ミシュランタイヤ・ミシュランガイド・ミシュランマン

 ミシュランの起源は、1863年に設立されたバルビエ&ドーブル株式合資会社です。ミシュランの名称は1889年に採用、アンドレとエドアールのミシュラン兄弟の名前を冠したものです。

 1891年自転車にダンロップ製のタイヤを装着していた者が、その修理の為に工場を訪れる。当時は修理と着脱に一晩かかっていたことから、簡単に修理できるタイヤを作りたい。そしてたった15分で行えるように開発した。しかもそのタイヤを装着した、たった一人の選手が自転車レースで優勝したことから、ミシュランは世間の注目を集めることになりました。

 1895年ミシュラン兄弟によりクルマが初めて空気入りタイヤで走行を果たす。1898年ミシュランのタイヤ男ミシュランマンの誕生。1900年、後のミシュランガイドとなるレッドブック35,000部が発行される。

 日本でのタイヤ販売事業は1964年から。浜松町・羽田空港間に新設されたモノレールに、ミシュランスチールラジアル「X」タイヤが採用されたのが日本におけるミシュランの第一歩です。

 1965年三井物産が総代理店としてタイヤの輸入および販売を開始。1975年三井物産が日本ミシュランタイヤの前身である日本エックスタイヤ販売を東京 神田に設立。1978年ミシュラン社が三井物産から日本エックスタイヤ販売の全株式を譲り受け、ミシュラン100%出資による日本ミシュランタイヤが設立される。

 1989年オカモトと合弁し、両ブランドのタイヤを市販市場で販売するミシュランオカモトタイヤ販売、両ブランドのタイヤを製造するミシュランオカモトタイヤが設立される。

 1991年ミシュランオカモトタイヤ太田工場(群馬県太田市)で、ミシュランブランドのタイヤを生産開始。1995年米国生まれのブランド「BFグッドリッチ」の販売を開始。1998年にはミシュランマンが生誕100周年を迎えました。

 2000年ミシュランオカモトタイヤをミシュランの100%出資子会社化。またミシュラントラックアンドバスタイヤの事業を、ミシュランタイヤ販売に統合。2003年日本ミシュランタイヤ(OE事業)、ミシュランオカモトタイヤ(製造事業)、ミシュランタイヤ販売(市販事業)の3社を統合し、日本ミシュランタイヤがスタート。2010年太田工場におけるタイヤの生産を終了。研究開発等は継続しています。

 日本ミシュランタイヤ株式会社は従業員数約750名、所在地は東京都新宿区。本家の仏ミシュランは現在世界シェア2位。2013年12月末現在の従業員数は11万1,200名、工場は17ヶ国・67施設、フランス クレルモンフェランで設立されました。

 次は、ミシュランガイド・ミシュランマン について続きます。

ミシュランタイヤ・ミシュランガイド・ミシュランマン その2
タイヤメーカーの歴史

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336