オートソック(AutoSock)

オートソック(AutoSock) の特徴

  • 布製タイヤカバー
  • 素材はポリエステル繊維
  • 無数の細毛が表面に露出
  • 重さは850g

タイヤチェーン性能

 布製タイヤカバーでは既に先駆者である「オートソック(AutoSock)」、最大の特徴は何と言っても取り付けのラクさでしょ。一般的なチェーンの装着はその手間に嫌気を感じることも。その煩わしさを最小限にしたのが「オートソック」最大の特徴です。

超軽量で畳めば最小

 素材はポリエステル繊維を採用します。トレッド面、そう表面には無数の細毛が露出、あらゆる雪の表面をつかみ充分な摩擦を起こすことで効きを高めます。また重さ850gは超軽々なので持ち上げても全く苦にならないのでは。畳めば最小になるし、ここまでなら相当いい、と感じるはず。

装着は簡単!

オートソックス装着1

1、オートソック のゴムの部分を広げ、タイヤの上からかぶせます。

オートソックス装着2

2、車を前もしくは後ろに動かし、オートソック の残りの部分が上にくるように。

オートソックス装着3

3、上にきた オートソック の残りの部分をかぶせなじませます。両輪にかぶせて終了。

 「オートソック」の装着後、センターがズレていても走り出せばしっかりと馴染むという。しかし、万全とするには本格的に走り出す前に4、5mを前後に移動させ装着感を確認した方がいい。

寿命はどうよ?

 効きも当然ながら心配なのは耐久性、そう寿命です。やはり通常チェーン程の耐久性能はないですね。メーカーの指針を確認すると、乾燥路面のみの使用で50km以上、雪道で100km以上の走行が可能という。使い方によっては200kmも可能では、というのも見られます。~まで、ではなく 以上 が気になるも、そこは目安の距離と捉えるべきかと。

 ただし時速50km以上のスピードを出して走行したり、急発進や急停止をした場合は消耗が激しくなります。寿命は「オートソック」裏側の黒い生地が表面(接地面)に現れた時、即刻使用中止です!

緊急脱出のエマージェンシー用

 注意しなければいけないのは、高速道路等におけるチェーン規制時かな。高速道路係官の判断により最悪は通行できない可能性もあるという。曖昧ですが飽くまでも緊急脱出用の タイヤカバー という位置付けです。

 従って役割は非降雪地域で突然の降雪時や、スキーにたまに行くなど冬でも雪との共存があまり考えられない地域での、エマージェンシー用とするのが最も有効的かも。ただ効きはスタッドレスにも勝る、という評価が聞かれます。雪道だけではなくアイスバーンも行ける、ということかと。

クルマメーカーでも純正採用

 なら雪国でもスタッドレス装着ながら厳しいアイス路面の坂道で立ち往生してしまうような場合、トランクへ備えておくことで安心が得られるか。クルマメーカーでも純正採用するところが増えており製品への信頼性は高い、と考えます。

インプレッション

KOS さん
【購入年月】
2012年12月
【装着車種】
ボルボXC70
【装着サイズ】
235/50R18
【評   価】
  • 雪 路 性 能
  • 装着作業性
  • 静 粛 性
  • 乗 り 心 地
  • 収 納 性
  • 4
  • 5
  • 5
  • 5
  • 5
【インプレッション】

全体のバランスからとても優れた製品と感じます。
圧雪、アイスバーン共に効きは良いです。
深雪の場合ネット内に雪が入り込んでしまう事があるが低速走行であれば問題ないと思います。

(2012/12/3)

詳細情報・購入

■ご注意
購入に際しては商品リンク先のショップで必ず装着可能かマッチングをお確かめ下さい。
(2017.9更新)

オートソック(AutoSock) のインプレッション募集中です

▲TOPへ
▲TOPへ戻る