トーヨー TEO plus。タイヤの特徴について。

トーヨー TEO plus の特徴

タイヤ性能

 トーヨー「TEO plus」は、スタンダードタイヤとしての基本性能を示します。サイズによって2つのトレッドパターンを持つのが特徴です。

タイヤテクノロジー

 トーヨー「TEO plus」は、45~55%の偏平率には4本のストレート溝を、60~80%の偏平率には3本のストレート溝が刻まれています。いずれも高い排水性向上の為に作られており、偏磨耗抑制やウェット性能を向上させる3Dマルチサイプと共に確かな走りを謳っています。

 また、ノイズプロテクションシートによりロードノイズを低減し高い静粛性を確保し、シリカ配合のコンパウンドで転がり抵抗を低減、エコタイヤとしての省燃費性やCO2削減への貢献を訴えます。

 「TEO plus」は、スタンダードタイヤとして静粛性の高さとハンドリングの軽さが強調され、偏平率で異なる中央の溝は高い排水性への期待を示します。サイズによるパターンデザインの違いは決して珍しいことではありません。装着する車両の重量によりタイヤに掛かる負担は異なり、重量のある車両は溝を多くすることで排水効果を向上させ、安定感の維持を追及しているのです。

 「TEO plus」は、スタンダードタイヤとして他の競合商品と比較し遜色ない性能を感じさせます。過去同社のエコタイヤ展開では、取り組みに対して話題性が乏しく同製品がエコタイヤとしての土俵で主張することが多く、その場合劣勢も感じられました。

 しかし、同社のラインアップでは低燃費への進化として強い拘りを持つタイヤが出現しており、「TEO plus」本来のスタンダードタイヤとしての適正評価が得られそうです。実際このカテゴリーでは価格的な面はタイヤ選択の重要な要因となり、「TEO plus」においても相応の期待感が得られそうです。

インプレッション

トーヨー TEO plus の詳細情報・購入

                                     
ページの上へ
ページの上へ
タイヤ情報
タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
タイヤ動画
  • タイヤ動画.com
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
関連サイト
車バッテリーWEBサイト
ガソリンカードWEBサイト