スタッドレスタイヤ性能比較 注目の製品展開!

ダンロップ WINTER MAXX 03 の特徴 〔NEW〕

概要

氷に超速で効く氷上性能特化型プレミアムスタッドレス

氷に超速で効くダンロップ史上最高の氷上性能 というのが主張点。そうズバリ、アイス性能の更なる向上を強調した氷上性能特化型プレミアム製品。SUVサイズもフォローする。

製品情報

 ダンロップは新スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX 03(ウインター マックス ゼロスリー)」を投入しました。氷に超速で効くダンロップ史上最高の氷上性能 というのが主張点。そうズバリ、アイス性能の更なる向上を強調した氷上性能特化型プレミアム製品です。

 設定サイズは 145/80R13 75Q ~ 245/40R20 95Q まで全98をいきなりラインアップする。ただこの中には従来品「WINTER MAXX 02」同様SUVサイズもフォローします。乗用車用サイズ83、SUVサイズ15の合計で98です。

 「WINTER MAXX 03」は従来品が「WINTER MAXX 02」になります。こちらは2016年8月に登場し翌2017年9月にSUVサイズを追加、プレミアムスタッドレスの位置付けを定着させました。ダンロップ史上No.1の氷上性能と長持ちがコンセプト、「01」「02」そして今回の「03」へコンセプトは継承します。

 「02」の超密着ナノフィットゴムと、MAXXグリップパターンは中々いい評価だったかと。真価が問われるアイス性能でブリヂストンとヨコハマに真っ向から対峙。撥水による除水効果を極め密着に繋がる一連の工程で最大主張が響きました。

 「03」も撥水技術の更なる向上効果期待されますが、より進化したのは密着性としなやかさを長期にわたって保つこと。後に紹介するけれど ナノ凹凸ゴム と 液状ファルネセンゴム というコンパウンド技術が新たな次元へ導き、高いアイス性能を実現するというから期待感は必然的に膨らみます。

 さて「WINTER MAXX」シリーズも3代目となり都度かなりの進化を果たしているかと。住友ゴムの除水技術である撥水は、ブリヂストンとヨコハマの吸水とは真逆の発想です。そこから密着へ導く訳ですが、双方とも優劣つけがたい先進技術によって成り立つものです。

 しかしながそこは最新の程度によって進化レベルは随分異なります。近年は3シーズンでプラス進化(コンパウンド系の改良)への移行が規定化しています。またコンパウンド系とパターン双方ともに最新化するフルチェンジもある。「03」は後者かな。これが期待感への所以です。

 メーカーが示す性能指針はアイス性能の更なる向上化が極めて高い。ただその為の弊害、と言っていいかは分からないけれど、ドライ性能とライフ性能はややトーンダウンしている印象。「02」から妥協の感が否めません。まぁショウガナイのかな‥

 いずれにしてもアイス性能の効きがスタッドレスタイヤ最大の評価点、これが実現してこそトータル性能が響きますからね。

SUVサイズをフォローする意味は?

 ダンロップのスタッドレスタイヤラインアップには、SUV/4×4用として「WINTER MAXX SJ8」がポジショニングされます。しかし、乗用車用「WINTER MAXX 02」に発売翌年SUVサイズが設定されました。当初はCUVと記載。今回「03」もそれを踏襲しSUVフォローを実現します。

 この辺りは混乱するところながら、乗用車ベースのSUV、いわゆるCUVへの汎用性を示したのでは。CUVはベースを乗用車とするもの多数。従って共有により高度化した製品装着が可能です、ということでは‥

搭載技術

 「WINTER MAXX 03」の技術主張はコンパウンド系に集中。ナノ凹凸ゴム、MAXXグリップトリガー、液状ファルネセンゴムの3つが主になるかと。

 ナノ凹凸ゴムは、タイヤ表面にナノレベルで施された凹凸構造を持つ特殊なゴム。凹凸構造の突起部分がいち早く水膜に到達、起点となり強い水の流れを生み出し素早く除水を開始。氷に触れる面を最大化し強い密着力を引き出します。

 これにより新品時のアイスブレーキ性能が22%(その差3.1m)、アイスコーナリング性能も11%向上(最大旋回Gを計測。「03」=0.127G、「02」=0.114G)しているという。

 またナノ凹凸ゴムに含まれる MAXXグリップトリガー は水と反応して溶ける性質。しかし摩耗しても繰り返し凹凸構造が出現するので溝が減っても安心。更にゴムと軟化剤の2面性を持つ 液状ファルネセンゴム は、低温下での密着とゴムの柔らかさを実現。しなやかさが続くため時間が経ってもアイス性能が低下し難いらしいです。

サイズ・購入

YAHOO!ショッピング楽天市場

ダンロップ WINTER MAXX 03 のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
運営者

タイヤに特化した専門サイト! 単身オリジナル情報の発信に励む、2006年開設です。

タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました