番外 NEXEN N7000 Plus まだ装着しています・・

 このところ遠出する機会が多くその度に空気圧の調整をしています。装着するのはいまだ変更無しのNEXEN「N7000 Plus」。3シーズン目に入りましたがリアルリポートは既に終了したし、これと言って興味ある話題が無いのでスルーしています。

 何度か伝えたように、愛車の問題で新たなタイヤへ移行出来ません。従ってリアルリポートも休止中。とっても残念ですけど状況に変化無し。愛車の購入計画は更に厳しい方向に向かっており、正直凹む日が増えています。

 そんな中、いい出来事がありました。高校3年になる息子、部活の陸上で個人として最高成績を残しました。念願の東北大会へ出場します。ここで上位になるとインターハイ(全国大会)出場・・は難しいかな。で、開催されるのは岩手、最後になるだろうし応援に行かないと!

(昨夏スパイクを購入に新宿まで。しかし僅か1ヶ月で破れる。メーカークレームで対応し同製品を再購入。ところがまた! 今大会中更に大きく破損。その時はテーピングで一時的補修を。仕方ない、東北へ向け同製品3足目を購入。これ気に入っているらしいので。2足目以降はメーカークレーム入れません。機能重視で耐久性は最小なんでしょ。ショウガナイ。)

 岩手への遠征は2回目。最初は息子と2人でタミヤ主催のラジコン大会に出場した時。息子はまだ10歳、早朝4時に自宅を出て岩手の会場へ。当時ラジコン大好き親父だったので随分熱が入っておりました。(ジュニアクラスで2位になったマシンTB-03Rには10万円以上掛けた。ラジコンも勝つには金だった。)

 そして今回、女房と2人で出掛けます。往復500km以上かな。一応3月に車検を通したし、その時整備は念入りにお願いしました。愛車は購入から10年以上経過し大きな修理は2回、細かいところも数回実施しています。500kmの走行に不安ゼロではないけれど、恐らく大丈夫でしょ。

 安心を高める為にタイヤだけはちゃんとしておきたい。3週間前に空気圧は点検済み、しかし今回高速を走るので更に10kPaくらい高めに設定しておこう。出発は14日、一泊し15日に帰宅します。

詳細情報・購入

NEXEN「N7000 Plus(エヌ7000 プラス)」は従来品「N7000」の進化であり、Plus の本質はコンパウンドの変更。NEXEN史上最上級の静粛性を実現し、ラグジュアリーカーにも推奨される。
広告
336

シェアする

フォローする

広告
336