サイトの全面改良は厳しい修行に‥

ROADSTONE EUROVIS SPORT 04 の特徴

概要

ROADSTONE占有銘柄としてオリジナルを強調

ROADSTONEの専有銘柄として新パターンを採用。SPORTに拘る姿勢はハイグリップをイメージさせるも、実質はスポーツコンフォートとしての追求レベルに抑えたい。

製品情報

 ROADSTONE「EUROVIS SPORT 04(ユーロビズ スポーツ 04)」は、ROADSTONEの専有銘柄になるのでは。NEXENとの共有が目立つラインアップでフラッグシップに位置付けしてもいい。ただSPORTに拘る姿勢はハイグリップをイメージさせるも、実質はスポーツコンフォートの追求レベルに抑えたい。

 NEXENのグローバル展開を確認したけれどEUROVISは見当たりません。従ってROADSTONEに向けられた占有銘柄であると受け止めます。共有展開が主な中でオリジナル製品が見られるのは興味深い。当然ながらトレッドデザインも新たなパターンを採用しています。

 左右非対称デザインは溝の配置を極めます。存在感を示す4本の縦溝、効率的な排水作用を高めハイドロの抑制に繋げます。注目するのはリブ構成かな。剛性に優れ高速時の安定性に貢献するという。更に面積の拡大が図られたショルダーブロックは、剛性を保持しスムーズなハンドリングの実現を謳います。

 「EUROVIS SPORT 04」の配置、メーカー指定はウルトラ ハイ パフォーマンス。高性能を意味するこの位置付けは、アジアンメーカーで数多く見られる主張です。しかし、これだけでは具体的カテゴリーが見えてこない。正直戸惑いがあるんです。

 タイヤの方向付けはメーカーが明確に示すべきです。それが見えて来ない「EUROVIS SPORT 04」は、ショウガナイので諸々総合的な判断からスポーツコンフォートに配置しています。

 もう少し具体的に。ショルダーブロックの面積確保はグリップに貢献します。この主張は目立つもので、スポーツへの期待を膨らませます。但し圧倒的なもの、例えば「N9000」などに比較すると見劣りがあるんです。含みを持ちつつ判断しました。

 ROADSTONEの役割はセカンドブランド、欧州主体に向けられたものです。なのでラインアップの共有は多数、という現状はある意味理解出来ます。その中でオリジナリティが発揮出来る「EUROVIS SPORT 04」は、ROADSTONEを感じる代表であると考えます。グローバルでは更にシリーズ化されており、国内展開もその実現を期待したい。

サイズ・購入

タイヤサイズ・購入

ROADSTONE EUROVIS SPORT 04 のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました