2020-2021年スタッドレスタイヤ性能比較!!

コンチネンタル UltraContact UC6 SUV の特徴

概要

第6世代製品「UltraContact UC6」のSUV専用

アジア太平洋地域市場に向けられた第6世代「UltraContact UC6」から派生、そうSUV専用として投入。ベース同様スポーツコンフォートの特性から、快適な乗り心地とオールラウンド性能を実現。

製品情報

 コンチネンタル「UltraContact UC6 SUV(ウルトラコンタクト ユーシー6 エスユーブイ)」は、アジア太平洋地域市場に向けられた第6世代製品「UltraContact UC6」からの派生、そうSUV専用として投入されました。

 ベースの「UltraContact UC6」はスポーツコンフォートに配置されます。従ってSUVにおいても快適な乗り心地とオールラウンド性能を実現する方向付けになるかと。ただパターンデザインからして異なるし、そこは専用対応による最適化がなされています。

 サイズは 275/40R22 107Y XL ~ 225/65R17 102V まで、大口径の設定を実現することから決して中・小型向けではない。この点だけならプレミアムへの対応性を謳うのもありかと。発売は2018年2月から。

 コンチネンタルは全てのカテゴリーで第6世代へ移行、SUVも例外無くです。そこに配置される専用タイヤは「UltraContact UC6 SUV」。

 更にプレミアムスポーツ「SportContact 6」や、プレミアムコンフォート「PremiumContact 6」にもSUV装着を可能にするなど、SUVにおけるスポーツとコンフォートのプレミアム化も積極的です。専用、共用いずれも6世代の最新技術がふんだんに搭載され、主張レベルを格段に向上させていることに間違いありません。

 コンチネンタルのカタログには従来品となる第5世代製品も健在。またグローバル展開の希少?製品も配置。しかしながら、第6世代が全てにおいて主流だし、ここは専用化した「UltraContact UC6 SUV」を主として追求したい。

 また既述のアジア太平洋地域向けとした施策、正直メインは中国かと。生産もここで行われ日本へ送られる、ということ。中国市場に添えられた位置付けが日本、序にというなら寂しいけれど実質日本ヘ向けられた、との主張もある‥

 製品開発はコンチネンタルの本拠地ドイツ ハノーバーにあるテスト・研究拠点のコンチドロームで行われたという。そしてアジア太平洋地域市場展開の為に中国工場で生産され、デリバリーの有効性を示します。証としてサイドにGerman Technology、MADE IN CHINAが刻印されます。

製品特性

 多彩な路面での信頼性を得る為にまずはウェット性能向上から。ウェット時にウォータースライダーシステムが機能し、水膜を効率的に集水しメイングルーブへ素早く排水します。

 面取りされたエッジ(ダイヤモンドエッジ)がブレーキング時のパターンブロックのヨレを防止。制動圧力がブロックに均等分散、接地面積を最大化しドライ、ウェット時のブレーキング性能が向上。

 ショルダー部の横溝に配置されたダブルタイバーは、ブロックを連結しブレーキング時の安定性と剛性を高めます。またコーナリング時にはショルダーブロックをサポートし横方向の変形を抑制、安定したコーナリングを実現します

 ノイズブレーカ2.0により空気の流れをコントロール、発生する気柱管共鳴音を抑制し静粛性へ繋げます。

 コンパウンド内のポリマーが互いに複雑に絡み合い強固に結合。耐摩耗性能およびトレッド剛性が向上しロングライフを実現。アドバンスドシリカによりポリマーの動きが減少、発熱を抑制し転がり抵抗低減へ繋げます。

サイズ・購入

YAHOO!ショッピング楽天市場

コンチネンタル UltraContact UC6 SUV のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
運営者

タイヤに特化した専門サイト! 単身オリジナル情報の発信に励む、2006年開設です。

タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました