トーヨー TEO plus

トーヨー TEO plus の特徴

  • カテゴリー:スタンダードタイヤ
  • サイズ:12~16インチ
  • 扁平率:80~60%
  • 発売:2005年10月

タイヤ性能

 トーヨー「TEO plus」は、スタンダードタイヤとしての基本性能を示します。サイズによって2つのトレッドパターンを持つのが特徴です。

 「TEO plus」のトレッド面は3本のストレート溝が刻まれています。高い排水性向上の為に作られており、偏磨耗抑制やウェット性能を向上させる3Dマルチサイプと共に確かな走りを謳っています。

 また、ノイズプロテクションシートによりロードノイズを低減し高い静粛性を確保、シリカ配合のコンパウンドで転がり抵抗を低減、エコタイヤとしての省燃費性やCO2削減への貢献を訴えます。

 「TEO plus」は、スタンダードタイヤとして静粛性の高さとハンドリングの軽快さが強調され、サイズで異なる中央の溝は高い排水性への期待を示します。サイズによるパターンデザインの違いは決して珍しいことではありません。装着する車両の重量によりタイヤに掛かる負担は異なり、重量ある車両は溝を多くすることで排水効果を向上させ、安定感の維持を追及しているのです。

 「TEO plus」は、スタンダードタイヤとして他の競合商品と比較し遜色ない性能を感じさせます。過去トーヨーのエコタイヤ展開では、取り組みに対し話題性が乏しく「TEO plus」がエコタイヤとしての土俵で主張することが多かった。その場合やはり厳しいイメージだったかと。

 しかし、同社のラインアップにも低燃費として強い拘りを持つタイヤが出現し、「TEO plus」は本来のスタンダードカテゴリーとしての適正配置が実現しました。その結果、相応の期待感が得られるのでは。

インプレッション

チョコマン2号 さん
【購入年月】
2015年7月
【装着車種】
カローラアクシオ
【装着サイズ】
195/65-15
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 3
  • 3
  • 4
  • 3
  • 1
【インプレッション】

通勤車をアクシオに変えました、標準のダンロップはツルツルの為、かなり安売りしていた、TEOplusに交換。乗り心地は普通です。可も無く不可も無い。降り始めの雨で特にブチ走路はグリップが弱くコーナーが怖いと感じます。チェーンで削られたような荒れたアスファルトはかなりうるさいです。燃費はわずかにいい感じ。但し最大の欠点は、消しゴムのように減る(コーナー攻める車じゃないのに)1万キロ走行で、そろそろスリッップサインに爪が入る。2万は絶対にもたない。乗り心地を良くする為か?ゴム質は柔らかいです。

(2016/4/21)
のこのこ さん
【購入年月】
2011年8月
【装着車種】
ブルーバードSSS EU14
【装着サイズ】
185/65R14
【評   価】
  • グリップ性能
  • ウェット性能
  • 乗 り 心 地
  • 静  粛  性
  • 寿     命
  • 4
  • 4
  • 4
  • 4
  • 5
【インプレッション】

10年落ち、10万キロ走行の1800CCセダンです。以前からこのシリーズのタイヤを履いてきていましたので、最後のタイヤ交換もTEO plusにしました。
高価なタイヤも履かせたこともあるのですが、価格相応の満足感が得られませんでしたので、TEOで正解だったと思っています。

価格は手ごろでありながら癖のない印象で、乗り心地はソフトです。
カーブの多い山道を毎日上り下りしていますが、思うがままにクルマを走らせられる印象です。

タイヤが鳴くことも、よほどでないとありません。

交換後三年、三万キロ走りましたがタイヤの山の減りはゆるやかです。ただ乗り心地は若干硬くなってきた印象です。

タイヤにこだわりがないのでしたら手ごろな価格でお勧めだと思います。

(2015/3/2)

詳細情報・購入

(2016.3更新)

トーヨー TEO plus のインプレッション募集中です

タイヤ情報
  • タイヤ情報
  • タイヤに関する情報を幅広く独自の観点から伝えるブログ。
タイヤ動画
  • タイヤ動画
  • テキストでは感じることができない動画ならではの情報が満載!
▲TOPへ
▲TOPへ戻る