ヨコハマ ADVAN dB V553【新掲載】
プロモーションが含まれています

ヨコハマ GEOLANDAR CV 4S の特徴

概要

GEOLANDARシリーズにオールシーズンが加わる

世界的に需要が増しているクロスオーバーSUV向けに開発。多様化するSUVユーザーのニーズを満たす戦略。先行する乗用車用「BluEarth-4S AW21」とは一線を画し専用への流れを構築する。

製品情報

 ヨコハマでは、クロスオーバーSUV向けオールシーズン「GEOLANDAR CV 4S(ジオランダー・シーブイ・フォーエス)」を投入しました。

 新開発の非対称パターンとコンパウンドにより、ドライ性能はもちろん、高いウェット性能と雪上性能を実現。M+Sとスノーフレークマークを全サイズで獲得。オンロード指向のオールシーズンとして初めてサイド部にブロックを配置し、SUVにふさわしいパワフルなデザイン性も備えているという。 

 発売サイズは 225/55R19 99V ~ 225/65R17 102H の5つ。2023年10月末より発売が開始されました。

 「GEOLANDAR CV 4S」は世界的に年々需要が増加しているクロスオーバーSUV向けに開発したタイヤ。しかも「GEOLANDAR」シリーズに初めてオールシーズンが加わり、多様化するSUVユーザーのニーズをより満たすラインアップを実現したことになります。

 ヨコハマの国内におけるオールシーズンラインアップとしては、2020年に投入された乗用車用「BluEarth-4S AW21」に次ぐもの。しかしながら、クロスオーバーSUV向けを謳うことで、それとは一線を画し専用への流れを構築します。両者で全体フォローの実現を強調します。

 オールシーズンの特性はこれまでを踏襲。1年を通し様々な路面状況に対応可能。特に冬は突然の雪に対応でき、交換の手間が不要で利便性向上に貢献。保管場所等の確保も不要です。

 国内におけるオールシーズンは、まだ完全定着とは言えないのが正直なところ。そこにヨコハマは第2弾を投入した訳で、完全化へ向けた動きになるのか注目です。

搭載技術

 コンパウンドにはマイクロシリカを配合、ドライ性能と操縦安定性を向上。そして新配合のポリマーがドライ、ウェット、スノーなど様々な路面でのトラクション性能を向上させています。

 専用開発の非対称パターンにより、IN側は溝面積の比率を高めることで高い排水性に貢献、アグレッシブなブロックパターンでトラクションを高めます。OUT側は接地面積が大きく、リブブロックが操縦安定性に繋げます。

 3Dサイプはブロックの倒れ込みを抑制、エッジと剛性を両立させ耐摩耗性能とドライ性能に寄与します。

サイズ・購入

YAHOO!ショッピング楽天市場

インプレッション

ヨコハマ GEOLANDAR CV 4S のインプレッション募集中です

 インプレッションの投稿を募集しています。直接的な体感は何事も及びません。説得力に長け、本質の訴えが響きます。これをもって購入の是非を判断される人も多いかと。上のリンク『インプレッションを投稿する!』からフォームへお入りください。
タイトルとURLをコピーしました