MINERVA(ミネルバ)タイヤ性能比較

minerva

 MINERVAはミネルバと読む。ベルギー生まれの有名な自動車メーカーの一つだった、という。幻のベルギー製高級車、MINERVAに対してはそんなイメージを抱きます。ベルギー人でさえも知らない世代が増えているとか。

 ベルギーのアントワープに拠点を築いたのが1800年代後半、当時は最新技術を駆使し超高級車MINERVAを製造販売していました。その後大戦により工場閉鎖等困難に遭遇、再建を果たすも1950年代倒産に追い込まれた、というからとっても残念。現存すればロールスロイスなどと同じ土俵で展開されたんでしょうね。

 そしてタイヤへ。1992年コンチネンタルによってタイヤブランドMINERVEの提供が開始されました。2011年にはノキアンと提携、2014年にはランフラットの投入を果たします。20年以上の実績から、現在は欧州やアジアなど世界52ヵ国以上でブランドのグローバル展開を果たします。ボリュームは年300万本以上、世界的主要ブランドの位置付けです。

 ラインアップは軽カーからSUV、更にはスタッドレスの展開も実現します。欧州ラベリング制度の規定も満たし高位な性能を訴えます。日本国内へ導入を果たす主要銘柄は中国製がメインとなります。

 導入当初はスルーに近い対応でした。よくわからない・・ がその理由。しかし、我が町でも存在を確認する時がやって来ました。現物を見ると全く無視する訳にもいかないでしょ。ただ欧州生まれをアジアンタイヤで括るのはどう? 安価な製品はアジアンタイヤに括る、の考えを踏襲します。

タイヤ動画
(2019.2更新)

MINERVAタイヤ性能比較

minerva

スポーツコンフォート

「F205」へ託すのは最適な運動性能
-オートウェイ-

高い排水性と静粛性を謳う。更にスポーツへの指針を見出せるもやや物足りない。そこで性能両立を特徴に据えるスポーツコンフォートへ配置するのが最適、折角搭載する運動性能だし前面で捉えたい。

コンフォート

コンフォート性能とスポーツ性能をバランスし豊富なサイズ設定実現
-オートウェイ-

トレッドデザインは左右非対称パターンを採用。あらゆる路面状況下において高い接地性と十分なブレーキング性能を発揮。ウェットでは幅広の溝展開で有利となる排水性向上が謳われる。

スタンダード

スタンダードカテゴリーに配置。標準性能を意識する
-オートウェイ-

HP=ハイパフォーマンス、UHP=ウルトラ・ハイパフォーマンス、これにより「EMI ZERO UHP」が上位になる。左右で異なる非対象パターンを採用、偏摩耗を抑制し静粛性とニュートラルなハンドリング性能を実現。