スタッドレスタイヤ比較(選び方)

スタッドレスタイヤ比較(選び方)

sport1

 スタッドレスタイヤは近年基本性能の高さが際立ちます。これは各タイヤメーカーが、最新技術を搭載した高性能スタッドレスタイヤを投入している為です。

 氷雪路での安全性能は当然のこと、ドライ路面や融雪等によるウェット路面でも走行の高さを誇りあらゆる冬の路面に対処するオールラウンド性能が特徴と言えます。

 その中でも特に強調されるのはアイス性能では。アイス路面では氷とタイヤの間の水膜が滑りの原因であることが確認されています。水膜を除水することで密着効果が得られ、アイスグリップが確保できるのです。実現にはゴム素材に着目し、ナノレベルでの高度な技術が投入されています。効きに対する評価は高性能タイヤへ直結します、近年はこの追求が絶対的です。

 また、暖冬傾向なら降雪量は減り、たとえ雪国でも全くのドライ路面での走行が多いということさえあります。それにより夏タイヤ並の快適性能を併せ持つことが求められています。

 更には低燃費対応も重要です。既存の低燃費タイヤを超える転がり抵抗低減を実現するタイヤも出現しています。本来スタッドレスの基本性能と、転がり抵抗の低減は相反する性能です。高度な技術対応により実現しています。

 このようなタイヤの環境変化を察知し、そこから発生するニーズに応えようとするタイヤメーカーの動きが、近年の高性能化への動きへ繋がっていると考えられます。

スタッドレスタイヤ性能比較

基本知識

 スタッドレスタイヤ、スノータイヤ、スパイクタイヤ、スタッドタイヤなど夏タイヤとは異なり冬専用タイヤはいくつか見られます。しかし、現在はウインタータイヤ、冬タイヤ、そしてスノータイヤと言えばほぼ「スタッドレスタイヤ」と理解されます。

 これは「スタッドレスタイヤ」が、環境面や氷雪路での走行で信頼性の高さを得た結果かと。ここではその基本知識について確認していきます。

スタッドレスタイヤと夏タイヤ比較

 スタッドレスタイヤは過酷な冬道でも滑りを抑え安定した走りが求められます。その為に低温時でもゴムの柔らかさを保ち路面への密着を高める必用があります。密着効果を求めると、ゴムは硬くならない柔らかさを維持することが重要です。

 アイス路面は一見ツルツル、スベスベで平らに見えます。しかし表面は微細な凹凸があり、そこに柔軟に密着し接地面積を増やすことで効きを高めます。密着を高めるには一定の柔らかさが必用なのです。但し、直前にアイス路面とタイヤの間の水膜が除去されているのが前提です。

 また雪路ではタイヤの摩擦力は最小化します。そこでトレッド面にブロックを設置し深溝を刻みます。その溝が雪を踏み固めて雪の柱を作り、それを蹴り出すことでグリップを生み出しています。(雪中せん断力) でも硬いゴムの場合、何とか雪を掴んだものの放すのにスムーズさが失われ、結果雪が溝に詰まりタイヤ表面はツルツルに。一連の工程で行われる掴む・放すは、ゴムの柔らかさによって実現されています。

 雪の無いドライ路面でも密着によるグリップ効果が期待されます。低温時、そう気温7℃を境に夏タイヤはゴムの硬化が進み、路面への密着性が低下し接地面積は減少します。その結果としてグリップ低下が懸念されます。対してスタッドレスタイヤなら柔らかいゴムが路面の凹凸に密着し接地面積を拡大、グリップ効果が夏タイヤ以上に期待出来るのです。

 スタッドレスタイヤに採用されるゴムは、表面温度が20℃でも極寒温度のマイナス80℃でも、硬度はほとんど変わらないというから驚く。温度変化に対しても一定の柔らかさを維持する、重要なことなんです。

タイヤどう選んだらいい?

stud2

 雪道走行で一番緊張するのがブレーキ操作時と轍などを越えるときの横滑りです。特に雪道走行の経験が少ない人ほど「ヒヤッ」とする感覚は大きく、なかなか心臓のドキドキが収まらないことがあります。

 昨今のスタッドレスタイヤは、基本性能が飛躍的に向上しており、一昔前とは比較にならないほど冬道での走行が安定しています。日本のスタッドレスタイヤの性能は世界一とも言われ、よほどの無理をしない限り立ち往生してしまうことは少なくなりました。

 その為に、外国メーカーでも日本向けには日本国内で開発を行うことが珍しいことではありません。このようなタイヤメーカーの動きから、まず日本の雪質や走好条件に合ったタイヤであることが基本と言えそうです。

