≫ ピレリ POWERGY やっぱり注目度高い!

コンチネンタル SportCotact 7 の特徴

概要【新製品】

次世代のスーパースポーツタイヤを強調

「SportCotact 7」は従来品「SportCotact 6」の後継。高出力なハイパフォーマンスカー、スポーツカーにとって安全で適切な選択肢となるタイヤだという。サーキット走行ユーザーにも対応。

製品情報

 コンチネンタルは、ドライビングする楽しさを高い走行安全性と優れた耐摩耗性、環境性能と共に提供する次世代のスーパースポーツタイヤ「SportCotact 7(スポーツ コンタクト セブン)」を発売しました。

 サイズ展開は 315/25ZR23 102Y XL ~ 225/40ZR19 93Y XL の30サイズまで整える。その後、更なる拡大予定です。2022年6月1日より発売。

 「SportCotact 7」は従来品「SportCotact 6」の後継。スポーツタイヤのフラッグシップモデル「SportContact」シリーズの最新です。サーキット走行ユーザーにも対応しており、装着したランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテが、3,000mスプリントで2021年に384.12km/hを記録したらしい。

 従来品「SportContact 6」はホンダ「シビックタイプR」に純正タイヤとして承認、開発段階にドイツ ニュルブルクリンク北コースでFF量産車最速ラップタイムを打ち立てたことに貢献、というから凄いタイヤという認識を示しました。そして新製品として当然これを上回る「SportCotact 7」は更なるハイレベルを示します。

 この15年間でクルマは約10%重くなり、エンジン出力も30%近く大きくなっています。その一方でクルマのCO2排出量は30%減少。これに対応し「SportContact 7」は、耐荷重を向上させ耐摩耗性も大きく向上させました。

 また燃費も欧州タイヤラベリング制度「C」を獲得。コンチネンタルのスーパースポーツタイヤの中で最も優れた低燃費性能を有しているらしい。ただこの点は国内ラベリング制度のグレーディングも欲しいところ。欧州指針は国内と微妙に異なりますので‥

 いずれにしてもクルマが本来持つパフォーマンスを最大限に発揮させながら環境負荷の低減にも貢献。高出力なハイパフォーマンスカー、スポーツカーにとって安全で適切な選択肢となるタイヤだという。ん‥凄い

搭載技術

 ドライとウェットでの高速走行時に正確なハンドリングとグリップ力、コントロール性を発揮する アダプティブ パターン を採用。

 あらゆるクルマ・重量クラスのクルマにスポーティなドライビングフィールを提供する テーラーメイド コンストラクション を取り入れる。クルマやタイヤサイズの組み合わせにより異なる性能要件に合わせる為、タイヤサイズに応じてテクノロジーを使い分け「SportContact」シリーズのドライビングフィールを全てのクルマに提供します。

サイズ・購入

YAHOO!ショッピング楽天市場

インプレッション

コンチネンタル SportCotact 7 のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。同一銘柄でも感じ方は人により様々かと。装着車種やサイズ、更には走行環境も異なる訳ですから。何を求めるのか、何処へ目を向けるのか、この点など実体感から伝わると良いですね。
タイトルとURLをコピーしました