ミニバンタイヤ性能比較表

ミニバンタイヤ性能比較表

mini1

 車種としてのミニバン人気は定着しました。ミニバンは家族みんなで乗れる、友達同士大勢で会話しながら走れる、など最適への評価が得られます。

 反面ミニバンは車重があって重心が高い為にふらつきやすい。コーナーリング時にはタイヤの外側に荷重が移りやすく安定性に欠けます。その走りを支えるには専用タイヤ、そうミニバンタイヤの存在が大きなものとなっています。

 ミニバン専用タイヤは外側と内側の構造を変え過重負荷に耐えられることで、クルマをしっかりと支えながらも強いグリップ力を発揮します。タイヤの片減りや走行時のふらつきなどにも対応し、ミニバンの快適な乗り心地を実現します。 

 20年を超えるミニバンタイヤの歴史によって、家族みんなが快適にドライブできる安定性にプラスした快適なタイヤ性能を実現しています。ミニバン専用として世代は進み、市場での開発競争が激しさを増した結果です。ミニバンタイヤという括りの中で多様性は広がり、あらゆるニーズに対応する製品展開が見られるようにもなりました。

(2016.3更新)

ミニバンタイヤの変革

 ミニバンカテゴリーで実績を持つのがトーヨーの TRANPATHシリーズです。1995年に「TRANPATH MP」が発売され、1997年頃にシリーズが確立されています。

 前年の1996年には車種としてミニバンブームが到来、ミニバン市場の拡大に伴い装着タイヤへの不満がクローズアップされ始めました。そこで投入された「TRANPATH MP」が注目され大いに受け入れが進んだのです。TRANPATHシリーズはその後も進化し続け、今でも高い認知を誇ります。

 この動きに対して、他メーカーも勢いミニバンカテゴリーヘの取り組みを強化します。新たなブランド構築を進めより高性能化を狙い、結果としてミニバンカテゴリー内の細分化に繋がります。

 細分化は、静粛性と乗り心地を両立した コンフォート性能、より上質の快適性を追求した プレミアム性能、高速走行やハンドリングを追及した スポーツ性能、そして転がり抵抗の低減や素材の工夫が見られる 低燃費性能などに振ったミニバンタイヤが出現しました。

 しかし、低燃費タイヤの普及によりミニバンも低燃費タイヤが主流となる中で、広がりを見せた細分化への動きは鈍ります。全体は低燃費追求型に集約され、転がり抵抗係数で最高グレーディングとなる「AAA」や、低燃費=高性能と受け止められるミニバンタイヤへの訴えを強化して行きます。

 ミニバンカテゴリーは後発ながら用途の多様性、そして車種人気からタイヤへの要求は年々増し、それに応えるようカテゴリーの細分化は進んだはずなのですが・・

 そして最新では低燃費の追求はほどほどに、それよりも独自性の主張を高める動きに戻りつつあります。低燃費タイヤであることは当然ながら追求は標準レベルに抑えます。プラスして本来求められるミニバンへの性能に回帰しています。

 特にプレミアム化はそれまでの停滞から脱し勢いを増しています。低燃費タイヤ第2世代としてミニバンカテゴリーが主張するのはここです。但しトーヨーの新たな動きは気になるところですが・・

【2016 ラインアップ全体の特徴】

 低燃費タイヤは2010年1月から導入開始となり、この年からミニバンカテゴリーへも製品投入が果たされました。ミニバン専用タイヤとして現在は、国内4メーカー+グッドイヤーがラインアップしています。

 ブリヂストンは当初出遅れたものの現在は充実展開を図り、ミニバンカテゴリーでも牽引する様相は強大です。一時ライナップ数の拡大で性能差による差別化に窮しましたが、今シーズンは整理が進んでいます。「REGNO GRVⅡ」のサイズ拡大はプレミアム路線強化への積極性を感じます。

 ヨコハマは、従来の「BluEarth RV-01」がプレミアムを謳う展開ながら、その主張にはやや物足りなさもあったかと。「BluEarth RV-02」へ進化して2シーズン目、安全性と快適性の観点から注目は続きます。ダンロップは「エナセーブ RV504」です。エナセーブ第2世代を謳い、転がり抵抗係数を「A」から「AA」へ引き上げた点が注目されます。

 トーヨーは6代目となるメインの「TRANPATH mpZ」、プレミアム「TRANPATH LuⅡ」、軽カーハイト系「TRANPATH LuK」の3銘柄がラインアップされ、ブリヂストンに次ぐ充実展開を実現します。グッドイヤーは「EAGLE RV-F」が投入され従来からのスポーツミニバンへの期待を誘います。

 ミニバンカテゴリー全体としては、ラベリング制度の転がり抵抗係数最高位「AAA」を実現した世代が終焉となり、追求レベルは標準的です。低燃費タイヤそのものが第2世代になっていることの現れでは。それとトーヨーがまた新たなジャンルを括ります。ミニバンのミドルクラスを新たなセグメントとして製品投入を図ります。

関連情報

ミニバンタイヤ性能比較

*性能評価バーは各カテゴリー内での評価を対象としています。他のカテゴリーとの評価を比較するものではありません。
*性能評価バーはタイヤメーカー等の指針を参考にしたものであり、タイヤの絶対的な性能を示すものではありません。

ブリヂストン

「REGNO GRV」が低燃費タイヤへ。極上の静粛性と快適性踏襲
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3

転がり抵抗係数「A」、ウェットブレーキ性能「b」と物足りない。しかし、最大の追求性能である静粛性、快適性、運動性能を高位に実現。進化を遂げたサイレントテクノロジーがミニバンへも高い静粛性、上質な車内空間を演出する。

REGNOシリーズのプレミアムミニバンタイヤ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3

REGNOの高性能さをミニバンにもたらしたのが「GRV」。ふらつきを抑え、コーナリング性能はこのクラスでは抜群。静粛性にも優れ、極上の走りと快適性に自信を示す。

詳細は ブリヂストン REGNO GRV の特徴 で確認を。
Playz PXシリーズ。ミニバン専用
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 3
  • 3
  • 5
  • 3

ふらつきと偏摩耗を抑制するミニバン専用設計。高次元の剛性を確保し、ミニバン特有のふらつきを抑制した、みんなで乗ってもふらつきにくい を強調。ライフ性能は従来品「ECOPIA EX20 RV」に対して13%の向上を謳う。

「エコピア EX20シリーズ」のミニバン専用タイヤ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 5
  • 3
  • 3
  • 4
  • 3

「エコピア EX20シリーズ」で搭載する優れたウェット性能とロングライフ性能を維持。「PLAYZ RV ECOPIA PRV-1」の後継となり、転がり抵抗比較で8%低減。当然ふらつきや偏磨耗にも配慮。ラベリング制度では「A/b」へ向上。

「ECOPIA EX20」シリーズの軽カーハイト系専用タイヤ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 4
  • 3
  • 5
  • 3

軽カーハイト系は一般のミニバンと比較してトレッド幅に対し車高が高い。横からの影響を受けやすく、ふらつきや偏磨耗が懸念される。専用タイヤならスーパーハイト系にも対応可能。ラベリング制度では「A/b」を実現。

詳細は ブリヂストン ECOPIA EX20C TYPE H で確認を。

ヨコハマ

プレミアムが更に進化。雨、ふらつきと偏磨耗の抑制、静粛性に拘る
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 5
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4

「BluEarth RV-01」の転がり抵抗係数「A」はそのままに、ウェットグリップ性能を「b」から最高グレーディングの「a」へ引き上げる。独自技術を搭載した非対称トレッドパターンはミニバンでも安定感のある走りを発揮。

詳細は ヨコハマ BluEarth RV-02 の特徴 で確認を。
BluEarth ブランドのミニバン専用タイヤ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 2

低燃費性能に加え、ミニバンのためのしっかり感や安全性能、同乗者への優れた静粛性や快適性、そして人にやさしい性能などを訴える。また、重量級のミニバンや1BOXにも対応するプレミアムミニバンタイヤでもある。

詳細は ヨコハマ BluEarth RV-01 の特徴 で確認を。

ダンロップ

エナセーブ第2世代を強調。ミニバンにも転がり抵抗「A」から「AA」へ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4
  • 5
  • 4

従来のウェット性能は確保しながらも不要な発熱の抑制に拘り、転がり抵抗の高レベル化を実現。4D NANO DESIGN により開発した 新シリカ用変性ポリマー をトレッド部に採用。ポリマーの発熱を抑制し従来品比較で13%も低減。

トーヨー

ミドルクラスミニバンの上級グレードを新たなターゲートにする
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
  • 3

車種としてのミニバンは高級感を演出するミドルクラスミニバンの上級グレードが人気。このセグメントを一つの新カテゴリーとして捉えたという。基本踏襲は「TRANPATH mpZ」ながら転がり抵抗8%の向上を示す。

詳細は トーヨー TRANPATH ML の特徴 で確認を。
TRANPATHシリーズ6代目、低燃費と安定性が更に進化
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 4
  • 4
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4

「TRANPATH mpF」の後継となり6代目のミニバン専用タイヤ。左右非対称3本溝パターンとワイドトレッドを採用、接地面積拡大により磨耗ライフに対応。3Dマルチサイプとアウト側リブを広くとり剛性を高め偏磨耗を抑制。

詳細は トーヨー TRANPATH mpZ の特徴 で確認を。
「TRANPATH Lu」の後継。待望の低燃費タイヤ化
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 5
  • 5
  • 4
  • 3

「TRANPATH LuⅡ」への進化では、最上級の静粛性と快適性を備え、ラグジュアリーミニバンにふさわしい上質な移動空間の提供。待望の低燃費タイヤ化を実現、転がり抵抗係数は「A」、ウェットグリップ性能は「b」。

詳細は トーヨー TRANPATH LuⅡ の特徴 で確認を。
TRANPATHシリーズに加わった軽カーハイト系タイヤ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4

軽カーは ハイト系 と呼ばれる背の高いタイプが人気。これらは横からの影響を受けやすくフラつきや偏磨耗が懸念される。「LuⅡ」の静粛性と上質な乗り心地を持ち合わせ、軽カーハイト系のフラつきや偏磨耗に対応する。

詳細は トーヨー TRANPATH LuK の特徴 で確認を。
静粛性に拘ったプレミアムミニバンタイヤ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 3
  • 4
  • 4
  • 3

すべてのシートでの高い静粛性が謳われている。特にタイヤノイズの影響を受けやすい後部座席でもその実現が図られているそう。価格的な面でも、他のプレミアムミニバンタイヤより優位性を見いだせそう。

詳細は トーヨー TRANPATH Lu の特徴 で確認を。

グッドイヤー

快適性能や操縦安定性をも向上させる新コンセプトミニバンタイヤ
-楽天市場-
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • ネット参考価格
  • 3
  • 4
  • 3
  • 4
  • 4
  • 4

「EAGLE RV-S ECO」の後継。スポーツミニバンへの期待感を誘う。転がり抵抗係数「A」「AA」、ウェットグリップ性能「b」「c」へ進化。ミニバン専用低燃費タイヤにも、走る喜びを 「RV-F」が持つ3つの力 Three Force を訴える。

詳細は グッドイヤー EAGLE RV-F の特徴 で確認を。
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る