グッドイヤー A/Tタイヤ WRANGLER AT SILENTTRAC 発表【新製品】

 グッドイヤー「WRANGLER AT SILENTTRAC(ラングラー エーティー サイレントトラック)」以下「AT SILENTTRAC」が発売されるという。オンロードで快適性や静粛性を発揮、オフロードでは走破性を高めるなど性能両立を追求した4X4のA/T(All Terrain)タイヤです。

 初期発売サイズは LT285/60R18 122/119S ~ 30×9.50R15 LT 104R までの全16サイズ。一部アウトラインホワイトレター仕様。発売時期は2020年2月7日より。

 グッドイヤーは2019年8月から同様の「WRANGLER DURATRAC」以下「DURATRAC」を導入済み。オン・オフを問わず、アクティブに活動するユーザーに向けた4X4に最適なタイヤ、と主張。M/Tの様な見た目、しかし静寂性、軽量化を実現するその評価、既にいい感じでは。

 ここに投入する「AT SILENTTRAC」は当然ながら何が違う? として差別化が必要かと。現時点でメーカーから明確な違いを見出すことは出来ないので、勝手に想像し探ってみようかと。

 双方ともに日本グッドイヤーによる正規導入です。従って国内事情にどれほどマッチするのかがカギになる。その点で近頃流行り?のSUVに緩いオフロードタイヤを装着する、街中で見た目重視の要求にバッチリ応えられるでしょう。

 しかもオフロードを謳いながらも基本はオン・オフ両立のA/T(All Terrain)タイヤですから、走りや乗り心地も決して悪くないはず。言葉として正しいかどうか、なんちゃってオフローダーへは最適かと。

 と言いつつも、メーカー主張は走破性にも自信を示します。トレッドに特徴を持つその様は確かに見掛け倒しじゃないことは明確です。この点からの違いは先の「DURATRAC」にアクティブさ、ワイルドさを一層強く感じます。一見ではA/Tに留まらないM/T(Mud Terrain)の印象が強いかと。

 一方「AT SILENTTRAC」は比較すればやや大人し目かな。ショルダーの構造にオンロードでの対応性がより強く感じられるデザインです。実際パターンノイズの抑制効果も備えているという。

 またサイズ展開は「DURATRAC」にLT対応が多く設定されています。などもし選択で悩むようならこれらの点を考慮するのもあり、と思います。

搭載技術

 「AT SILENTTRAC」の主張は、オンロードでの静粛性、乗り心地を向上させながら卓越したオフロード性能をも兼ね備えたことだという。

 トラクション性能は ロバストトラクションブロック を採用。豊富なトラクションエッジを持つ頑丈なセンターブロックが、高いトラクションとオフロードでの強靭な耐久性を生み出します。

 また頑丈なコンパウンドを厚くサイドウォールに採用、オフロード走行時の擦れや衝撃によるカット、パンクに対する高い耐性を実現するよう。

 センター部に配置したトラクションブロックに角度を付け、接地衝撃音を抑制。ショルダー部にはトラクションノッチを備えた頑丈なリブを配置、双方でパターンノイズを抑制します。