スタッドレスタイヤ性能比較 注目の製品展開!

ISSE スノーソックス の特徴

概要

ナノレベルの技術で誕生した特殊な化学繊維を採用

スペインのバルセロナに拠点を置くISSE Safety S.L.から投入。ナノレベルの技術で製造された特殊な化学繊維の毛細管現象で、雪路、アイス路に張り付くような走行を可能にしているという。

製品情報

 ISSE(イッセ)「スノーソックス」は布製タイヤカバー。スペインのバルセロナに拠点を置くISSE Safety S.L.から投入。2019年12月国内市場に登場、2シーズン目となる今シーズンは更なる認知拡大を狙います。

 布製と言っても様々。「スノーソックス」はナノレベルの技術で製造された特殊な化学繊維の毛細管現象で、雪路、アイス路に張り付くような走行を可能にしているという。また承認は、TUV(ドイツ)、Onorm(オーストリア)、DOT(アメリカ)など取得しています。

 タイプは車種により3タイプを設定。CLASSIC(クラシック)は標準グレード、性能と価格のバランスに優れる。SUPER(スーパー)は耐久性に優れた上位グレード。そしてトラックなどの大型車向け大口径タイヤに最適なTRUCK(トラック)もある。従ってほぼ全車種、軽/コンパクト、ミドル、プレミアム、ミニバン、SUVなどフォローが可能かと。

 ISSE Safetyはスペイン バルセロナ近郊のサバレルで2003年に誕生、15年に渡り布製タイヤカバー「スノーソックス」を製造。元来老舗の繊維メーカー、繊維製造で培った技術を生かし開発(特許取得済)、現在は欧州を代表するまでに成長だそう。

 意識するのはやはり「オートソック」かと。比較すれば後発になる。しかし、素材の特殊性には自信を示し、従来までのマイナスを補い性能としての特性を見出している、というから自信は凄い。

 装着は他の布製タイヤカバーと同じ。タイヤ上側に被せ、次にクルマを動かしタイヤを半回転、残りの部分を被せるだけ。方向性はなく被っていればオートセンター機能によって、走り出すと自然とタイヤに収まってくれる。

 驚くのはサイズ展開。既述で3タイプの区分けを示したけれどうちTRUCKを除き、2タイプでサイズは6種類しかない。1つのサイズで多くのフォローを実現するということ。例えば、SIZE 66 なら 185/80R14 ~ 285/30R20 まで100以上に対応します。

 どういうこと? になりますわな。タイヤの直径がすべてを決めているという。幅が広くなってもタイヤサイドさえ被っていれば問題ない、という考え方らしい。

 寿命は穴が空いたらという、まぁそうでしょうね。具体的には見当たらないけれど、他同様とするなら雪道で100kmの走行が可能かな‥ なお装着時は40km/hで走行して欲しい、という指針があります。

 スタッドレスタイヤ装着でもチェーン装着が義務付けられる新たなチェーン規制にも対応しています。

サイズ・購入

サイズ・購入

ご注意 : 購入に際しては装着可能かサイズ・マッチング等を必ずお確かめ下さい。
サイズ適合表(ISSE公式サイト)

ISSE スノーソックス のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
運営者

タイヤに特化した専門サイト! 単身オリジナル情報の発信に励む、2006年開設です。

タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました