≫ ミシュラン PRIMACY SUV+ 新掲載!

ミシュラン PILOT SPORT EV の特徴

概要

スポーツEV・スポーツハイブリッド車向け

スポーツカーユーザーが本来求める安全性能とドライビングする悦びを失わずに、電動車特有の性能に適合させた。転がり抵抗を低減し効率的にクルマの出力を路面へ伝える。

製品情報

 ミシュランでは、スポーツタイヤ「PILOT」シリーズにスポーツEV・スポーツハイブリッド車向けとして「PILOT SPORT EV(パイロット スポーツ イーブイ)」を追加しました。スポーツカーユーザーが本来求める安全性能とドライビングする悦びを失わずに、電動車特有の性能に適合させた、としています。

 サイズは 275/35R21 103W XL ~ 255/45R19 104W XL までの6サイズでいずれもAcoustic(アコースティック)を装備。Acousticはタイヤの空洞共鳴音(タイヤの中で空気の振動が原因で発生する音)からくる車内騒音を低減するテクノロジーです。2021年9月より発売を開始しています。

 ミシュランの電動車用タイヤとしては先に発売したプレミアムコンフォート「e・PRIMACY」に次ぐもの。電動車とはEVカーのみではない。モーターを駆動に採用したクルマのこと。従ってEVは勿論、ハイブリッドやプラグインハイブリッド(PHEV)、燃料電池車(FCEV)なども含まれます。

 クルマ業界で加速する電動化の流れ、電動車の普及拡大に向けた動きであることは明白。軽/コンパクトカーは勿論、乗用車、SUVなど多様化を見せる中で、スポーツ系をターゲットにしたのが「PILOT SPORT EV」です。

 電動化されたスポーツカーは、一般的な電動車と比較してバッテリー搭載量が大きく、ハイパワーで消費電力が大きい。そこで転がり抵抗を低減し効率的にクルマの出力を路面へ伝え、本来持つパフォーマンスを最大化させながら環境負荷の低減にも貢献する、というのが主張点。

 2014年9月から開催されている、FIAフォーミュラEのレースで培った技術を応用した新設計コンパウンドと内部構造を最適化。重量化されたクルマでのスポーツ走行時でも安定したグリップを確保。また偏摩耗や早期摩耗を抑制、安全性と経済性、原材料使用量の低減を可能に。更にモーター走行時の車内騒音にも配慮、タイヤ内側に消音部材を採用し静粛性にも拘ります。

搭載技術

 トレッド面センターにフォーミュラEのレース用タイヤ技術を応用した新開発のコンパウンドである エレクトリックグリップ コンパウンド を採用。高いグリップ力を発揮し、パワーを確実に路面に伝えます。一方ショルダー部には グリーンパワー コンパウンド を配置し転がり抵抗低減へ貢献。

 また内部にはスチールベルトに強度と軽さを併せ持つ新素材を採用。耐久性を犠牲にすることなく構造の薄型化を実現し転がり抵抗低減へ繋ぎます。

 アコースティック テクノロジー(Acoustic)は、タイヤの内側に貼り付けられた専用設計の特殊静音フォームです。路面の段差、道路のつなぎ目を乗り越える際に発生するノイズ(空洞共鳴音)に効果を発揮するモノ。車内に響くノイズが減少することでロングドライブでの疲労軽減が可能に。

 またサイドは、フォーミュラEレース用タイヤの斬新なサイドウォールデザインを、フルリングプレミアムタッチで再現しています。

サイズ・購入

YAHOO!ショッピング楽天市場

インプレッション

ミシュラン PILOT SPORT EV のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
タイトルとURLをコピーしました