ヨコハマ クロスオーバーSUV GEOLANDAR CV G058 発表【新製品】

 ヨコハマでは、クロスオーバーSUV向けマッド&スノー(M+S)グランドツーリングタイヤ「GEOLANDAR CV G058(ジオランダー シーブイ ジーゼロゴーハチ)」を発売するという。括りの文言が長いのでいったいどんな製品よ? と思ったら、従来品は2012年発売の「GEOLANDAR SUV」でその後継モデルになるよう。発売サイズは 245/50R20 102V ~ 165/60R15 77H  の32を設定。2020年2月発売開始です。

 従来品「GEOLANDAR SUV」はBluEarthコンセプトと技術をSUV用に進化させ、低燃費性能と静粛性を備えた都市型SUVタイヤを謳いました。ターゲットは中・小型SUVに向けられ、街中でも高速でもより快適であることを強調します。

 今回、一応コンセプトは踏襲かと。ただ同じタイミングでクロスオーバーSUV向けオンロード用サマータイヤ「BluEarth-XT AE61」を発表。「BluEarth」シリーズにとうとうSUVまで投入しちゃった、ということです。詳しくは別に紹介するけれど、M+S規定外とし低燃費タイヤ化を果たします。転がり抵抗係数「A」、ウェットグリップ性能「a」を実現します。ここが大きな違いかな。

 それはともかく「GEOLANDAR CV G058」に添えられる、クロスオーバーSUV向けマッド&スノーグランドツーリングタイヤとは難解なサブネーム、というか括りです。中・小型SUVじゃインパクトが薄いか‥

 まぁ、いま人気だしクロスオーバーSUVとしたかったのは理解出来なくもない。これCUVと呼ばれるケースも。現在はSUVといえばクロスオーバーSUVを指す場合が多いですから。国内ではミドルからコンパクト、そして軽サイズまで揃う市場に成長しています。

 ここをターゲットに、しかもミドルをメインにしつつ幅広いフォローも可能なサイズを構築します。ヨコハマでは、街中での走行に対応しつつ快適なロングドライブにも応える、としています。

 また安全性や静粛性などH/T(ハイウェイテレーン)としての基本性能を高めながら、耐摩耗性能や低燃費性能に配慮しトータル性能の向上を強調。更に従来品同様M+S(マッド&スノー)規格として急な降雪にも対応可能。繊細なサイプを備えなんちゃってM+Sとは異なりそう。一見でサイプ基調のパターンデザインがその証になるのでは。

 ただM+S表示だから、というだけで高い期待感を抱くのは正直どうかと。飽くまでもエマージェンシー的な可能性を謳う、と捉えます。本格的な雪道はスタッドレスタイヤ、非降雪地域ならオールシーズンも検討、としましょ。

 それにしてもヨコハマのSUVラインアップが充実展開を更に拡大します。既述した「BluEarth-XT AE61」と既存を含めある程度線引きが必要かも。積極性はメーカーとして好感を得るのは間違いない。しかしながら少しばかり混乱も想定されます。従ってザックリ整理しておきます。

 フラッグシップとしてハイパフォーマンスクロスオーバーSUV向けが「GEOLANDAR X-CV」、中・大型を対象に真のハイウェイテレーンを謳う「GEORANDAR H/T G056」、そして中・小型サイズに向けられるクロスオーバーSUVに「GEOLANDAR CV G058」を配置。但し「BluEarth-XT AE61」とは共存し、シリーズのコンセプトによって選択肢が変わる、ということかな。「GEOLANDAR SUV」は御役御免‥

336

搭載技術

 トレッドパターンにはサイプによってエッジ効果を高めた独自の サイプベースパターン を採用。ウェットや急な降雪時でも優れたトラクションを発揮する 2-3Dコンビネーションサイプ や、優れたトラクションと耐ハイドロプレーニング性能を両立させた 4コンビネーショングルーブ を採用。5ピッチ・バリエーション は耳障りな音域のパターンノイズを低減します。

 先進のシリカテクノロジーを駆使した専用コンパウンドは、ウェットや降雪時など低温域の路面を含む様々な路面状況で安定感ある走りに貢献。また新開発プロファイルにより幅広でフラットな接地形状を実現し、耐摩耗性能・耐偏摩耗性能を確保しています。

 これにより従来品「GEOLANDAR SUV」と比較して、ウェット制動性能を12%短縮、ウェット操縦安定性を13%向上。快適性ではロードノイズを34%低減、パターンノイズを9%低減などかなり大きな進化を果たしています。

336
336