NANKANG新スタッドレス AW-1 リアルレポート開始!

MINERVA EMI ZERO HP の特徴

概要

スタンダードカテゴリーに配置。標準性能を意識する

HP=ハイパフォーマンス、UHP=ウルトラ・ハイパフォーマンス、よって「EMI ZERO UHP」が上位。左右非対象パターン採用、偏摩耗を抑制し静粛性とニュートラルなハンドリング性能を実現。

製品情報

 MINERVA「EMI ZERO HP(イーエムアイ ゼロ エイチピー)」は、スタンダードカテゴリーに配置される製品です。コンフォート性能とスポーツ性能をバランスしたのが「EMI ZERO UHP」、対して「EMI ZERO HP」は標準性能を主張します。

 一見似ている名称も差別化し易い。HP=ハイパフォーマンス、UHP=ウルトラ ハイ パフォーマンス、これにより「EMI ZERO UHP」が上位になる訳です。

 その裏付けとしてサイズ設定にも注目します。「EMI ZERO UHP」は15 ~ 19インチ、55 ~ 35扁平です。一方「EMI ZERO HP」は13 ~ 16インチ、80 ~ 55扁平です。軽/コンパクトーからミドルセダンなどが対象になるかと。

 注目のトレッドデザインは左右で異なる非対象パターンを採用、偏摩耗を抑制し静粛性とニュートラルなハンドリング性能を実現します。また4本の縦溝は高い排水性へ貢献し、安定走行の可能性を高めます。製造は MADE IN CHINA です。

 正直あっさりしたデザインで特徴もない。「EMI ZERO UHP」との共通性を感じるところもあるが、アジアンスタンダードとしては標準的です。カテゴリーの傾向として示されるレベル、これに沿うのでは。

 また静粛性に優れたエコタイヤを謳うシーン見られますが、個人的にはどうだろう? の理解に留まります。しかし、それさえも覆ってしまう価格設定だというから興味では。

サイズ・購入

タイヤサイズ・購入

MINERVA EMI ZERO HP のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
アジアンタイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました