキング性能を高め、耐摩耗性能や乗り心地も向上。最高速度300km/hに対応するスピードレンジ Y サイズを実現するUHPタイヤ。

詳細は コンチネンタル ContiEcoContact 5 で確認を。
アジア太平洋地域向けコンパクトカー用コンフォート
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 3

アジア太平洋地域向けコンパクトカー用コンフォートを謳いユーザーが求める快適な乗心地、安定ある走り、経済性を追求して開発されたという。スタンダードコンフォートという特性からカテゴリーの狭間に配置も検討される。

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る