2020-2021年スタッドレスタイヤ性能比較!!

スタッドレスタイヤのインチダウンは有効?

 タイヤのインチダウンとは? まずその理解から。インチとはタイヤのリム径(ホイールサイズ)のこと。インチダウンはタイヤの外径(外側の大きさ)を変えずにリム径を小さくすることです。

例:195/65R15 この場合最後の「15」がインチになる

 インチダウンはやみくもに小さくすればいい、という訳じゃありません。タイヤの外径が変わらないこと、ホイールサイズが適用内であること、ロードインデックス(LI)が下がらないことなどが注意点として挙げられます。スタッドレスタイヤにおいては、純正サイズからワンサイズ程度のダウンなら有りでは。

メリット&デメリットを考える

 インチダウンのメリット最大なのがタイヤの価格を安く抑えられること。17インチから16インチへダウンすれば1本あたり3,000円前後かな、モノにより5,000円位安くなります。更に18、19インチなど純正サイズが上がればインチダウンで安さの幅はより広がります。

 また乗り心地が良くなるというのも聞かれます。扁平率が高くなってタイヤに厚みが出るためです。タイヤ幅が狭くなる分ステアリングが軽くなることもあるでしょう。

 スタッドレスタイヤにおいては既述のメリットにプラスして効きへの向上効果があるよう。これメーカーが示していることだけれど、雪路やアイス路では上下の動きが頻繁になる。その際に扁平率が高ければタイヤサイドがクッションになり効きへの効果が上がるという。またタイヤ幅が狭い分、轍にハンドルを取られ難いというのもあります。

 一方デメリットは、偏平率が高くなり幅が狭くなるので見た目が地味になることでしょう。外径が同じでもホイールが大きければ洗練されたイメージで格好いいですから。

 また近年スタッドレスタイヤのアイス性能理論からすると真逆になってしまいます。アイス路で滑る原因はタイヤの回転熱で僅かに水膜が発生、これが原因です。従って水膜を除去、そう直接氷に接するゴムが除水し密着へ繋げます。この密着、接地面積が大きい(幅が広い)タイヤが有利と考えられています。

注意点

 今一度確認しておきましょう。インチダウンをするのであれば注意点があります。まずはタイヤの外径が変わらないこと。インチダウンによって外径まで変わると、スピードメーターに誤差が生じることあります。更にはタイヤが車体と接触してしまうなど、状況次第で車検に通らないことがあるので注意が必要です。

 またホイールの問題もあります。適合するホイールサイズか、いわゆるマッチングの確実性が必要です。

 ロードインデックス(LI)を確認することも重要。ロードインデックスとは、タイヤ1本で支えることの出来る最大負荷能力を示す指数。車両それぞれの車軸に掛かる重さに対して、負荷能力不足のタイヤを装着すると損傷することも。また車検に通らないこともあります。

 これらをよ~く確認した上でインチダウンを望むなら有効性、メリットを享受したいものです。

運営者

タイヤに特化した専門サイト! 単身オリジナル情報の発信に励む、2006年開設です。

タイヤWEBサイト
タイトルとURLをコピーしました