≫ FEDERALの国内展開が最新化!

MOMO A-LUSION M-9 の特徴

概要

MOMOの最適化されたパターン特性をSUVへ向ける

MOMOブランドに対するイメージから大型ボディーの輸入車なども対象にする。Itaria DesignによるMade in Chinaは認知を高め他製品同様を踏襲、デザインの洗練さと価格の両立を実現。

製品情報

 MOMOの「A-LUSION M-9」は(アリュージョン エムナイン)と呼ぶ。SUVへ向けたオンロード、そうH/T(Highway Terrain)に括られる製品です。主張はオンロード用に最適化されたパターン、高いグリップ性能とステアリングレスポンスを実現、静粛性にも優れているという。

 サイズラインアップは16 ~ 20インチまで設定、充実ではないけれどそれなりの展開と言えるのでは。またItaria DesignによるMade in Chinaは認知を高め他製品同様を踏襲します。デザインの洗練さと価格の両立に欠かせない、という判断かと。

 MOMOによるSUV対応での期待は乗用車用でもそうだけれどスポーツ性能かと。MOMOというアフターパーツメーカーとして発展した歴史からすれば当然です。しかしながら、実情は必ずしも追及に対する満足という点で十分とは言えず。

 乗用車用ではスポーツコンフォートに「TOPRUN M-30」を、コンフォートに「OUTRUN M-3」を配置。スポーツは‥ それでもコンフォートを両立、もしくは主性能にしながらもスポーツへの意識は響いて来ます。

 特に剛性強化を図りハイパフォーマンスカーへの装着を目指す「OUTRUN M-3」の姿勢は、「TOPRUN M-30」を超え汎用性の高さからスポーツのそれを好むユーザーからも一定評価を得ています。「A-LUSION M-9」へ期待するのは同様の捉え方になること。

 アジアンSUVに対する興味は車種人気の圧倒性により近年勢いがあります。これを察知、各メーカーからは多数投入が実現しています。ラインアップ数だけならメジャーをも凌ぐほど。しかもオン・オフ問わず同一メーカーで同様レベルを複数展開するなど、ある意味カオス状態にも‥

 ただSUV特有のふらつきや片減り、偏摩耗の対策を施し、重量あるボディー支え、乗り心地や静粛性を要求レベルで実現する製品は全て、とは言えず。そこはピンキリの性能により厳しい、もある。

 「A-LUSION M-9」はこの対応性に期待が寄せられます。MOMOブランドに対するイメージから、大型ボディーの輸入車なども対象として挙げられ、厳しいユーザー目線が注がれます。ここで評価を得ること重要です。

 懸念はライフ性能かな。耐摩耗性と経年劣化はある意味ショウガナイけれど、アジアンタイヤの本質はこんなもん? という妥協でも一定レベルで評価されることが求められます。

搭載技術

 左右非対称パターンを採用。4本の縦溝が一定幅で配列、横溝との最適化により高いウェット性能を実現します。センターのリブ形状は2段階、スリット状のカットを介し左右で異なるデザインを取り入れます。効果は走りの安定性と静粛性への貢献です。

 ショルダーはOUT側とIN側で異なる役割に徹します。コーナーでのヨレを最小限に剛性を高め確実なグリップへ繋げるOUT側、一方IN側では効率的排水効果と静粛性の実現へ繋げます。サイドへ向けての形状もトレッド面全体の接地性を高める設計を施します。

サイズ・購入

オートウェイ公式サイト

インプレッション

MOMO A-LUSION M-9 のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
タイトルとURLをコピーしました