 ただ、日本の雪質といっても地域差があります。北海道なら気温が低くサラサラした雪質です。しか路面は非常にすべりやすい。本州の太平洋側では水分が多く圧雪になりやすい、一方日本海側は圧雪凍結など。最も厳しいのは北海道であり、そこでの開発がタイヤメーカーの主流となっています。

 また路面による違い、雪路ではそれ程差が出難いのに対して、アイス路面は差が大きく、ふわふわとした心もとない走りをするタイヤは安定感に欠ける印象を抱かせます。やはり氷に密着するしっかりした走りを実現することことが理想です。

 このことから雪路ではドッシリ安定した走行性能、アイス路面では氷に密着し食いつくようなグリップ性能、シャーベット路では走破性、そしてドラでは高速安定性や静粛性、そして低燃費などが求められます。

こんな点も考慮したらいい!

 スタッドレスタイヤの使用は3年も経過するとゴムが劣化し、本来の性能が衰えて来ると言われます。その為に寿命に対する捉え方も重要な選択肢の一つです。摩耗の抑制に優れた製品を見出したい。ただ夏場の保管方法によっても状態は変わります。適切な管理をすることで持ちに変化も出てきます。

 スタッドレスタイヤは、一般的に縦方向のグリップが強くて横方向のグリップはやや劣ります。つまり、発進や制動には強いが旋回時などはより慎重さが必要です。最新ではこの横滑りに注目しその性能アップが図られています。縦方向と横方向のバランスがメーカーにより異なり性能の差となっているのです。

 バランスは人により好みが分かれますが、雪道に不慣れな人ほど横方向のバランスに優れた最新のほうが扱いやすいかもしれません。このような観点も少し気にしたらどうでしょうね。

 当サイトにおける役割はこれらの情報発信です。メーカー主張は当然ながら、インプレッションの投稿、更には最安値などいろいろ参考にして欲しい。

雪道走行-過信は禁物

stud4

 高性能でも雪道走行で過信は禁物です。そこにはどんなシーンで危険が待ち伏せているか分かりません。常に慎重さが求められます。

 スタッドレスタイヤは雪路で本来持ち合わせている雪を噛む効果がかなり実感出来ます。安全な場所で急ブレーキの体験が可能なら是非実践してもらいたい。

 しかし、急ハンドルを切った場合、夏タイヤのような思い通りに曲がる感覚は得られません。安全に曲がる為にはグリップ性能に頼るのではなく、スピードを十分に落としてからゆっくりとしたハンドル操作に入ることが最も確実な方法です。

 アイス路面では雪路以上に滑ることは明らか、雪国のドライバーでさえもできれば運転を避けたいのが本音です。最新でも自由自在に車をコントロールすることは至難の業であり、氷上性能は 車を制御できるスピード域でタイヤ性能が向上している と理解することで戸惑いが解消出来ると思います。

 雪道での発進は そーとそーと という感覚でアクセルを踏むこと。車が動き出したら、ゆっくりとジワーという感じでアクセルを踏み込み急な加速は絶対に避けます。雪道で一番難しいのが止まること、いつもよりもかなり早めのブレーキを心がけます。とにかく、発進 → 走行 → 停止 いずれもゆっくりとした動きが安全に繋がります。

 以前と比較すれば目を見張るほど性能向上が図られている最新スタッドレス、それは飽くまでもドライバーが車を制御できるレベルでのこと。それを超えた時点で高性能でも制御不能に陥ることをお忘れなく。

積雪時にスタッドレスタイヤ等装着無しは条例違反

 降雪時には、スタッドレス又はチェーン装着が当然のことと捉えています。しかし、首都圏などで積雪があった際でも夏タイヤのままで走行し、立ち往生しているクルマの多いこと。そもそも降雪時に夏タイヤで走行すること自体恐くて出来ません。

 これ実は条例違反になる可能性があるのです。日本では沖縄を除き、北海道から鹿児島まで46都道府県で降雪時の冬タイヤ等の装着に関して条例で定めています。例えば東京都、

 東京都道路交通規則 第8条第6号
 積雪又は凍結により明らかにすべると認められる状態にある道路において、自動車又は原動機付自転車を運転するときは、タイヤチェーンを取り付ける等してすべり止めの措置を講ずること。

 となっています。罰則等は不明ながら、事故等が非常に懸念されます。私などスタッドレス装着でも毎年雪道走行には気を使います。それほど危険度が高い走行環境となるのです。JATMA(日本自動車タイヤ協会)では「都道府県道路交通法施行細則 又は 道路交通規則における積雪、凍結時の防滑措置」として、46都道府県の条例を抜粋掲載しています。是非確認を!

その他知識はこちらから

▲TOPへ
▲TOPへ戻る