ヨコハマ ADVAN dB V553【新掲載】
プロモーションが含まれています

ミシュラン PRIMACY SUV+ の特徴

概要

PRIMACYシリーズにSUV専用を投入

車高が高く重量も重いSUV専用として、快適性と高速安定性を両立させたプレミアムSUVコンフォート。「PRIMACY」シリーズが持つ極上の快適性能と走りをSUVへも波及。

製品情報

 ミシュランはプレミアムコンフォートタイヤ、「PRIMACY」シリーズのSUV専用「PRIMACY SUV+(プライマシー エスユーブイ プラス)」を2022年5月19日より投入しています。車高が高く重量も重いSUV専用として、快適性と高速安定性を両立させたプレミアムSUVコンフォートタイヤだという。

 従来品は「Premier LTX 」、「PRIMACY」シリーズが持つ極上の快適性能と走りをSUVへも波及する。そのブランドとして「Premier」が採用され新たな構築を図りました。しかし、非舗装路の走行も考慮され、全サイズM+Sが刻印されているので低燃費タイヤには規定されず。

 昨今のSUV(オンロード)は、グリップは当然、乗用車のような快適で優れた静粛性、高速安定性とハンドリング性能の向上が著しい。「PRIMACY SUV+」はこのことを重視。よりハイレベルなプレミアムSUVコンフォートを目指します。

 サイズは15~20インチまでの展開。低燃費タイヤとしては転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「b」を実現。将来的には全サイズで規定を満たすものと思われます。

 発売にあたってミシュランは独自に市場調査を行った。その結果、ユーザーはドライ路面とウェット路面でのグリップ性能、乗り心地の良さ、ハンドリングについて特段の拘りを持っているという結果に。これに対応することが「PRIMACY SUV+」のコンセプトになるのでは。

 「Premier LTX 」は2016年の発売で新たな「Premier」シリーズを構築しました。しかし、最新ではプレミアムコンフォートとして認知された「PRIMACY」シリーズへ取り込むのが得策、と判断。今回の動きになったのでしょう。

 ミシュランにはSUVブランドとして元来「LATITUDE」シリーズが存在します。しかしながら近年日本国内においてはやや低調気味。そこで「Premier」シリーズを取り上げましたがそれもいまひとつ‥ ということで「PRIMACY」シリーズのSUV専用タイヤにミシュランの大きな期待が感じられます。

搭載技術

 シリカを多く配合した新設計のコンパウンドを採用、転がり抵抗を犠牲にすることなく優れたドライ、ウェットブレーキ性能を発揮します。

 U字型の主溝と溝底まで深く刻まれたフルデプスサイプにより、摩耗による急激な排水性能の低下を抑制します。またトレッドのブロック数を増やし最適化することで、ノイズのピークを下げて騒音エネルギーを低減します。

 更にサイプ内の突起によりブロック同士が互いに支え合い倒れこみを抑制します。ブロック剛性を高めることで、高速走行時の安定性とハンドリング性能の向上に寄与します。

 従来品「Premier LTX 」との比較では、ウェットブレーキングで約8.2%の向上。騒音エネルギー(パターンノイズ)は約27.9%の低減です。

サイズ・購入

YAHOO!ショッピング楽天市場

インプレッション

ミシュラン PRIMACY SUV+ のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。直接的な体感は何事も及びません。説得力に長け、本質の訴えが響きます。これをもって購入の是非を判断される人も多いかと。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。
タイトルとURLをコピーしました