NEXEN オールシーズン N’blue 4Season 発表【新製品】

 NEXENジャパンでは、オールシーズンタイヤ「N’blue 4Season(エヌブルー 4シーズン)」を発表しました。発売サイズは 225/45R17 94V XL ~ 155/70R13 75T までの18サイズ、発売時期は2017年9月1日から。

 オールシーズンタイヤは、夏・冬用の性能を兼ね備えた全天候型です。季節を問わず多彩な路面コンディション、特に浅雪程度なら走行可能というのが主張点。これにより冬の面倒なタイヤ交換が不要などメリットを挙げています。

 「N’blue 4Season」もその証として M+S に加え、欧州で冬用タイヤとして認証された スノーフレークマーク が刻印されています。

 性能実現にはパターンの特殊性を強調し重要な役目を託します。またコンパウンドも専用化されているはずながら、こちらの主張は確認出来ません。

 強調するパターンデザインはこう伝えています。V-Typeグループ と呼ばれるV字タイプの溝構成を採用、耐アクアプレーニング性能とシャーベット状の雪上性能のパフォーマンスを向上。

 3Dサイプ は、バランスの取れたブロック剛性を実現し、雪路とドライで安定したグリップを発揮。マルチシーズンサイプ は、雪路でのグリップとコーナリング性能、更にはウェットグリップなどあらゆる天候下で高いパフォーマンスを実現する、だそう。

 国内市場では世界で初めて発売したグッドイヤーも、「Vector 4Seasons Hybrid」を展開し新たなニーズを模索しています。積極的に認知が進む、とは言えないけれど可能性を示します。

 最後に注意点を。豪雪やアイスーバーンなどでは専用であるスタッドレスの信頼性には及びません。この環境で走行する場合はスタッドレスの使用をお願いします。

広告
336

シェアする

フォローする

広告
336